56,000%値上がりした仮想通貨「ドージコイン」と億万長者の蜜月。これが投資のニューノーマルか?

米国を中心にミレニアル世代・Z世代の投資先として圧倒的な人気を誇る暗号資産(仮想通貨)が 「ドージコイン(DOGE COIN)」です。

» ゆうちょ、みずほ超えの衝撃。仮想通貨「ドージコイン」時価総額5兆円突破の理由とは? | AppBank

*この記事はテクノロジーの動向を紹介するものであり、金融商品の勧誘や投資の助言等ではありません。*本サイトに記載されたURLからの売り上げ等は一部が製作者に還元される場合があります。 *Source:

ドージコインの値動き

もともとはエンジニアのジョークがきっかけで誕生したドージコインですが、SNSやネット掲示板でたびたびネタにされてきたことや、他の仮想通貨のように「なんか、むずかしい感じがしない」というとっつきやすさが受けて、大きくその価値を高め、数ある暗号資産の中で7位(記事作成時点。過去には5位まで上昇したこともある)の時価総額を有するに至っています。


直近1年のチャートを見ると、多少の上がり下がりはあるもののとてつもない勢いで価格が上昇していることがわかります。


イーロン・マスクの影響

そして、このドージコインの値動きに影響を与えている人物がマスク氏。ペイパルの創業メンバー、スペースXとテスラの創業者という破格の連続起業家です。

彼は自分のことを「エンジニア」と自称することがありますし、世間的には経営者やビリオネア(百万長者)とみなされる存在です。しかし、忘れてはならないのはフォロワー数520万人を有するTwitterなどでの影響力で、米国などでは「ロックスター並み」と言われる人気を誇っています。

そして、なぜかマスク氏はドージコインが大のお気に入り。たびたび、ツイッターで言及するのですが、その際にドージコインの価格が上昇するという事態が起こっています。

このきっかけになったとみられるのが、マスク氏のこちらのツイート。「ドージは月に吠える」という投稿文にアーティストのジョアン・ミロ氏の作品を添えて投稿しました。

これを受けて「ドージコイン」の価格は4月15日大きく上昇しています。


4月28日には「ドージファーザー、SNL(サタデーナイトライブ)、5月8日」と投稿。

これはアメリカの国民的人気番組「サタデーナイトライブ」にマスク氏が出演するという告知に絡め、映画「ゴッドファーザー」をもじった「ドージファーザー」という単語で自身に言及したもの。言ってしまえば、告知と言葉遊びでしかありませんが……

ドージコインは再び最高値に迫る上昇をみせています。


米国では若者に人気の投資アプリ「ロビンフッド」でも「ドージコイン」の取引が可能となっており、マスク氏のツイートなどをきっかけに個人投資家が大量の資金を投じています。

その結果「ドージコイン」の年間ROI(投資収益率)は56,000%超えという天文学的数字となっており、ごく普通の人たちから「ドージコイン億万長者」が多数生まれているという噂もあります。

泡沫とも言えるミーム資産にインフルエンサーの影響を受けた個人投資家が群がる米国状況はまさしく“バブル”の様相ですが、もしかするとこれが投資のニューノーマルなのかもしれません。

なお、記事作成時点において日本でドージコンを購入できる仮想通貨(暗号資産)交換所はありませんが、海外ではバイナンスロビンフッドなど多くの取引所で購入が可能です。


< 関 連 情 報 >


参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!