千秋のYouTubeチャンネルの収益はゼロ? 木梨憲武プロデュースで黒字化に転換できるのか?

「夢を見ることは若者だけの特権じゃない!」ゴールデンウィーク中、YouTubeに投稿した動画シリーズ第三弾の終盤でスタッフが言ったセリフは印象的でした。アラフィフでも夢を叶えることができるのか? 「もう50歳だし…」という考えはもう古い! と暗に示している前向きな姿勢は眩しく映ります。実際に感化された同世代の筆者が紹介していきますので、ぜひ最後までご覧ください!

千秋の歌YouTubeチャンネルとは? 

千秋さん本人がずっと言えずに伏せてきた「歌いたい!」という夢を捨てきれず、SNSにその思いを投稿したところ、思いのほか賛同の声が多く勇気づけられ、開設したチャンネルが「千秋の歌YouTube」です。

しかし、チャンネル開設が後手に回ったせいなのか? 今回の動画で「赤字なのでこのままでは続けられない!」と話していました。知名度は十分だと思うのですが、芸能人が多く開設し競争率が激化しているYouTube業界の厳しさ、そのものを表すかのような現状にあるみたいです。少し深堀してみましょう!

千秋の歌チャンネルの現状予測! 

2020年12月23日に開設し、約4か月で登録者数77000人を突破!動画の総再生回数は519万回を達成しています。順調にチャンネル登録者数も増えていて、問題なく見えるチャンネルにみえますが、著作権のある歌の動画は収益を得ることができないのです。

そのことに気づいたのが3月…遅すぎです!その時期から歌以外の動画もあげて収益を確保しようとしたみたいですが、こちらは概算を出すまでもなく全てを賄える収益にはなっていません。歌い続けるための収益を確保する!という目標に向かっていることが今のチャンネル現状です。

千秋の歌チャンネルのスタッフとは? 

動画の編集作業は、始めは娘と娘の友人でやっていてくれていたみたいですが、教えて貰いながらやってみると、自分でもできるようになったと千秋さんは言っていました。編集作業は、撮影よりも大変と聞くこともありますが、黒字化するまで暫くは自身が担当する意気込みのようです。

その他でも、撮影スタッフや二人三脚でやっていくと明記されている爆風スランプのギターリストとして知られる音楽プロデューサーのパッパラー河合さんなどがいます。

2021年5月時点での仲間は以下です。
・パッパラー河合
・コメントポリス
・GOD PANIC
・現役高校生チームあいうえOffice

千秋の歌について! 

知っている!っという人も多いと思いますが、「ウッチャンナンチャンのうりなり」から誕生したユニットのポケットビスケッツでミリオンセラーを達成しNHKの紅白歌合戦にも出場したことある輝かしい経歴を持っています。

過去の経歴も凄いのですが、さらに驚くのは現在の歌唱力です。チャンネルにいくつか歌っている動画があがっているので、ぜひ聴いてみてください。千秋さんの年齢は49歳なのですが、パワフルな歌声でスッと耳に入ってくるような澄んだ歌声は全盛期さながらで、歌だけで活動しているプロの歌い手の中に入っても、数える程しかいないのではないかと感じるほど素晴らしい歌声を現在も維持しています。

千秋と木梨憲武のコラボについて! 

今回のゴールデンウィーク3シリーズの動画の内容は、木梨憲武さんと一緒に2000万円を超える高級車でドライブをして、美味しい物を食べ見晴らしの良いホテルを巡るという、ちょっとした旅動画でした。その中でノリさんは自分が協力できることはなんでもすると言い切っており、これ以上ないほど心強い味方ができました。

また、自身も含め爆風スランプとの歌のコラボなどもどうだろう?と持ち掛けるほど、親身になっていて、木梨憲武プロデュース? といっても良いくらい前向きな姿勢をみせていました。ノリさんの人柄も出ていて、終始力になれることはなんでもするぞ!というオーラが出ていて素敵です。

ファンの反応は?

千秋さんのYouTubeの歌動画を観たファンの反応を、Twitter中心に紹介していきたいと思いますのでご覧ください。

人生まだまだこれからという気持ちにさせてくれます!

懐かしい名曲も聴けて最高というファンが大勢いました!

アラフィフの可能性に同感!ぜひ夢を叶えて欲しいですよね!


千秋はYouTubeの収益を黒字にすることができるのか?

今は苦しい時期かもしれませんが、成功する確率が非常に高いと思います。木梨憲武さんの力添えにより今回さらに確率が高まったことは言うまでもなく、千秋さんの「歌の力」と「夢を追うのは若者の特権ではない!」と言ったメッセージで日本を元気にしてくれる日が訪れることを心待ちにしています。
今後さらに注目度が高まる「千秋の歌YouTube」のチャンネル登録を、ぜひよろしくお願いします!

サムネイルは以下より:

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!