【モンハンライズ】バルファルク来る!? 過去作を参考に対策と武具をおさらい

天彗龍の登場を願っていまのうちに予習と復習だ!!

 

Nintendo Switch向けソフト『モンスターハンターライズ』の最新アップデート“Ver.3.0”が5月末に配信が始まる。

その中の1つとして注目を集めているのが、砂原の手記に記されていた“赫い星”という文言だ。

このワードから多くのハンターは古龍種である天彗龍バルファルクの再来を予想している。

そこで、バルファルクって何? っというハンターに向けて、過去作を参考におもな生態と狩猟のコツ。さらに、武具のデザインと当時のスキルなどを振り返っていく。

彗星の如く急襲する古龍種

『モンハンXX』を参考に天彗龍をおさらい

バルファルクは古龍種であり“天彗龍”とも呼ばれるとてもスピーディで危険なモンスターだった。

当時は遺群嶺や古代林や砂漠といったフィールドに登場。

今作であれば大社跡や水没林、砂原などに現れるのかも知れない。

有効な属性は龍以外のすべて。

滅気以外の状態異常もそれなりの効果がある一方で、閃光玉以外の罠系アイテムも無効と古龍種らしい特性を持っていた。

▲赤く燃える大きな翼が印象的だったバルファルク。急加速して飛び回る攻撃に翻弄された。部位破壊が可能なのは頭、背中、前脚、翼、尻尾だ。

 

大きな翼は移動の手段だけでなく、武器にもなるとても危険な存在だ。

脚元に向かって放つ範囲の広い砲撃や前方めがけて剣のように突き出すといった攻撃のほか、翼をひっくり返してミサイルの如く乱射を行う遠距離タイプのものまで多種多様。

バゼルギウスを“爆撃機”と呼ぶなら、バルファルクはさながら“戦闘機”のような存在感だ。

▲前脚を上げてその真下に放つ爆撃が範囲が広く、龍属性のダメージをも与えるもの。当時G級では前方にも放つ特性があった。
▲剣のように繰り出す攻撃は高速かつ射程が長い。怒り状態になるのさらにその射程が伸びていた。
▲翼のノズルみたいな部位を赤く光らせて乱射。回避はしやすいけど範囲が広いので要注意だ。

 

そして最大の注目ポイントが、上空に飛翔してハンターをめがけて赤く燃える彗星のように急降下してくる攻撃。

これこそが砂原の手記に記されていた“赫い星”であり、まさにバルファルクそのものだと多くのハンターが予想しているのだ。

▲上空に急上昇したのち、赤い彗星のようにハンターをめがけて襲ってくる。
▲久々のバルファルクだったので避けずに食らってみることにした。これはその瞬間なのだけど本当に一瞬の出来ごと。着弾後、数秒のあいだBGMが耳鳴りのようにかすれる演出が個人的にはお気に入りだ。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!