東海オンエア、ゲーム「ポケモンスナップ」を実写化! 動画の内容や爆笑シーンを紹介!

東海オンエアがまたも人気ゲームの実写化に挑戦!今度は『ポケモンスナップ』です。メンバーがポケモンに扮した姿やそれを写真撮影するシーンは爆笑必見です!この記事では思わずにやけてしまう面白ポイントとファンの反応について解説します。最後までぜひご覧ください。

過去に実写化されたゲームは?

まずは過去におけるゲーム実写の歴史を振り返りましょう。ここでは特に再現度の高い2つの動画について紹介します。

あの名作「ファイナルファンタジー15」を完全再現!

1つ目はあの有名タイトル「ファイナルファンタジー15」です。主人公たち4人にふんしたメンバーたちが街中を探索したり、モンスターと戦闘するといったオーソドックスな流れになっています。キャラの配役やロケ現場などがドンピシャにハマっていたり、原作における細かなネタまで再現するといった高いクオリティが見どころです。

圧倒的クオリティーの裏に涙ぐましい努力あり

次に紹介するのが「自分の好きなゲームのワンシーンを再現する」という企画です。昨今のゲームは映像クオリティーが非常に高く、実写と遜色ないレベルではないでしょうか。

そんな映像をメンバーたちが再現することで映像を作成する大変さを知ろう、というのが主旨になっています。この動画のポイントは各メンバーの映像編集のレベルとその努力具合がはっきりわかることです。映像にかける想いというのはさすが、トップYouTuberといえるでしょう。

たとえ映像編集の技術がなくとも努力でカバーする姿勢は尊敬せずにはいられません。特にてつやの作品はアイデアと努力にあふれており、ぜひ見ていただきたいです!

『ポケモンスナップ』とは?

さて、動画解説の前に原作である『ポケモンスナップ』について簡単に説明します。『ポケモンスナップ』は1999年に任天堂よりNINTENDO64のソフトとして発売されました。

その後、2021年4月にNintendoSwitch版として発売されるなど、根強いファンを持つ人気のシリーズですね。プレーヤーはポケモンの写真家となり、専用の乗り物に乗りながら写真撮影するといった内容です。

遊園地などにある乗り物に乗ってシューティングゲームを行うアトラクションをイメージするとわかりやすいと思います。写真撮影後には評価、採点があり、友人たちやSNSなどで点数を競うといった遊び方もありますね。今回の動画では乗り物の乗って撮影し、その後の撮影結果までが再現されています。

いざ、撮影!

それでは実際にどのような動画風景だったかを見ていきましょう。舞台は愛知県内、安土産業文化公園デンパークです。花と緑に囲まれた公園で、園内には工作体験やグルメを楽しめるお店があります。今回は園内の移動で利用できる汽車型の乗り物に搭乗しながらの撮影となりました。

東海オンエア風ポケモンに注目!

今回の撮影者はりょう、ゆめまる、虫眼鏡の3人です。一方ポケモンに扮するはてつや、としみつ、しばゆー、それにゲストとして事務所の後輩であり、普段より親交のある「夕闇に誘いし漆黒の天使達」の面々も参加しています。

汗だくなピカチュウから始まり、キャバ嬢風のルージュラ、やけに男気あふれるコイキング、戦闘力が53万はありそうなミュウーツーなどなど、東海オンエア成分を含んだポケモンたちが撮影者の前に現れました。

「ポケモンを知っていればどのキャラかわかるけど、なんか違う」という絶妙なコスプレのクオリティとなっております。これらが順に現れ、撮影者たちは爆笑と困惑の表情をうかべるのでした。


ベストショットはここ!

特に今回注目してほしいシーンはしばゆーふんするサトシ(主人公)が卵を抱えながら自転車に乗って現れるところです。

「個体値が~」とブツブツつぶやきながらひたすら自転車を漕いでいる姿はまさに廃人ゲーマーそのものではないでしょうか(強いステータスのポケモンを卵からふ化させるため、ゲーム上級者は幾度となく卵を持ちながら歩き続ける、という作業を繰り返します)。

通常のポケモンシリーズはもちろん、ポケモンGOをプレイした人なら思わずにやりとするシーンですね。

撮影結果とその裏側解説

撮影終了後はしばゆーによる撮影結果の評価と各シーンの解説になります。写真ごとに振り返ってみると、撮影時にはわからなかった点が見えてきました。

例えばミュウツーがフリーザに見えたり(コスプレの関係上)、撮影前の準備タイミングの場面を思わず激写していたりと、カメラごしではわからなかった裏事情が垣間見えてきたのです。見えない部分での涙ぐましい努力が見え、もう一度見返すと違った楽しさが発見できますね。

ファンの反応は?

ここではSNSにおけるファンの反応を見ていきましょう。原作ゲームが好きなファンは特に今回の動画についてささるものがあったようですね。細かなネタまで再現されているところは思わずにやけてしまいますね。

動画をみてゲームをやりたくなった、というファンは多そうですね。


今後の実写化に期待!

原作の再現性を保ちつつ、東海オンエア風にアレンジする具合が絶妙なバランスとなり、つい癖になる動画でしたね。今後ゲームはもちろん映画やドラマといった再現PVなどもどんどん見てみたくなったのではないでしょうか。次回はどんな実写に挑戦してくれるのか、シリーズ化を期待しつつ楽しみに待ちましょう!

サムネイルは以下より:

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!