ヒカキンがセイキンの闇にメスを入れる! ? ペヤングやきそば獄激辛坦々がセイキンを救う!

YouTuber界のパイオニアであり、激辛シリーズ企画の先駆者でもあるヒカキン(Hikakin)さんとセイキン(Seikin)さん。しかし、セイキンさんの「くり返される矛盾」「多重人格説」をヒカキンさんがTikTok内で発見してしまったため、今回の動画投稿を決意したのだそう。

いつも爽やかで優しいセイキンさんの闇とはいったい何か?…徹底解説です!

ヒカキンからの問題提起! 

ヒカキンさんの「弟としてこれをやるしかない!」という強い決心によって投稿されたのが『セイキンの闇を兄弟として謝罪させてください。』という動画です。

たくさんの視聴者がいるヒカキンさんやセイキンさんは、常に一言一言に大きな責任を持ち、言葉をしっかりと選んでしゃべり編集をしているのだそう。しかし今回TikTokの動画によって、セイキンさんの動画にある矛盾点にヒカキンさんが気づいてしまったというのです。

※参考動画はコチラ。

問題となっているTikTokの動画内容

セイキンさんが20代の頃によく投稿していた「激辛シリーズ動画」内で、「辛いものが結構得意」「辛いものが大の苦手」と相反する言葉を何度もくり返していたのだそう。そしてその部分を素材にされ、TikTok内でセイキンさんの闇が流されてしまっているというのです。

そのためセイキンさんの辛さの強さを知りたくなったヒカキンさんは、「ペヤングやきそば獄激辛坦々」で検証することにしたのだそう。爆笑必須の今回の動画を徹底解説です!

ペヤングやきそば獄激辛坦々とは?

ペヤングさんの激辛シリーズは、お店に並べられるギリギリのレベルの前代未聞の辛さのカップ焼きそばです。蒙古タンメンなどはおいしく食べられた筆者でさえ、コチラのシリーズは間食できませんでした。

動画内で何度か話にもでていたはじめしゃちょーの動画を見れば、尋常ではない辛さであることが伝わるのではないでしょうか。数々の修羅場を乗り越えてきたはじめしゃちょーでさえ、ギブアップをした商品だなんて…。ヒカキンさんとセイキンさんは無事に食べきることができるのでしょうか?!

検証スタート!

「辛さの強さは普通だと思う」「辛いラーメンも好きだけれど弱くなったと思うこともある」「その時の体調にもよるのかもしれない」と自己解析を行うセイキンさん。真相やいかに…?!

Let’s調理!

担々麵をイメージさせるかやくに喜ぶふたり。「うまそうだ」という言葉も聞くことができました。

しかし、ソースを入れた瞬間に尋常ではない辛さに気がついた様子。「ニオイがヤバい!」「ヤバいよ!ヤバいよ!」と、辛さにおびえる声ばかりになってしまいました。

Let’s実食! 

「目に入ったらヤバイ」と触れることにさえ注意が必要となる今回の検証。「辛さで5月病を吹き飛ばそうぜ!」と気合を入れ直しますが、どうなるのでしょうか。

食べてすぐに顔をしかめるヒカキンさんの横で、セイキンさんはすぐにむせてしまいます。ヒカキンさんは辛いと言いながらもどんどん食べていきますが、セイキンさんは「辛いとかじゃない」「その次元を超えているやつだ」と目が大きくなったり小さくなったり…まるで毒を盛られているようです。

熱い想いを届けたい!

「YouTuberはクレイジーでぬるくねぇんだぞ!」とヒカキンさんが燃えています。今回の動画を通して、昔と変わらぬ熱い想いやクレイジーなところを視聴者に届けたいのだそう。

ヒカキンさんは先日はじめしゃちょーとのコラボ動画でも獄激辛のペヤングを食べているのですが、そのあと4時間ほど悶え苦しんでいたんだそうです。それなのにまた食べてしまうなんて…。クレイジーですね!

無事に完食! 闇が光へとかわる! 

シンガーソングライターでもあるセイキンさんが、劇物のような魔物を食べても大丈夫なのか心配はしましたが、YouTuber魂で乗り越えたようです。おふたりの根性に感動です!

ふたり仲よくパピコをわけて、のんびりニコニコクールダウンをしています。「闇が光にかわった」「輝きだした」と笑うふたりのうしろで【光】が流れ、感動のフィニッシュ!こちらの楽曲もとても素敵な作品になっているので、フルで視聴したい方はコチラからどうぞ。

セイキンの闇の真相に触れた視聴者は…

闇が光にかわる瞬間を見届けられて喜んでいる視聴者でいっぱい!

身体の心配をしていた、とても優しいファンもいましたよ。


30代でも輝き続けるふたりに期待! 

若いころのクレージーすぎる動画も楽しいものでしたが、30代となり「素敵な大人」として視聴者にわくわく・癒し・夢・模範を届けてくれるおふたりもとっても素敵ですよね!

これからも続いていくに違いないこのおふたりの歩みを、楽しみならが全力で応援していきましょう。最後までご覧いただき、ありがとうございました!

サムネイルは以下より:

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!