フィッシャーズ×世にも奇妙な物語コラボ! Twitter乗っ取りの裏側について解説します!

フィッシャーズがテレビ番組「世にも奇妙な物語」とドッキリコラボを開催しました。ここでは過去のコラボ企画と共に見どころなどを解説します。最後までぜひご覧ください!

過去のコラボドッキリ企画について

まずはフィッシャーズが過去の行ったコラボに関するドッキリ企画について紹介します。ここでは厳選した2つの企画を紹介しますが、フィッシャーズのコラボドッキリは他にもたくさんあります! 気になるかたは合わせてチェックしてください!

JOYSOUNDコラボ! ファンの前にフィッシャーズが現れたら!

まずはJOYSOUNDコラボ企画です。こちらはメンバーンダホとぺけたんの音楽配信を記念し、カラオケ店の1室をフィッシャーズ仕様にするといったコラボでした。この部屋を利用しているファンへフィッシャーズがいきなり乱入します。いわゆるご本人様登場、というやつですね。

ドアからいきなり乱入するシーンもあれば、店員になりすまして登場するシーンなどさまざまなバリエーションでファンの人たちを楽しませてくれます。ファンの方は10代の女の子がメインでしょうか。

フィッシャーズが登場した際顔をおおい、黄色い声援が飛び出すなどいい反応をしていますね。ファンにとってはたまらない、うれしいドッキリだったのではないでしょうか。

江頭2:50とのコラボ! テンション上げてたら本人が登場!

続いては芸人の江頭2:50さんとのコラボドッキリについて紹介します。こちらはフィッシャーズメンバーがドッキリを仕掛けられる側ですね。仕掛け人はシルクロードとぺけたんで、残りのメンバーがドッキリを受けます。

流れとしてはメンバー一人ひとりがテンションをあげる行動を行い、他のメンバーはそのテンション具合を判定する、という嘘企画です。ぺけたんの順番となり、さりげなく江頭さんの物まねをやっているところに本人が突入してきます。

これを見た残りのメンバーは唖然、その後に大爆笑が巻き起こりました。メンバー全員が江頭さんであり、また江頭さんもいちYouTuberとしてフィッシャーズをリスペクトするなど良好な間からです。テレビでは見せない江頭さんの一面も見られる貴重な一コマでした。

シルクロードのTwitter乗っ取り!

ここから今回のコラボドッキリについて解説します。今回は6月26日放送予定のテレビ番組「世にも奇妙な物語」とのコラボでした。

仕掛け人はシルクロード、仕掛けられるのはメンバーを含めたファン全員です。6月14日、シルクロードのTwitterが乗っ取られ、Twitterのサムネイルが不気味な日本人形となりました。

また「大変大変大変大変大変大変申し訳御座いません。シルクロード様のアカウントを乗っ取らせて頂きました。」とのつぶやきと共に、電話の着信音が鳴り響く動画がアップされています。

その後、シルクロードからの無事報告を受け、事態がおさまりました、という流れです。果たしてメンバーやファンはどのような反応だったのでしょうか。


メンバーの反応は?

Twitterに反応し集まるメンバーたち。シルクロードの「乗っ取りかもしれない、Twitterのパスワードは誰にも教えていない」にたいしてメンバーたちはドッキリではないかと少々怪しみながらも事態の深刻さに悩みます。

シルクロードのほうは所属事務所やマネージャーへの確認の連絡し、いかにも”自分は何も知りませんよ”という体裁を保ちつつ、今後の対応について悩んでいる風をよそおっていました。

しかしそこは長年共にするメンバーたち。それでもなドッキリの可能性を捨てきれずにいます。そんななかでも「とりあえずカメラまわしとくか」とYouTuberとしての冷静さを持っているところはさすがの一言です!

果たしてメンバーは最後まで騙されるのか?

その後別の企画の撮影をするため、再度集まったメンバーたちにシルクロードよりドッキリであることを明かされます。その瞬間「ふざけんなよ」「やめろ」と笑いながらの怒号が飛びました。

メンバーたちは騙されたことに驚きつつも、ドッキリでよかったという安心感が大きかったのか、言動からは怒った様子もなく、皆で笑っているのです。

シルクロードから今回のドッキリ企画の背景について語られました。”今の時期、視聴者さんと絡む機会がないから視聴さんと一緒に動画を作りたい”という思いのもとメンバーも含めて楽しんでもらいたい、というのが真意だったようです。その考えに納得するメンバーたちでした。

ファンの反応は?

やはりドッキリ企画と見抜かれていたようですね。驚き半分嬉しさ半分といったところでしょうか。シルクロードの思惑通りTwitterをリアルタイムでみたファンも一緒になって楽しんでいた様子が伺えます。また短時間の企画であり、誰かが嫌な思いをするようなドッキリではないのがポイントです。

さらに”フィッシャーズならこういったドッキリもあるかも”というこれまでの積み重ねがあるからこそ楽しい内容になったのではないでしょうか。

こちらも同様にドッキリを見抜いていたようですね。さすがファンの方々。テレビの出演などさらなる期待の声もあがっていますね。


今後もファンを巻き込んだドッキリに期待!

今回も注目をあびるコラボドッキリでしたね。特にTwitterを使ったドッキリのため、ファンの方々もしっかり巻き込み、楽しむことができたのではないでしょうか。

せっかくなので今後はテレビでの出演、俳優デビューなどにも期待したいですね。こうしたファンを楽しませるドッキリについては今後も大歓迎です。

果たして次はどのようなドッキリとなるのでしょうか。今回は早々にファンの方々からも疑われていたため、今後は徹底した本気のドッキリもみてみたいものです。また次はどのような企画、ジャンル、媒体とのコラボとなるのか、これからが楽しみですね。

サムネイルは以下より:

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!