たくちゃんねるで遂にウェイブvsシステマが実現! 最強の盾矛の行方は?

軍事戦闘術をパフォーマンスに昇華するたくちゃんねる。今回はロシアの軍事戦闘術「システマ」の北川先生とゼロレンジコンバットの稲川先生とのコラボが話題を呼んでいます!今回のコラボは稲川先生がメインとなっていて、現場はとてつもなく緊迫したようです。軍事戦闘術同士で共通する部分もあり、相乗効果に期待できそうです!

この記事では、動画の見どころやウェイブパンチvsシステマの様子をご紹介します!ぜひ最後まで読んでください。


初コラボ? 相対するのは軍事戦闘技

軍事戦闘術の「ゼロレンジコンバット」と「システマ」の達人が立ち会い。攻撃的なゼロレンジコンバット生存優位のシステマどちらに軍配が上がるかにも注目が集まりました!手合わせではどちらの技術も共通点があり、稲川先生も興奮しながらも息を飲むほどの緊張感があります。達人同士のやりとりに目が離せません!

ここではシステマ、ゼロレンジコンバットそれぞれの見どころをご紹介します!

システマってどんな戦闘術?

システマは、ロシアの特殊部隊スペツナズを15歳で入隊したミカエルリャブコが創設。1993年創始者ミカエルの弟子ヴラデリア・ヴァシリエフがカナダに移住した際、システマのスクールを作りたくさんの人が訪れたことで世界に一気に広まりました。日本は空手や柔道が有名なため、少し遅れて2005年にシステマが知れ渡る事になります。

システマのテーマはサバイブ!

システマの第一優先事項は生存することです。戦闘だけでなく人それぞれの環境でシステマを使って生き延びることを考えることもできるので、日常生活にも落とし込むことができると北川先生は言います。

これまでにも様々な格闘家とコラボしてきたという北川先生曰く、勝つ事を目的とした格闘術には伝わりづらい考え方でもあるようです。今回のコラボは軍事戦闘術相手ということもあり、ゼロレンジコンバットの達人の目にはどう映ったのでしょうか?

ゼロレンジコンバットとは?

一方のゼロレンジコンバットは、日本武道の技術や精神を取り入れた軍事戦闘術で身体操作を駆使して戦う技術。自分の身体・精神状況の把握などシステマに通じる部分があるようです。

またゼロレンジコンバットの名誉顧問である荒谷卓と北川先生がともにシステマをしたことを知ると稲川先生との距離がより一層縮まった感じがしました!

お互いにオープンには言えないことの方が多いのだとか。今回のコラボでシステマの技術を見て、技を盗み自衛隊に貢献するようで格闘技術の進化過程を目の当たりにできます!

達人同士の盾矛

やはり今回の見どころはウェイブパンチvsシステマの盾矛の戦いですね!攻撃的なゼロレンジコンバットのウェイブパンチに対して呼吸で痛みをはじめとした緊張から生き延びるシステマ。弟子たちも見守り、緊迫した空気のなか放たれた一撃。最強の盾矛の決着や如何に!?

危険すぎる手合わせ!

稲川先生は「戦闘員は戦闘術でどこかに繋がりがある」と考えています。これは戦いに勝つ事もありますが、それよりも如何にして生存するかという戦闘において最も重要な考え。

今回のメインテーマは最強の盾矛ですが、その根幹には人の営みを豊かに育む事に重きを置いた達人の思いがありました!生き延びると聞いて戦闘だけに感じるかもしれませんが、現代社会を生きる人々にも通用する技術体系でもあります。

システマやゼロレンジコンバットについて少しでも興味が湧いたなら、今回のコラボ動画が有益なものになりますね。

システマのストライクはウェイブに似ていた!

まずはシステマのストライクをゼロレンジコンバット経験者の芦田さんが体験!北川先生は片手をポケットに手を突っ込んだまま軽くパンチを入れたように見えました!芦田さんは日頃からウェイブの威力を肌で感じているため、衝撃や痛みの残り方はウェイブと一緒だと言います。

そして後ろから見ていた稲川先生は回旋する肩甲骨の動きがウェイブと一緒だと満面の笑みでした!

ウェイブパンチvsシステマ

そして最大の見せ場でもある稲川先生vs北川先生の手合。弟子たちが固唾を飲んで見守る中握手が交わされます。お互いのリスペクトはここまでで全面に出ていますが、やはりそれとこれとは別のよう。

握手が交わされるや稲川先生は臨戦態勢。刹那、放たれた一撃は重い音を上げて北川先生の腹部を直撃します。が、北川先生は「重いですね」と笑顔で一言。

さらに「手合わせなので衝撃を逃してもらえていただけであって、痛みが残るようにされていたらヤバかった」と何もなかったかのような表情に対して稲川先生はさらに笑顔になりました。最後に握手と深いお辞儀を交わし、達人同士の素晴らしい手合は幕を閉じました。

SNSの反応は?

動画のコメントは「北川先生の達人技と稲川先生の横に流した優しさが素晴らしい!」「終始和やかなのに緊張感がすごい」「稲川先生の嬉々とした笑顔と木独特の緊張感たまらん」など達人相手だからこそ見せる一面に嬉しい反面、緊張感も伝わってきて改めて敬意を抱く方が多いようです。

盾矛の緊迫感は画面越しにも伝わっているようですね!

簡単そうに見えているだけで、複雑な攻防が繰り広げられているまさに漫画のような展開でしたね

システマとゼロレンジコンバットの可能性は無限大!

日常レベルにまで落とし込めるシステマとのコラボ動画でしたが、生き延びることに特化していることがよくわかる手合でした。また両先生のリスペクトが垣間見えてこちらまで嬉しくなりました!

次回の動画ではシステマの武器の使い方として、ナイフ・シャベルを披露。そしてゼロレンジコンバットが得意とするカランビットナイフをシステマどのように昇華されるのでしょうか。

今回お互いの共通点も把握できたことで今後のシステマとゼロレンジコンバットの動向にも注目していきたいですね!

サムネイルは以下より:

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!