水溜りボンドのカンタが頸椎固定カラーで首を保護⁉ 他人事ではないストレートネックについても徹底解説!

水溜りボンドのカンタさんが、2021年6月20日に投稿した動画内で「ストレートネックの治療中」であることを視聴者に報告しました。ストレートネックは現代人にとって身近な病気であるため、YouTuberのみならず、私たちも気をつけなければいけない病のひとつです。

今回は動画内の概要はもちろん、現在のカンタさんの容態やストレートネックという病気についてもまとめていきますので、ぜひ最後までご覧くださいね!

今回の動画内の報告内容は?

「首がこういう状態になってしまいました」「キツイっすね」という重い空気のなかはじまった本動画。実はカンタさん、1~2週間前からどんどんひどくなる耐えがたいほどの首の痛みとひとり戦っていたのだそう。しかし日常生活に支障が出るくらいの痛みになったため、今回ついに病院に行くことを決意したとのこと。

このストレートネックという病気は身近な病気であるにも関わらず、症状はとても耐え難いものなのですが…はたしてカンタさんは大丈夫なのでしょうか? 

※参考動画はコチラ。

カンタさんの現在の症状は? 

受診した病院でレントゲンを撮ってもらったところ、ストレートネックの重症化した症状であることがわかったと話しています。

医師によれば2週間ほどで回復するとのことですが、これ以上の悪化を防ぐためにカラーを可能な限りつけて生活をしていく予定だとカンタさんは話していました。そして、カンタさんは現在痛みもとても強いとのことで注射を打つための通院をしているとも話しています。

ストレートネックとはどんな病気? 

本来カーブをえがくように形を維持している頸椎ですが、首に負荷をかけつづけることにより、首のカーブがなくなってしまう状態のことをいうようです。うつむいたままの姿勢や、長時間のデスクワークの姿勢などが原因にもなるため、スマホやパソコンが必需品となっている現代人には身近な病気であるといえるでしょう。

実は筆者も冬にストレートネックの治療を受けていたのですが、内服薬の痛みどめが効きにくいうえにじりじりとした鈍痛が24時間絶え間なく続くので、とにかく大変だった記憶が残っています。治療も対処療法や安静がメインとなるので回復に時間がかかりましたし、再発もしやすい病気なので、日頃から意識をして生活をしなければいけないものなのでしょう。

トミーに叱られたらどうしよう? 

カンタさんは自身の容態の報告を、本動画でトミーさんに伝えることにしたようです。しかし痛みがあるにも関わらず、トミーさんはどっきりだと勘違いをして激しいツッコミをいれるのでは…とカンタさんは心配をしています。トミーさんはいったいどんな反応をするのでしょうか?

心配をしてくれた! 

トミーさんはとても相方思いの方なので、すぐに信じて心配をしてくれましたよ。カンタさんの説明にキレのあるツッコミは入れつづけていますが、トミーさんのツッコミは愛の証なので問題なし!

そのうえカンタさんは「首が痛くて編集ができない」「今日中に投稿したい」「トミーがやって!」と甘えん坊攻撃を開始します。しかしトミーさんの編集は別の意味でクオリティが高いと評判ですので、このお願いを聞き入れ、無事に成し遂げられるかは誰も予想ができないことなのです!

編集もしてくれたトミー! 

「今日は首が痛くて編集ができない」「けれど今日投稿したい」とカンタさんが伝えると「今日出すのを断念しよう」とはやくも諦めをみせるトミーさん。けれどそれでも努力をするのがトミーさんの素敵なところですね。

レッドブルや氷結を片手に浮かれているカンタさんのそばで、コツコツと作業に取り組むトミーさん。度重なるカンタさんのちょっかいに「喋りかけんなよ」「今日出す気あんのか? 」と注意もいれますが、おふたりニコニコとてもたのしそうです。

2018年頃の空気感のある動画の完成! 

動画のフォントなどを買っていないトミーさんの編集はとてもシンプルな仕様です。しかしそれがサブチャンネルのような深みを出しているともいえるので、結果的にいい感じの仕上がりになったのだそう。

一緒に確認を終えたカンタさんは「嬉しい」「素晴らしいです」「怪我をしてよかった」「怪我の功名でした!」と満面の笑みを浮かべながら話しつづけます。

褒めちぎられっぱなしのトミーさんも最後のテロップで「カンタ頼むから早く良くなってくれ」とリスペクトといたわりのコメントで動画をしめるという素晴らしい伏線回収をしていましたよ!

ネットの反応のご紹介! 

想像以上にストレートネックの辛さを体験している視聴者が多いように感じました。そしてそんな経験者だからこそできるありがたいアドバイスもいっぱいでした!

下記のストレッチやパソコンの配置など、筆者もためしてみようと思います。

おふたりの仲のよさが視聴者にも伝わっているようです。


カンタさんの回復を祈る! 

このような状態でも、とても仲良く元気いっぱいに動画をつくり上げた水溜りボンドのおふたりですが、やはり身体の調子も万全であってほしいと願わずにはいられません。そしてカンタさんを全力でツッコむトミーさんのお姿を、はやくまた見たいと筆者は感じています。

本記事をご覧になっているみなさんも、姿勢やストレッチなどで首をいたわりながら、意識をして生活をしてみてくださいね。最後までご覧頂きありがとうございました!

サムネイルは以下より:

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!