東海オンエアのエンディングが変わる⁉ 爆笑必須のメンバー提案のエンディングも徹底解説!

4年もの間、多くの視聴者に愛され続けた東海オンエアのエンディングですが、ついに新しいものに切り替わるという突然の発表が行われました。

2021年6月22日に投稿された「【第2回】エンディング動画作り選手権!」内で行われた各メンバーの作品の紹介はもちろん、新旧のエンディングについても詳しくまとめていきますので、ぜひ最後までご覧くださいね。

新たなエンディングを提案した人物は誰? 

前回はてつやさんと虫眼鏡さんとしばゆーさんが東海オンエアのメンバーとしてエンディングを提案をしましたが、第2回となる今回は、メンバー全員がエンディングを提案するという見応えたっぷりの企画になりました。

そして本命候補としてプロの方にも1作品つくってもらっているそうなので、計7作品がエントリーされることになります。果たして東海オンエアのエンディングは誰が制作したものに決まるのでしょうか?

※参考動画はコチラ。

4年間愛されつづけたエンディングはコチラ! 

東海オンエアのテーマソングとまでいわれるようになったこのメロディー。東海オンエアの視聴者が愛情いっぱいに仕上げたこの作品は、実は素人が作ったというので驚きです!「長い間使って頂けて嬉しかった」と東海オンエアの動画内にコメント欄に残すなど、今も変わらぬ愛が伝わります。

※参考動画はコチラ。

提案された素晴らしき作品たち! 

本記事をかくために筆者はこの動画をくり返しみているのですが、それでも毎回笑ってしまうような作品を提案しているメンバーたち。発表順に各動画の特徴をまとめていきますので、ぜひ最後までご覧くださいね!

No.1 ゆめまる

コンセプトは『もどかしさを手作りほっこり感で伝える』

ホットプレートに色を付けたホットケーキミックスでイラストを描く、かわいらしいこの作品。「終わったあとの2秒後にくるこの笑いはなんだろう…」とメンバーのハートをそっとやさしくと包みます。この作品は、うまく動画がとれるまで8回もとり直しているそうですよ。

No.2 りょう

コンセプトは『虫が感謝』でしょうか…。

毒々しいピンクを背景に、気持ちの悪いたくさんの虫が行進するというホラー要素もたっぷりのこの作品。しかし、気持ちの悪さや奇妙な音などが癖になるという不思議な要素も組み込まれているため、じわじわとメンバーのハートを侵蝕します。

No.3 としみつ

コンセプトは『熱さを全力で伝える』

グリーンバックを活用し、自身がオーブントースターで焼かれているこの作品。「今日もよかった」「明日も楽しみだ」という想いを伝えたかったそうですが、正当進化感を指摘される結果となってしまいました。

No.4 虫眼鏡

コンセプトは『アニメのエンディング感』

テレビアニメのエンドロールのようなかわいらしさとフレッシュ感が伝わる作品となっています。しかしりょうさんの身長が大きすぎてフレームアウトをしていたり、「俺、こんなに黒いかな? 」ととしみつさんのコンプレックスを刺激してしまうという問題要素もあったようです。

No.5 てつや

コンセプトは『メンバー全員が活躍するエンディング』

しかしフィッシャーズのパロディー感全開となっているこの作品。フィッシャーズの音割れしているエンディング曲を背景に、テツヤロードやンツヤ、テツキやツーヤ、テツイやテツオなどてつやがフィッシャーズを真似して動き回ります。そのうえ、サブチャンなどへの誘導も「グーグルで自分で調べて」という塩対応…。

てつやさんの素晴らしさがぎゅぎゅっと凝縮されている作品であると筆者は感じ、信じられないほど笑ってしまったことはいうまでもありません。

No.6 しばゆー

コンセプトは『インド映画』

東海オンエアの要素が全くない、インド感全開のこの作品。「意味がわからない」とメンバーにも指摘をうけますが、しばゆーさんのキレのある動きはみる者を魅了します。

No.7 プロのクリエーター

東海オンエア側がプロに依頼した要望は下記の4点。

・どんな動画にも合うノーマルな雰囲気
・流れをブチ切れるBGM
・カラフル・ポップなデザイン
・実写画像・映像NG

みぞぐちともやさんにも協力してもらったこの作品。「かわいい!」「さすがプロ!」「クオリティーが高くてもはや低い? 」とメンバー全員を感動の渦に包まれます。

メンバーの投票結果は? 

全員一致となり、6人全員がもっとも素晴らしいと支持をした作品は「No.7のプロの作品」という結果になりました。そのため、今後はコチラの作品がエンディングとして使用されることになります。

しかしメンバーは「自分が編集したときに自分がつくったエンディングも使おう」とつぶやいていたため、突然おもしろおかしいインパクトのある各作品が今後登場する可能性もあるようです。

やはり視聴者も大笑い! 

メンバー提案の作品をみて笑っていたのは筆者だけではなかった様子。

前作が素晴らしい作品すぎたため、エンディングの切り替わりを残念に感じている視聴者も多いようです。しかし、新たな作品に喜びを感じている視聴者も同じくらいたくさんいましたよ!

ともやさんのイラストに喜んでいる視聴者もいっぱいです!

新エンディングになった東海オンエアも楽しもう! 

ドラえもんの声がかわったときに悲しみを訴えた視聴者が多くいたように、長く愛されてきた作品が変わってしまうタイミングに悲しみが伴うことは仕方のないこと。けれど時間の経過とともに、新しいエンディングもたくさんの視聴者に愛されるものになると筆者は感じていますよ。

新エンディングとなった東海オンエアのさらなる活躍を、みなさんと一緒にこれからも応援したいと思います。最後までご覧いただきありがとうございました!

サムネイルは以下より:
https://www.youtube.com/watch?v=CUZs5M1kTZA

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!