アイドルの裏側を丁寧に描く傑作! これぞ令和のマネジメント。『IDOLY PRIDE』プレイレポート

2021年6月24日(木)よりサービスを開始したスマートフォン向けアプリゲーム『IDOLY PRIDE(アイドリープライド)』。事前プレイの記録とともに、ゲームの内容を紹介!

アニメにもなったアイプラがスマホゲームに登場


本記事におけるゲーム画面は、すべて開発時のものです。

2021年6月24日(木)よりサービスがスタートしたスマートフォン向け新作ゲーム『アイドリープライド』。

2021年1月から放送されたアニメも記憶に新しい本作は、新機軸のアイドル育成ゲームとして話題になっています。

今回はそんな『アイドリープライド』を事前プレイ! ゲームパートから物語パート、さらにはアイドルたちとの触れ合いまで、本作の魅力をレビューでお届けしちゃいます!

【関連リンク】

公式サイト

・公式Twitter(@idolypride)

アイドルといえばライブ。でも他とは一味違う

アイドルと言って最初に思い浮かぶもの。やっぱりそれはライブなのではないでしょうか。

ステージ上で華々しく歌い、そして踊る少女たち。美しい歌声に麗しいダンス、そして可憐な衣装!

それら全てがマッチしてこそ、アイドルという名の妖精が……っと話が逸れました。とにかく、アイドルと言えばライブですよね。

もちろん本作も、ライブシーンは華々しいメインの一つ。


ところで読者の皆さん、スマホゲームでライブといえば、どんな内容を思い浮かべるでしょうか。

そう、音ゲーですよね。

しかし、しかしですよ。このゲームは『アイドリープライド』なのです。アイドルの裏側、努力する少女たちを描く本作は、一味違うんです。

何が言いたいかと申しますと、このゲームの本懐は育成とマネジメントなんです。

つまり、ライブは完全オートなんですよ。育成して配置したら、あとは彼女たちが頑張る姿をみるだけ。

だってそうですよね。ライブ中にマネージャーができることなんて無いんですから。マネージャーはライブ席の後ろで、腕組んで少女たちを眺めていれば良いのだ

そしてこのシステム、とある大きなメリットがあります。




ライブのスクショ撮り放題。

そうなんです。ライブ中に操作できるものがないので、撮影に集中できるんですよ。


しかもご覧ください。このライブシーン、一時停止ができるんです。

こんなに撮影に優しいなんてことある?

横向きの大画面で、一時停止しながらアイドルたちが踊る様子を好きなだけ堪能できてしまうわけですね。

ちなみにライブ終了後、リザルト画面をよく見ると……なんと汗だく


あぁ、この子たち頑張ってる……!

アイドルの裏側の努力、というものが物凄く丁寧に描かれている、細かくも素晴らしいポイントです。

魅力的なストーリー

ゲームを進めていくと、アニメ終了後の内容を含むオリジナルストーリーを見ることができるようになります。


何となく皆さんも想像がつくかもしれませんが、こちらもライブと同じく一時停止が可能


しかも早送りが1.2倍と1.5倍、さらに下のシークエンスバーから好きなところで止められるので、気に入ったシーンやアイドルたちの表情をキャプチャするのも簡単です。

■初めてでも大丈夫

アニメの放送もあり、すでにコンテンツとして成立している『IDOLY PRIDE』。未見の方からすると「ゲームから始めても、設定とかついていけないんじゃない?」と思うかもしれません。

ところがどっこい! 本作はその辺もバッチリカバー。初めての人でも大丈夫!



物語の始まりでは、新人マネージャーとしてやってくる「橋本さとみ」が、しっかりと説明をしてくれます。




新しい子が出てくるたびに、アイキャッチつきで紹介が挟まれるので、初見でも安心です。

ただこのマネージャー、アイドルが好きすぎるためか、ちょっと声に熱が入りすぎてて少しコワイ

もちろんその熱弁は愛ゆえなので、安心ですけどね! 解説も的確かつ丁寧なので、すんなりとアイドルたちの情報が入ってきてくれます。

■各アイドルの個別エピソードも


アイドルの育成となれば、個別のエピソードは欠かせません。もちろんこちらもフルボイス。ストーリー「アイドル編」からチェックできます。

字幕の有無は設定できるので、アイドルの表情だけを眺めたいときには字幕なし、ということもできますよ。

アイドル別のストーリーは、キャラクターの掘り下げだけでなく、親愛度アップにも繋がりライブが成功しやすくなります。どんどん読むべし!

▼筆者は個人的に赤崎こころちゃんが推し。こういうこと自分から言っちゃうタイプほんと好き。





後述するアイドルとの触れ合いでも、ここでの会話が出てきたりするので要チェックですよ!

アイドルとのコミュニケーションがリアル


マネージャーたるもの、アイドルのメンタルケアなど、コミュニケーションが必須。

会話ももちろんですが、携帯でのやりとりなんかも重要ですよね。

そう、携帯でのやり取りです。


こんな風に通知がきて、SNSのようにやり取りができちゃうんです。

まるで画面の向こう側に本当にアイドルがいて、本物をマネジメントしているかのよう。臨場感もいよいよここまできたか、という素晴らしいものになっています。


連絡の内容はさまざま。悩みだったり、ただ話を聞いて欲しいだけだったり。

もちろんアイドルだって人の子。個人によって悩みはいろいろで、相談内容も一人一人違っています。

返答は選択肢になっていて、アイドルたちもこちらの選択に応じた回答をしてくれますよ。

ちなみにこのシステム、設定から通知をオンにすることでゲームを起動していなくても連絡を受け取れます。本当のマネジメントらしさを追求した形ですよね。

■対面の会話も


もちろん携帯での連絡だけでなく、アイドルと対面しての会話も存在します。

中には、上述のストーリー「アイドル編」での発言が出てくる場合も。

▼例えば赤崎こころちゃんの場合、ストーリーで出てきた「グラビア」について言及してきます。


会話をすることで、携帯でのやりとりと同様に好感度がアップしますよ。

地道なファン獲得も重要!

アイドル活動の中心となるライブですが、ライブで得点を稼ぐために重要なものがあります。

アイドルをアイドルたらしめるものといえば……?

ファンですよね。


実はライブのときにも左上に表示されているファンの数。これは編成しているアイドルのファン数に応じて変わります。

そしてこのファンを増やすには、地道な努力が必要です。

それがこちら。プロモーションと呼ばれるものですね。


アイドルも最初はチラシ配りから。なんと涙ぐましいことでしょう

このような地道な活動が、後々大きな影響を及ぼしてくるんですね。頑張っている姿を応援してあげたくなる……!

ちなみにメタ的なお話をすると、ファンが増えるだけでなく、育成に使えるアイテムも増えたりします。リアルタイムで待つ必要があるので、じっくり遊ぶ感じになりますよ。


さらに進めれば、「コアファン」を増やせるプロモーションである「握手会」なんかも開催可能になったり……!

撮影もあるぞ


先ほどライブでは撮影し放題という旨の文を述べましたが、それとは別に「撮影」なるものも存在。

こちらも写真を撮ることが中心となるモードなのですが、スクショ用のシステムではありません


ライブ映像をキャプチャするのは同じですが、こちらはちゃんと写真撮影用のボタンが出てきます。ズームも可能です。

いろんなアングルから、完璧な1枚を作り上げる……! マネージャーとしての腕が問われますよ。


10枚撮影、あるいはライブが終了すると現像タイム。最もお気に入りの1枚を選んで、アイテム「フォト」として現像します。

実はこの「フォト」、ライブの際に各アイドルに設定できるもの(装備みたいな感じ)なんです。つまり、アイドルのステータスを強化できるアイテムを、自分で作れるんですね。新しい!

撮影を楽しみながら、アイドルを高みへ連れて行くためのお手伝いができてしまうというわけ!


お気に入りの子を撮影すれば、好感度もアップできちゃう。これは嬉しいポイントですよ!

といったところで、先行プレイで見えたものをご紹介させていただきました!

皆さんいかがでしたか? シナリオはもちろん、育成や地道な活動といった「アイドルの裏側」を楽しめちゃう本作は、好評配信中

本記事が、皆さんの興味を引く一助になったのであれば幸い。本当にアイドルをマネジメントしているような楽しみ方ができるので、今回の記事で初めて見る方も、ぜひプレイしてみてくださいね!

関連リンク

公式サイト

・公式Twitter(@idolypride)

(C)2019 Project IDOLY PRIDE

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!