オレちゃん、仏サッカー代表の日本人差別発言について言及「間違いなく一線を越えている」

2021年7月5日に、在日フランス人YouTuberのオレちゃんがアップした動画が、話題になっています。オレちゃんは普段から、日本人とフランス人の懸け橋になりたいという思いでYouTube活動をしています。

そこに飛び込んできたニュースが、世界的に話題になっている、フランスのサッカー代表選手による日本人差別発言の動画です。動画の分析や胸中など詳しくまとめていますので最後までご覧ください!

オレちゃんとは? 

日本人の妻を持つ、東京都在住のフランス人です。普段から日本人とフランス人の架け橋になりたいという思いをもって、妻と一緒にYouTube「Bebechan-日本のフランス人」を運営しています。

今回の動画を撮影するにあたってオレちゃんは、普段動画で扱っている内容からこの話題に触れないことは不自然なので撮影する決意をしたと、撮影に至った経緯を説明。

しかし、影響力の少ない自分が有名人を相手に、このような動画をアップするということは勇気のいることだと正直な心境も話しています。

フランス人サッカー選手による日本人差別発言とは? 

今回のBebechanで取り上げられている問題の動画とは、サッカーフランス代表であるグリーズマン選手とデンベレ選手が、ホテルの日本人スタッフに対して発言している動画です。そして、その動画はSNSで拡散され「差別発言ではないか?」と物議をよんでいます。

デンベレ選手の釈明

今回の騒動を受けて両選手はコメントを発表。デンベレ選手はInstagramでコメントを発表し「動画の場所(日本)に関わらず、世界中のどこの国でも同じような表現を使っていた。従って特定のコミュニティの表現ではない」としています。

その上で「映像が公のもとになったことで、映っている人を傷つけてしまったかもしれないことは理解しているので、心より謝罪したい」というコメントでした。

グリーズマン選手の釈明

グリーズマン選手はTwitterで「私はどんな形の差別も反対する事を誓っている。私に対する非難を拒絶し、日本の友人を傷つけてしまったのならば謝罪します」というコメントを表明しています。傷ついた人には謝罪するけど、差別は行っていないという意味ですね。

オレちゃんが問題の動画を見た感想は? 

オレちゃんは、自身のYouTubeチャンネルで問題の動画を流しながら、1つ1つのセリフをピックアップして、どういった内容をどういったニュアンスで話しているのか、フランス人の観点で解説しています。

問題の動画は、どういったシチュエーションで撮られたかという説明をしておくと、ホテルで、ウイニングイレブンというゲームをプレイしたいグリーズマン選手が、フランス語に言語を変更して貰うためにスタッフを呼び、設定変更を行っている時の動画です。

撮影時期は、2人の来日時期や動画に映っている風貌から推測すると2019年の動画ではないかと考えられます。

日本人スタッフに対して醜い顔と発言

デンベレ選手が「ウイイレをやるために、こんな醜い顔を呼んで恥ずかしくないのかよ」と発言。恥ずかしくないのかよという言葉は、日本人スタッフに向けた言葉ではなくグリーズマン選手に対して言った言葉だとオレちゃんは説明している。

しかしながら、設定変更のために駆けつけてくれた日本人スタッフに対しての発言としては、不適切な表現としか言いようのないものです。オレちゃんの感想も醜い顔という言葉が差別的発言だと断言して落胆の表情を浮かべていました。

日本語をバカした発言

設定に手間取るスタッフに君たちに対して「君たち先進国なんじゃないの?」「なんだよ、この言語」と発言。この発言に対してもオレちゃんは「解釈の違いはあるのだけれども、かなり人種差別的発言と捉えて間違いない」と断言しています。

完全に一線を越えている

フランス人独特のユーモアは、侮辱的だったり攻撃的だったりする表現が含まれることもあることは事実だが「ジョークと侮辱間には絶妙なバランスがある」とフランス人の特徴を分かりやすく説明しています。

その上で、オレちゃんが感じた答えは「今回の動画は完全に一線を越えた差別的内容」だとして、日本人の事が好きなフランス人として「悲しい」と表現しました。

ユーザーの反応は? 

今回の動画を受けて様々な意見がコメント欄に寄せられています。その内容は「べべちゃんのような人が増えて欲しい」「勇気ある動画をありがとう」「どの国でも無くならない問題」などがありました。twitterではどのような反応だったのか見ていきましょう!

普段は中々考えない事なので、同じく良いキッカケになりました。

公平な立場で扱ってくれている動画は納得感が違いますね!

この問題をきっかけに良い方向へ

今回のニュースをきっかけに、人種差別に対して理解が少ない人もいるので、もっと話し合いをして理解を深め合うようになって欲しいですね。

特に、最近常態化しているアジア人差別の問題について、世界がもっと考えるようなプラスの方向になってくれることをオレちゃんは願っています。

動画の締めの言葉は「フランスと日本の友好をオレたちで繋いでいきましょう」でした。今後も、両国の友好の架け橋となってくれる。そう期待できる締めの言葉です!

サムネイルは以下より:
https://www.youtube.com/watch?v=WuAxz4GJKCQ

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!