竹原慎二と朝倉海がコラボでガチスパークリング! 打倒シバターの本格的スパーリングが話題に!

朝倉海選手と竹原慎二のガチスパーリングが話題になりました。事の発端は炎上系Youtuberシバターによる宣戦布告でした。これに対し竹原は総合格闘技で受けて立つと宣言し、朝倉海のもとでシバター対策のスパーリングの様子が公開されました。

今回の記事では見どころ、竹原慎二の経歴、スパーリングの様子をご紹介します!ぜひ最後まで読んでください!

人気を集める理由はやはり人柄の良さ?

過去にボクシングでミドル級世界チャンピオンに上り詰めた竹原慎二。持ち合わせている身体能力に圧倒される視聴者も多いのではないでしょうか? 様々な経歴を経て、50歳目前で未経験の総合格闘技に挑戦する姿に勇気を貰えるという声も上がっています。

今回の記事ではそのスパーリングの様子、竹原慎二という人間についてご紹介します!

元ボクシングミドル級世界チャンピオンの経歴

竹原は1995年に日本人初の世界ミドル級チャンピオンに輝きました。世界タイトルは24戦無敗の戦績で初挑戦!相手は当時ミドル級王者のホルヘ・カストロ選手でプロ2度目のダウンを奪うものの、両者一歩も譲らない12Rの攻防の末3-0の判定勝ちで見事世界王者に輝いきました!

引退後はバラエティ番組「ガチンコ」のファイトクラブという企画で、不良をボクシングで更生させるスパルタ指導で人気を博しました。

またAmebaブログやフィットネスジム経営など様々な事業をするも、2014年にリンパ節に転移するほどの膀胱癌で医者からは余命1年の宣告。それでも抗がん剤治療を経て2015年にはジム運営やタレント活動を再開し、シバターとの対決に挑みます!

竹原慎二の人間性

試合前の演出としてシバターへの宣戦布告にも過激な対応を見せ、ある種プロレスに近いパフォーマンスで盛り上げています。

こうしたやりとりに「やらせ」と勘繰ってしまう視聴者も多い中、朝倉選手と対面した時にもシバターへの挑発的態度を取るものの、朝倉選手による第三者目線で見たシバターの評価を素直に受け入れている様子。このようなことからも「やらせ」の一言で切り捨てるのは勿体ないかもしれません。

試合前後には朝倉選手への溢れ出すリスペクトは動画を見ているだけでも伝わってきます!ぜひこうした人間性にも注目していただきたいです!

朝倉海vs竹原慎二のガチスパーリング!

竹原は喧嘩・柔道経験から組み合いの展開も心得ている様子。スパーリングでは強気に取り組む姿勢と相まってプロ相手に見応えのある攻防を展開!

抜群の身体能力はもちろん、実戦向けのスパーリングに改善点の洗い出しやアドバイスを素直に受け止める真摯な姿勢にはパフォーマンスを超えた真剣さが伝わってきます。ファンのみならず、多くの視聴者に勇気が湧いてくると思います!

50歳とは思えない身体能力!

今回の動画でまず注目されたのは、竹原の驚くべき身体能力です!ボクシング経験があるとはいえ、癌を患っていたにも関わらずプロ相手に一進一退の攻防を繰り広げます。

竹原はボクシングを始める前の中学1年〜中学3年の約2年間で柔道を経験しており、総合格闘技の経験はないものの絶対的な自信が表れていました。

スパーリングは実戦よりも少ない時間ではあるものの、マウントポジションを取られない体捌きや長い手足を活かした展開で柔道の経験が活きていることがわかります。自信が表れたのも納得のスパーリングとなり、50歳にして未経験分野にも果敢に挑戦できる、人としての強さも伺える内容となりました。

注目のスパーリング

緊張の2分間スパーリング!竹原のフットワークは50歳とは思えない軽快さを見せます。朝倉選手が一気に距離を詰めて足をカチ上げると寝技戦に持ち込まれました。

お互いパンチのラッシュ、朝倉選手が優位な体制を取るもホールド力で耐え凌ぎます。事前に伝授された三角締めのチャンスがあったもののここでゴング!

息が上がる二人の振り返りでは、とにかく竹原のパワー・パンチのスピードが驚異的だったと朝倉選手は絶賛!一方で寝技の時に力が入りすぎていた点も指摘し格闘家ならではの意見交換が行われました。

竹原はボクシングとは違うスタミナの消費の仕方に戸惑いながら寝技に持ち込まれて、逆に有利なポジションを取ろうとする姿勢にも見えました。また体重20キロ差でもモノともしない朝倉選手への敬意も示しています。

SNSの反応は?

動画のコメントでは「50歳で闘病後にここまで動けるのすごすぎる」「世代を超えたトップアスリートがスパーリングしているの夢がある」「朝倉選手に敬語で話す竹原さんの人間性が素敵」と単純に格闘技の技術だけを評価されていません。

年齢関係なくはじめての分野に挑戦したり、素直に教えを乞う姿勢に感動する視聴者が多いようです。

タレントの顔抜きでボクシングへの評価の高さを改めて感じました。

竹原の総合格闘への挑戦はもちろんこの方のようにポテンシャルに驚く声が多く上がっています。

竹原慎二の勇気ある行動に続け!

年齢で人を判断することが逆風にもなっている昨今。しかし竹原の年齢でここまで動ける事や新たな分野に挑戦する姿勢は幅広い年齢層にとって勇気ある行動に映ったのでないでしょうか? 

元プロボクサーという経歴があるもののその地位に居座らず、前進する姿勢に「話題になっているだけ」と切り捨てずに最後まで多くの人に見て欲しいなと感じられました。

サムネイルは以下より:
https://www.youtube.com/watch?v=G9ZWqoTc7b0

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!