素潜りYouTuberマサル、念願のイソマグロと対峙! その成果は如何に⁉︎

素潜りYouTuberマサルが、念願イソマグロを捕獲する動画が話題となりました!どんなに時間を掛けても獲れなかったイソマグロに挑戦! 

マグロの名前に相応しくとんでもない速さで泳ぐ獲物を相手にマサルはどのように立ち向かったのでしょうか? この記事ではイソマグロ捕獲の様子などをご紹介します!ぜひ最後まで読んでください!

本格的素潜りYouTuber vs イソマグロ!

素潜り漁を得意とするマサルの念願だったイソマグロとの対峙の様子は一瞬の出来ことでした。その他にも素潜りプロならではの様子が話題となっています。

何回目かの挑戦にしてようやく巡り合ったイソマグロ!その緊張感は画面越しにも伝わってきます。イソマグロのために新調した銃で果たして仕留めることができたのでしょうか?

いざ尋常に、イソマグロvsマサル!

イソマグロとの戦いに備えてまずは捕獲するための銃を整備することに。道具へのこだわりはまさしくプロ!ここでは道具の整備の様子・イソマグロとの戦いをご紹介します!

道具の扱いを大切に!

まずは素潜りに使う銃を整備するところから意気込みが伝わってきます。今まで素潜りで使っていた銃では、イソマグロに一方的に逃げられると考えたマサルは1から徹底的に整備するようです。

投身にある表面の傷を研磨し、綺麗にすることで物持ちが良くなります。投身の磨き上げでは直接的に捕獲への影響はありませんが、道具を大切に扱うことで道具からもイソマグロをとってあげようという意志を信じるようです!

続いてリールとゴムの新調をします。絡まったリールを巻き直し、銛の射出速度を上げつつ真っ直ぐに放たれるようにしました。またゴムも古くなっていてリール同様に銛の射出に勢いが出ない現状のようです。

イソマグロは速い潮の中でも高速で泳げるため、イソマグロ用に銃に負担を強いるがゴムを3本にしてより速度が出るようにしています。

ついにイソマグロ捕獲!

意気込んで漁を開始するも姿さえ捉えられずに撃沈。それから何度トライしても嬉しい収穫はありませんでした。しかしその時は突然訪れたのです。

海底に潜ること7m程のところにイソマグロの群れ!「3泊4日のサバイバル中に獲れなかった悔しさ」「イソマグロの荒々しさ」「獲れるかどうかの不安」いろんな思いを噛み締めて一発に懸けるマサル。

群れの一匹に狙いを定め、引き金を引き絞り勢いよく飛び出した銛はイソマグロの脳天に直撃!見事に一撃で仕留めてグッドサインが飛び出しました。

鮮度を保たせるための脳天締めと血抜きを行いますが、溢れ出る血は他の魚とは比にならないそうです。帰宅して改めて収穫したイソマグロを見て笑顔がこぼれていました!

イソマグロの特徴は歯と側線

イソマグロはマグロという名前を付けられているものの、学術的にはマグロとは遠い魚のようです。さらにマグロにはない鋭い歯があり、食べた餌を外に出て行かないような役割を持っています。

側線と呼ばれる水圧や水流を感じ取るいわば人間の聴覚器と平衡感覚器の元になるようなものは普通の魚はこの側線が真っ直ぐに伸びているのですが、イソマグロは尻尾の方でうねっている魚。マサル曰く側線に癖がある魚は味にも癖があると言います。

イソマグロを捌いていく!

遂に捕獲したイソマグロ!マサルは魚のカツが好きなようで、今回調理するのはカツ、白子ポン酢、刺身と素材の味を堪能する方向のようです。イソマグロと呼ばれてはいるもののマグロとは似ても似つかない身の具合に苦戦しています。果たして無事に捌くことが出来たのか? 味のレポートも必見です!

水分量の多い身に悪戦苦闘?

イソマグロには鱗がないため、そのまま三枚に下ろしていくことができるようです。まずは内臓の処理。脳天締めが効いているのかエラの色がピンク色でどれほど新鮮なのかが伝わってきます! 食べて消化途中のムロアジが入っていました。次に出てきたのがお待ちかねの白子!魚の精巣でどの魚でも美味しく食べられる部位です。

頭を落としていくとディディモゾイドと呼ばれる寄生虫が至るに繁殖していて、あからさまにテンションが下がるマサル。しかし肝心の身の方には寄生虫がいなかったので一安心の様子でした。

イソマグロの身は水分が豊富で、身が包丁にまとわりついて切りにくそうです。捌いている途中に我慢できなくなり、刺身にして一口ぱくり。感想は脂が乗っているけどしつこくなく食べやすいとのことでした!

つまみ食いを皮切りに調理速度が一気に加速!どうやら刺身を口にして我慢の限界を超えてしまったようで、カツと白子を程よい量だけ作り上げました。

いざ実食!

マサルの好物だというカツから実食!捌いている時ほどの水分量はないものの、その分旨みが強く刺身とは打って変わって筋肉質な食感で美味しいと好評です。続いて食べた白子は、とろけるような食感で鮮度が良いから臭みもなく味も濃厚と白子の良いところがすべて揃っているとのこと。

全体的にイソマグロは美味しくないという声が多い中、マグロだと思って食べると全くの別物ではあるが、白身と赤身の間くらいに味がしっかりしていると美味しく食べられて満足した様子でした。

SNSの反応は?

動画のコメントでは「綺麗にヘッドショットされてるから暴れないで仕留められてる」「目の前に夢の獲物がいるのに、冷静にヘッドショット決めるのすごい!」「道具にも信頼を寄せるのはプロ」と感動と不安が入り交じっていた中でも獲物を仕留める冷静さを賞賛する声が多くありました。

イソマグロ捕獲はファンにとっても嬉しい結果となったようです。

色んな種類の魚を食べるマサルを観てきたファンにとっては安心して観ていられる動画になったようです。

どこまでも続くイソマグロへの挑戦

長い時間を掛けてようやくイソマグロの捕獲に成功したマサル。しかし今回捕獲したイソマグロは5.5kgで中に入っていたムロアジを抜けば4kg台と小ぶりなところもあり、これに満足していない様子。

目指すは大物と言われる50kgもあるイソマグロ! マサルのチャンネルではイソマグロだけでなく、サバイバルをしたり珍しい魚の生態なども見られます!この動画を機会に今後も数多くの魚にまつわる動画に期待したいと思います!

サムネイルは以下より:
https://www.youtube.com/watch?v=18zYCi97tG4

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!