【モンスト攻略】竜魔人バラン【超究極】のギミックと適正キャラランキング、攻略ポイントも解説!【ダイの大冒険コラボ】

モンスト(モンスターストライク)とダイの大冒険(だいのだいぼうけん)のコラボで登場した、竜魔人 バラン(りゅうまじんばらん)「バランの怒り」【超究極】の攻略ページです。
ギミックおよび適正キャラの紹介や、攻略手順の解説をしています。

ダイの大冒険コラボ情報まとめ 登場キャラクター・クエスト・その他情報

竜魔人バラン【超究極】攻略

モンストバラン超究極攻略まとめダイの大冒険


竜魔人バラン【超究極】のギミックとボス情報

ギミック情報

対策が必要なレベルを★で示します。

重要度 ギミック
★★★ 運枠不要
★★★ 重力バリア
★★★ ウィンド
★★★ 属性効果超アップ(1.99倍、全員水属性で挑もう)
★★★ 仲間にふれると攻撃力アップ(かならず1回触れてから攻撃する)
★★★ 内部弱点(貫通キャラのほうがダメージを与えやすいのでオススメ)
★★ SS遅延弾(かなり厄介なので魂の紋章で対策すると楽)
クロスドクロ(すべて倒すとからくりブロックが下がる)
レーザーバリア
友情コンボロック
撃種変換床
減速壁
ブロック
ノーコンティニュー専用ステージ

ボス情報

ボス 属性 種族 キラー
竜魔人バラン ドラゴン なし

大冒険ミッション内容と報酬

本クエストに関連するミッションを掲載します。

ミッション詳細 報酬
「バランの怒り」クリア バランの進化解放
アンチウィンドを持つキャラ2体以内で「バランの怒り」クリア 戦型の書×1

竜魔人バラン【超究極】の攻略ポイント

重力バリアとウィンドを対策しよう

本クエストのメインギミックは2種類あります。
対応できないと動きが阻害されたり、引き寄せられたところに強力な攻撃が放たれるなど、不利な状況になります。全員「(超)アンチ重力バリア」と「(超)アンチウィンド」を持つキャラで挑みましょう。

運枠は不要。強力なキャラを連れていこう

本クエストを1回でもクリアすると、竜騎将 バランから竜魔人 バランへの進化解放が可能になります。
周回を目的としたクエストではないため、運枠を連れていく必要はありません。

全員「貫通タイプ」がオススメ

ボスや雑魚が内部弱点を持つため、攻撃を当てやすい貫通タイプのほうが大幅に有利です。



なお、弱点を持たない雑魚も出現。
貫通ではダメージを稼ぎにくいので、ステージ内に置かれている「撃種変換床」で反射化してカンカンしましょう。

かならず味方に一度ふれてから、敵へ攻撃しよう



本クエストはアルマゲドン【爆絶】や禁忌の獄【17】と同じように、味方にふれると攻撃力が上がる仕様です。(※ふれたターンのみ有効)

攻撃力を上げないと、敵に有効なダメージを与えられません。
どの味方でも構わないので、必ずふれてから敵へ攻撃しましょう。(※ふれる人数は関係無いです)

ボス戦のドルオーラに要注意!



バランがトゲ付きの攻撃で放つドルオーラは、1体あたり約3万ダメージを受ける強力な貫通攻撃です。
もっとも近い味方に向けて撃ってくるので、直線上に味方が固まらないように意識すると被ダメを抑えやすくなります。

ドルオーラを2回撃つと、バランの防御力がダウン!



2回目のドルオーラを放つと同時に、バランに防御力ダウンのマークが付きます。
与えられるダメージを増やせるので、ストライクショットを使う場合はこの時がチャンスです。

攻略に役立つ「わくわくの実」

  • 加撃系全般
  • 将命/兵命削りの力

攻略に役立つ「魂の紋章」

  • 対火の心得
  • 対弱の心得
  • 不屈の必殺(SS遅延を防ぐ)
  • 収監回避(友情コンボロックを防ぐ)

雑魚の攻撃パターン一覧

雑魚の注意するべき攻撃を記載します。なおステージにより攻撃ターン数が異なる場合もあるため、あくまで参考としてご覧ください。

雑魚 攻撃内容

レチリード
中央(もしくは左)
ロックオンレーザー(1ヒット約6,000のダメージ)

魔道士
右:減速壁展開
左:ホーミング(全体で8,000のダメージ)

ロッサ
右上:友情コンボロック(全体で2,000のダメージ)
右下:SS遅延攻撃(全体で約1,000のダメージ)

キュー
左上:防御ダウンブラスト(全体で8,000のダメージ)
左下:ブレス(1ヒット約6,000のダメージ)

騎士
上:白爆発(全体で80,000のダメージ
右下:マーキングレーザー(1ヒット約10,000のダメージ)
左下:斬撃(約10,000のダメージ)

*ダメージは、優位属性で非怒り状態のものです。(怒り状態について)


目次に戻る

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!