その手があったか! 凍らせた「森永の焼プリン」を削ると流行りの“ふわっふわ”かき氷が簡単に作れる!! #アレンジレシピ

おうちかき氷を楽しんでいる皆さん! 氷をガリガリ削ってシロップをかける昔ながらのかき氷もいいですが、今夏は一風変わったアレンジメニューに挑戦してみませんか?「森永の焼プリン」で作る、新感覚かき氷をご紹介します♪

「なめらか♪プリンかき氷」


材料(2人分)
・森永の焼プリン(140g)…2個
・牛乳…200ml
・ケーキシロップ…適量

▼カラメルソースを手作りする場合
・砂糖…80g
・水…140ml

森永乳業の公式サイトで見つけたこちらのアレンジレシピ。凍らせた森永の焼プリンをかき氷機で削るんです。冷凍プリンが美味しいことはもはや周知の事実ですが、それをさらに削るとは…! 普通のプリンではなく“焼プリン”を使うという点がポイントになってきそう。

プリンをもみもみして冷凍庫へ

厚手のジッパー付きポリ袋に焼プリンを入れて形がなくなるまでつぶし、牛乳を加えて混ぜ合わせます。ムラになるかなと思っていたんですが、軽く揉むだけで簡単に潰れるんですね。このプリン液から既にとんでもなくいい香りが漂っています(笑)パンを浸してフレンチトーストにしても美味しそう。




製氷皿に流し入れて冷凍庫で凍らせます。


凍ったらかき氷機に入れて削り、ケーキシロップをかければできあがり! 




カラメルソースを手作りする場合は、砂糖と半量の水を入れて煮つめ、あめ色になったら残りの水を少しずつ加えて火からおろし冷まします。

見た目も食感もいつものかき氷とは全く違う! 

最初にかき氷機から出てきた瞬間、なんじゃこりゃと驚きました。普通の氷を削るとサラサラっとしたかき氷になると思うんですが、プリンかき氷はまるで厚みのあるかつお節(笑)カンナで削ったような形状で、見た目が全く違います。味の付いた氷を削る「台湾かき氷」に近いですよね。


いつものかき氷をシャリシャリ、サクサク系とすると、プリンかき氷はふんわり、なめらか系。口に入れた瞬間の柔らかさはまさに新感覚! 舌の上で少しずつ溶けていくとカスタードの風味がふわっと広がり、プリンそのものの美味しさを楽しめます。牛乳で伸ばしているのですっきりした甘さになっている点もいいですね。削りたても美味しいですし、少し溶けてきても、プリンの風味がグッと増して◎。


あえて焼プリンを使った理由が食べてみてわかりました。焼き目の部分がとても香ばしく、いいアクセントになっています。クッキー入りのアイスを食べている感覚に近い!

ここ数年流行りのふんわり系かき氷が、家庭用かき氷機で作れるなんて感激…! ぜひ皆さんも新感覚の食感をお楽しみください♪

製造者:森永乳業
製品名:森永の焼プリン
購入価格:85円(税込)
参考サイト:
なめらか プリンかき氷 | レシピ | 森永乳業

■毎日更新「カジュアルフード」

コンビニ・ファストフードなどカジュアルに楽しめる美味しい情報を毎日更新中!こちらのページにまとめているので、ぜひご覧ください♪

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!