【テイクアウト】松屋、復活の「マッサマンカレー」食べてみた。まろやかなルーの味わいにチキンとポテトのごろごろ感がマッチした満足の1杯!!

「世界一」が松屋に帰ってきた…!?

2021年9月21日より、松屋にて「マッサマンカレー」の販売が開始しました。さっそくホームページを見に行くと、「世界一美味しいと料理と言われた「マッサマンカレー」が松屋に再登場!」との文言が。

世界一。その言葉を目にするだけで食べずにはいられませんでした。「その実力、見せてもらおうか…!」と少年マンガのモブキャラのごとく燃えたぎった気持ちを胸に、マッサマンカレーの味わいを確かめていきます!

スパイシーな香りが本格さを物語る!


テイクアウトしてきたマッサマンカレーのフタを開けると、部屋中にスパイスの香りが広がりました。おうちにいるはずなのに、外国のレストラン街にワープしたかのような気分になるエスニック系の香りです。そしてルーの中からは大きなチキンが顔を覗かせ、ご飯には松屋オリジナルの漬物が載っていました。こうしてじっくりと眺めながら写真を撮っていると、待ちきれなくなってきます…。

さっそく食べていきましょう!!

まろやかなのにスパイシーなルーの味わい♪

まずはルーだけをいただきます!

うん…おお、スパイシーだ!

ルーをひとくち食べてみると、確かなコクの中にエスニック系のスパイスの香りを感じました。うんうん、おいしい! 喉の奥に少しだけピリリとした辛さが残りましたが、食べ進める上で邪魔をしてくるほどではありません。全体的にココナッツミルクで包まれているため、むしろまろやかさを強く感じます。


筆者は想像よりクセが弱めに感じましたが、それでもエスニック系だとハッキリわかるほど、特徴的な味わいでした。独特の味わいが苦手な方は十分に承知してから注文してくださいね!


具材たちは嬉しい「ごろごろ」具合!

さて、お次はお待ちかねのチキンです!

それではひとくち…うん、やっぱり柔らかい!

大きなチキンは期待通り柔らかく仕上がっており、いくらでも食べられてしまいます…。一度平皿に取り分けてチキンの数を数えてみたところ、なんとこの大きさのチキンが8つも入っていました。贅沢すぎる…!


また具材はチキンだけでなくポテトも入っています。皮付きのポテトも当然のように1つ1つが大きい…!


ちなみにポテトは写真のようなサイズ感のものが3つ入っていました。ちょうどいい割合です。また「ボソボソしてたら食事のリズムを崩しそうだな…」と心配していましたが、中はしっとりして食べやすい仕上がりでした。さすが松屋。

松屋の「ごろごろ」もふんだんに味わえる1杯でした!


松屋のこだわりをおうちで味わう

「具材がたっぷりすぎてご飯が足りなくなりそう…」と心配のアナタに朗報です!

松屋では「マッサマンカレー」の発売を祝して、2021年10月5日の午前10時まで大盛り無料のサービスを実施しています。筆者は大盛りで注文しましたが、ルーとご飯をバランスよく食べられました。すでに食べることを心に決めているならば、お早めのテイクアウトをオススメします!


スパイスの選定・使い方はもちろんのこと、旨み、甘味、さらには粘度や色味にまでこだわりを詰めこんだ松屋のマッサマンカレー。エスニック系の味わいが苦手でなければ、一度食べてみる価値アリですッ!

お店:松屋
商品名:マッサマンカレー彩り生野菜セット
価格:830円(税込)
公式サイト:マッサマンカレー彩り生野菜セット│松屋

■毎日更新「カジュアルフード」

コンビニ・ファストフードなどカジュアルに楽しめる美味しい情報を毎日更新中!こちらのページにまとめているので、ぜひご覧ください♪

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!