【本日発売】ぷにぷにモチっ!!「雪見だいふくみたいなパン」食べてみた! #ファミマ

9月28日(火)から、ファミリーマート限定で「雪見だいふくみたいなパン」が発売されました。「雪見だいふく」といえばおもちのような食感が楽しい、アイスの定番商品ですよね。そんなアイスのパン? が発売されたとあっては食べるしかない!

朝食に「雪見だいふくみたいなパン」を買いに行く!


本日2021年9月28日に、ファミリーマートで「雪見だいふくみたいなパン」が発売されました。雪見だいふくといえば2018年かた通年販売になり、スーパーやコンビニで見かけない日はない商品になりました。あのもちもちが、日本人の心をくすぐるというかなんというか。ファミマも雪見だいふくも40周年のおめでたいコラボとなっています。

朝食にするべく、近所のファミマに午前9時過ぎにやってきました。パンの棚一番上に、ざっと50個はならんだ「雪見だいふくみたいなパン」。赤いパッケージで目立ちまくりです。ちなみに近所のファミマは、火曜発売のパンは朝イチの便で来るそうです(入荷時間等は各店舗にお問い合わせください)。

再現度はいかに!?

「新商品」の文字も眩しい袋を開けると、ふわんとした生地の、ちょっとハンバーガーのようなパンが出てきました。横で見ていた子供が「ハンバーガー?」と聞いてきたくらい。家人には「マリトッツォ?」と聞かれました。知らなかったら何のパンかわかりませんよね。


雪見だいふくの要である求肥は真ん中に挟まれてるのか・・・そりゃ常温で外側があの求肥だったらベトベトになるわ! とセルフツッコミを入れながら上から剥がしてみようとしたのですが、クリームが崩れ落ちそうになったのでやめておきました。


すでにクリームが見えていますが、袋にも「クリームがこぼれやすいのでご注意ください」と書いてあります。上にかかっている白い粉(加工デンプン)がポロポロと溢れるので、それにも注意しながら食べていきましょう。

ふわふわもちもち「常温の雪見だいふく」!?

家にあったので、実際の雪見だいふくと並べてみました。切ってみると説明書き通り、中にクリームと求肥が挟んでありました。パンはしっかりしていて、思ったより求肥が厚い。パン生地もあるから、これくらい厚みがないと食感で負けてしまうのかな。


むむ、もちっとした求肥と、口の中でしゅわっと溶けるようなクリーム・・・これはあれや、公式もオススメする食べ方の「おもちがやわらかくなったら食べごろ」な雪見だいふくや!!


クリーム×2なのでもっと甘いのかと思っていたけれど、口溶けがいいのであっという間に食べてしまいました。パンも軽くてペロリです。朝食にするなら筆者はこれにコーヒーあれば完璧だったな。むしろおやつにぴったりなのかもしれない。

このあと実際にアイスの雪見だいふくを食べたんですが、びっくりするほど似ていました。目を閉じて食べるとクリームがまさにこの味、溶け心地。


味だけではなく食感も似せてくるとはかなり高度なコラボ・・・ファミリーマートでしか食べられないこの「雪見だいふくみたいなパン」、気になる方は棚から無くなる前に手に入れて食べてみてくださいね!

お店:ファミリーマート
商品名:雪見だいふくみたいなパン
価格:145円
公式サイト:雪見だいふくみたいなパン |商品情報|ファミリーマート

■毎日更新「カジュアルフード」

コンビニ・ファストフードなどカジュアルに楽しめる美味しい情報を毎日更新中!こちらのページにまとめているので、ぜひご覧ください♪

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!