宮迫博之、青汁王子と対談! テレビ復帰について物申す!

宮迫さんが青汁王子こと、実業家の三崎優太さんと対談することになりました。どちらも過去にやらかしたことがあるもの同士。宮迫さんのテレビ復帰や、青汁王子の脱税裏話について語ります。果たしてどういった内容だったのでしょうか。ぜひ最後までご覧ください。

対談の経緯について

青汁王子から宮迫さんへ物申したいとのことで今回実現した対談。世間を騒がしたこの両名の対談、和やかに話が進むことはないでしょう。そもそも2人はどのような関係なのかと言いますと、はっきり言ってほぼ初対面です。

以前YouTuberヒカルが宮迫さんと共に青汁王子の家へ突撃した際が初対面となりました。今回が2回目となりますが、1度目は宮迫さんが青汁御殿の豪華さに圧倒され、じっくりと対談できる状態ではなかったようです。

青汁王子ってどんな人?

青汁王子について皆さんはどこまでご存じでしょうか。2019年の脱税、逮捕起訴されたことで一躍世間にその名を轟かせたことはご存じかと思います。その彼のプロフィールですが、現在の職業は実業家兼投資家といったところでしょうか。

2017年に名前の由来となった青汁の通信販売を行い驚異的な売り上げを叩き出し、以降脱税発覚までメディアへの露出が多々見られました。釈放後は投資家や会社経営を行いつつ、SNSへ精力的に取り組んでいます

宮迫さんへ物申す!

宮迫さん、もうテレビに出る必要ないのでは?」と対談冒頭、青汁王子から繰り出されたのは意外な一言でした。同様の意見についてファンやコメントより多々あったらしく、宮迫さんとしてもそのように考えなかったわけではなかったようです。

しかしこれまで芸歴30年以上にわたりテレビに出演してきた宮迫さんとしては未練のようなものが存在し、なかなか割り切れない思いがあるようですね。しかし青汁王子はなぜこのような発言をしたのでしょうか。

今はタレントよりYouTuber?

青汁王子としては現在の宮迫さんの姿についてやりきれない、どうにかして欲しいという気持ちがあったようです。今回物申すにあたり青汁王子は「青汁王子」ではなくいち経営者として今の宮迫さんについてもったいないと感じたとのこと。

青汁王子の持論として、今はテレビタレント、芸能人よりもYouTuberのほうが影響力が大きいと断言します。そのため宮迫さんのコンビ解散報道時にて、他の芸人が宮迫さんを否定する発言したことについて違和感を持ったとのこと。

事実芸能人がYouTubeに参入し、宮迫さんほどの実績を残せていないのが現状です。しかし宮迫さんとしてはそれを理解しつつも完全同意できない様子。

上記のようにテレビに未練があり、さらにYouTube1本で生きていくことについて不安がある、というのが本音のようです。まだまだ割り切れないようですね。

宮迫さんから青汁王子への質問は?


青汁を売る必要はなかった?

青汁王子からの物申しが済み、続いては宮迫さんから青汁王子への質問です。そもそも青汁王子とは何なのか、と今更ながらの質問をされています。それに対しての回答がまたもや以外でした。

売るのは青汁でなくてもよかった」。青汁王子が得意としているのは物を売るためのマーケティング能力であり、商品については特にこだわっていなかったとのこと。

通常商品を売る際、営業には生産者が業者に発注し、それを通して消費者が購入するという流れです。しかし青汁王子の場合は自らが営業を行うことで直接消費者に購入してもらうというマーケティング手法を取り、結果それがヒットに繋がりました。

この結果よりYouTubeなどSNSで自らが広告塔となることがマーケティングとして有効であることを理解し、現在までその活動を続けていたようですね。

まさかの飲食店コラボ?

続いては飲食業界の話題について触れられています。以前の宮迫さんの動画にて、今後は飲食業界を応援したいと宣言していました。その活動の一環として焼き肉屋をYouTuberヒカルと共同経営する計画があります。どうやら青汁王子も同様で、近々ハンバーガー店を出店することを明かしました。

さらの驚くべきことにその店舗が焼き肉屋のご近所とのことです。これは将来的にコラボを期待してもよいのではないでしょうか。

脱税裏話について

話はいよいよ大詰めです。青汁王子の脱税について本人の口より語られました。当時、青汁王子は14億4000万円の税金を納めていましたが1億8000万申告漏れとなり、脱税扱いとなっています。

青汁王子が言うには恩義ある先輩を助けるため、この脱税分のお金を振り込んだ結果、脱税に使われたというのです!

その後、修正申告もできずみせしめ的な意味合いも込めて半ば無理やり刑事告発されたとのこと。それまで高級車や馬を買うなど成金的なイメージを世間が持っていたことも、逮捕の流れを後押ししたのではないかと語ります。

失敗からの這い上がりについて

脱税、闇営業問題、どちらも世間の信用を失うような罪を犯してしまった両名。共通するのは本人には罪を犯しているという自覚がなかったという点です。それぞれ当時のことを振り返り、どん底の心境を語ります。

宮迫さんはその時の状況をそり断つ壁と表現しました。上が見えず、壁に手をかけてもその手を振り払われるというのです。

覚えがあるのか、青汁王子も大きく頷き「分かります」と宮迫さんに寄り添うように同意します。どん底を経験した2人だからこそ共感でき、分かり合える心境といったところでしょうか。

ファンの反応は?

ファンの反応はどうったのかSNSを見てみましょう。

青汁王子の宮迫さんに寄り添う姿が好印象だったようですね。

どちらも人生のどん底を知る者同士、互いに良き理解者となるのではないでしょうか。

自分の声を伝えられるYouTube

しかしそんな逆風のなかで助けとなったのがYouTubeです。テレビや雑誌ではその真偽に関係なく報道されています。これに反論する機会についてひと昔前では存在しなかったことでしょう。しかし現在ではYouTubeをはじめとしたSNSがあります。

自らの声で世間に発信できるというのがこれらの強みであり、お二人の場合これらを活用したからこそ救われた部分もあったようですね。

自分が納得できない報道に対しては自分の声で訂正することでそれに理解を示してくれる人が徐々に増え、それが今の原動力なっていることでしょう。だからこそ現在でもこうした活動に注力する両名。

特に最近の宮坂さんの場合それが顕著に見られます。結果、訂正動画が多々発生し、他の企画物より再生数が伸びるという悩ましい事態にもなっているようですが。

宮迫さんと青汁王子の今後の活動に期待!

今回は宮迫さんと青汁王子の対談動画についてまとめました。対談の締めでは「批判的な人達を見返してやりましょう」と誓い、互いにエールを送りあったお二人。今回の対談はファンの方はもちろん、そういった人たちにも視聴してほしいですね。

少しでも彼らのことを理解してくれる人が増えればいいなと筆者は感じました。お二人の飲食店オープンも楽しみですね。今後も引き続き応援していきましょう!

サムネイルは以下より:
https://www.youtube.com/watch?v=sfomZfktQyM&list=WL&index=10

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!