【ポケカ】今一番話題のデッキ!CL京都ベスト4「うらこうさく型クワガノン」のプレイヤーにインタビュー!

10月3日(日)に京都パルスプラザにて、ポケモンカード公式大型大会「チャンピオンズリーグ2022京都」が開催されました。

今回この大会で完全ノーマークのデッキタイプにも関わらず、見事ベスト4に輝いたのはこちらのデッキです!

  • クワガノン×4
  • デンヂムシ(バッテリー)×4
  • アゴジムシ×4
  • カビゴン×1
  • メッソン×4
  • ジメレオン(うらこうさく)×4
  • インテレオン(うらこうさく)×2
  • インテレオン(クイックシューター)×1
  • レベルボール×4
  • クイックボール×3
  • レスキューキャリー×4
  • 回収ネット×3
  • ふつうのつりざお×1
  • ポケモン通信×3
  • ふしぎなアメ×4
  • しんかのおこう×4
  • マリィ×4
  • 博士の研究×1
  • エリカのおもてなし×2
  • キャプチャーエネルギー×3

大会戦績

予選全勝(予選1位通過)
本戦2勝1敗のベスト4

 

数々のデッキを倒した、チャーさん(@tJ4cMLk9h09oMPV)にこのデッキに関して直接お聞きしましたのでご紹介いたします。

デッキ選択の理由

実は直前までケケンカニVのデッキを使いたいと思っておりましたが、勝率が悪かったため友人に相談したところ、友人の勧めもありクワガノンを選択しました。

三神、連撃ウーラオスが環境に少なく、それに伴いベンチバリアのミュウもいないという読みも選択理由となります。

デッキの強み

デッキの強みとしてはいくつかあり、

・ルールを持たないという点
・環境に多いスイクンの弱点をつける点
・ベンチバリアのミュウがおらずベンチ狙撃が強い環境だった点

この全てが現環境において追い風であったと思います。

プレイングで特に意識する点

すべてのデッキに通ずることですが、『どのポケモンでどの技を何回使わなければならないか』を考え、その上で逆算し今のターンの行動を決める必要があります。

特に本デッキではデンヂムシを通常進化する択もあるので、相手の動きを予想した上で最終プランまで読みきる必要があります。

自分はこの手のデッキを回しなれているため、おおよその感覚で回せますが、Vmaxに親しんだ方だと苦労する点かと思います。

ポケカプレイヤーの方々に一言

近年、強いカードが増えた反面、大会などでも面白いデッキと対戦する機会が減ってしまっております。

このデッキが皆さんのデッキ作りの一助となれば幸いで、出来れば大会などで面白いデッキを是非見せてもらえたらと思います。

最後に

本大会で一番熱いデッキで、不利を取るのは、三神もしくはルールを持たないポケモンを主体としたデッキくらいではないかと思います。

裏工作が軸のデッキのため安定性も高く、今後シティーリーグやトレーナーズリーグでも見かける様になるのではないでしょうか。

ベンチバリアが環境的に減少していることをうまく読み切って、結果を残したチャーさんに心からお祝い申し上げます。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!