コムドットコラボウィークの裏側! やまと&あむぎり不仲説を語る!

年内登録者数300万人という目標を掲げる5人組YouTuberコムドット。地元の友達で構成されたメンバーは動画内からも仲の良さが伝わり、男子高校生のような無邪気なノリに心掴まれるファンは多数。

そんな彼らは、チャンネル登録者運動会に出場しているYouTuberとのコラボウィークを終えてその裏側について語りました。その中でも、ある動画内の影響でメンバー内の不仲説がファンの間で囁かれていることについてメンバーが真相を話しています。ファンの反応と共にその内容について解説!ぜひご覧ください!

女性3人組YouTuber、くれまぐとのコラボ

コムドットは登録者数1000人にもいかない時に登録者数を増やすために街で色んな人にチャンネル登録をお願いしていました。その時に偶然街でくれまぐのエアとUraNに話しかけたそうです。

くれまぐもその当時すでにYouTuberとして活動しており「いつかコラボしよう」と話しお互いのチャンネル登録をして別れました。そして互いに今では人気YouTuberとなりコラボが実現。

一見簡単そうに見える話ですが、YouTube戦国時代と言っても過言ではないほどYouTuberが増えた今、実際に有言実行できた2組には驚きです。相当な努力他のYouTuberとの差別化が成功したということでしょう!


くれまぐコラボ動画で囁かれ始めた不仲説

そんなコムドットとくれまぐのあるコラボ動画に対し、視聴者からたくさんの反響がありました。それはコムドットのメンバー、あむぎりとやまとの不仲説です。

仲が良いことに定評があるはずのコムドットになぜそんなことが言われ始めたのでしょうか?

あむぎり膝立ち事件とは?

動画の内容はコムドットとくれまぐが深夜の学校内でお泊り会をし、それぞれお酒を飲んだりお菓子を食べたりなどゆるい動画でした。そんな中でメンバーのあむぎりが動画内で最初から膝立ちをし続けていることに対して多くの視聴者が指摘しました。

確かに動画を見ていても他のメンバーは全員一列で座っているのに対して、あむぎりだけが一歩後ろで一人膝立ちをしています。途中で列に入り座る場面もありましたが、やまとが笑いながらあむぎりが座るスペースを無くしてしまい再びあむぎりは膝立ちをすることになりました。

この動画だけを見てしまうと確かに違和感を覚えてしまう人はいるかもしれません。しかし、普段からコムドットの雰囲気を見ていたら気にならない人もいると思います。

ファンの声に、メンバーの切実な本音とは

悪意は全くなかったというのを前提にメンバーたちがそれぞれ本音を語りました。

普通に1個のノリとしては面白い」と、やまとは拡散されている作られた嘘の内容の動画に対してもポジティブに捉えていますが、一方で「こういう誤解を生む情報を流すのはやめてほしいガチで」「チームの勢いにも影響する」とあむぎりが本音を語りました。

TikTokではまるで本当に仲が悪く見えるように動画を切り取られており、コムドットを知らない人が見てしまえば信じてしまう人もいるでしょう。年内登録者数300万人を目指すコムドットからすればこの噂話を拡散されるのはかなりの痛手だと思います。

あむぎりの本音も結局「言わせてる」という風に捉えられてしまうので結局どうしたらいいかメンバー自身も困惑していました。


「5人いるから難しいんだと思うよ」

ゆうたは5人いるからこそ比較で悪く見えてしまうこともあると語りました。あむぎりとやまとの間でのノリは他のペアの間ではしません。逆もまた然りです。しかし、それが視聴者にとっては悪く見えてしまうのでしょう。

15年以上も共に過ごすメンバー間での普通が、視聴者にとっては普通ではないことがこうなってしまう理由の1つだと思います。「伝わり方が難しい」とメンバーが本音を零すように、こればっかりは伝わりにくいものなのかもしれません。

コメント欄での視聴者からの反応は?

このメンバーが命名した「あむぎり膝立ち事件」の本音動画に対して視聴者は、「15年の仲なら、私たちに分からない深い絆があるだろう」「コムドットは5人で1つ」「リスナー側から見える部分、演者側から見える部分の違いって難しい」など様々なコメントが寄せられました。

コメント欄には励ましの声がたくさん溢れており、メンバーからの想いが視聴者にきちんと伝わっているようで良かったです!

このコメントのようにコムドット独自の空気感も理解している方もたくさんいました。拡散された噂に惑わされずに彼ら自身の声に耳を傾けてほしいですね!

視聴者でもこのような冷静な分析をする方もいます。いじり貶しの許容範囲というのは確かに人それぞれなので難しいところです。一方でそれを理解してほしいというコムドットの切実な意見にも共感できます。

こういった応援コメントも多数!コムドットが愛されていることがよくわかりますね!

「普通」は人それぞれ、共感できなくても理解を

人気者だからこそちょっとしたことが取り上げられてしまうこともあるでしょう。しかし、それを鵜呑みにせずにそれに対して語るコムドットの心の声に耳を傾ける人が少しでも増えることを願っています。そして年内登録者300万人という目標を達成できるように応援していきましょう!

サムネイルは以下より:
https://www.youtube.com/watch?v=HKI-kdYSsgc

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!