東海オンエアが生放送で東海オリンピックを開催! 想像を絶する対決内容に視聴者からは驚きの声

東海オンエアが生放送で、東海オリンピックを開催しました!競技内容は文理に分かれて戦うバドミントン対決で、1ゲーム1000点先取で行われるという驚きのルールでした(笑)。

体力も時間も削られる中、東海オンエアは最後まで戦い抜くことはできたのでしょうか?東海オリンピックの内容、勝負の様子、SNSの反応を徹底解説します!

東海オリンピックを開催!

東海オンエアが開催した東海オリンピック、詳しい内容をみていきましょう。

競技内容は?

競技はバドミントンで、てつや、としみつ、ゆめまるの文系と、しばゆー、りょう、虫眼鏡の理系に分かれて対決していきます。ルールは1ゲーム1000点マッチで、通常の点数のおよそ50倍に設定しているのだとか。

プレイするメンバーは誰を出しても何人出しても良く、細かいことは気にしないというルールになっています。しかし1000点取るまでは終わらないという過酷なルールに変わりはなく、ルールを聞いた時にはメンバーも転げ落ちていましたね(笑)。

過去には24時間剣道で対決

東海オンエアは過去に24時間剣道対決という企画を行ったこともありました。「24時間剣道をし続けたら何本取れるのか?」と疑問を持ったことから、このような内容を企画したのだとか。

その企画の参加者はメンバーがそれぞれ一週間〇〇生活や24時間〇〇生活という縛りのある生活を考えて生活し、一番楽だった二人を参加者として選ぶことしたそうです。選ばれたのはてつやととしみつで、睡眠も挟みながら24時間剣道をし続けた結果、71対93でてつやが勝利しました!

勝負の様子は?

過酷な1000本マッチバドミントン、一体どのような展開になったのでしょうか?勝負の様子をみていきましょう。

2対1で勝負開始!

最初は理系はりょう一人、文系はてつやとゆめまるの二人で対戦が始まりました。理系は二人の体力を温存するという作戦で、文系は特に作戦はないようです(笑)。サーブはりょうからで先制点は文系に入りました!

序盤からゆめまるのスマッシュが決まったり、人数的に有利なこともあり、文系がリードします。しかしりょうも負けじと長い手を活かして反撃し続け、先に30点に到達しました!

選手交代

開始から約10分経ったところでゆめまるが疲れてきたため、としみつと交代することに。としみつは試合に出れて嬉しいのか後先考えず、てつやと一緒にふざけ始めます(笑)。ゆめまるから「疲れるってー」と怒られながらも試合を続けていきました。

一方理系は虫眼鏡を投入します。しかしゲームに慣れていないため、りょうもそのまま参加してもらうことに。段々ゲームに慣れ始めた虫眼鏡は前衛でボレーを決めたり、りょうは後衛でラリーを続けるなどして理系のチームワークを見せつけます!

勝負は総力戦に!

てつやととしみつが抜け文系がゆめまる一人になったことを見計らい、理系は一人で戦っていたりょうの元に虫眼鏡としばゆーが参入。3対1になるかと思いきや、休もうと思っていたてつやととしみつがコートに戻ってきて文理総力戦となりました(笑)。

白熱した戦いを続けていく両チーム、先に中間点の500点に到達したのは文系でした!あと半分戦いが残っていますが、メンバーはかなり疲れている様子でしたね(笑)。

ここまで勝負の様子を紹介しましたが、他にも見どころがたくさんあるので、ぜひ本編を見てみてください!

勝負の結果は?

8時間を超える死闘を続けた結果、先に1000点を取り勝負を制したのは文系でした!最後はゆめまるの渾身のスマッシュで1000点目を決め、1000対972の28点差で勝負を終えました!

見事な戦いぶりで、勝負が決まった時はオリンピックと同じくらいの感動がありましたね!メンバーの体が無事なことを祈りましょう(笑)。


SNSの反応は?

続いてSNSの反応を紹介します。

この方はこの企画が面白すぎるとコメントしています。東海オンエアの企画は想像できない驚きの企画ばかりなので、次はどんな企画なのかとワクワクしますよね!

この方は楽しそうとコメントしています。大変そうですが、東海オンエアがやっていると楽しそうに見えてしまうのが不思議です(笑)。1000点は現実では難しそうなので、100点マッチでも楽しめるかもしれませんね!

この方はやりたくなったけど1000点はキツ過ぎるとコメントしています。終わる頃には全員ヘトヘトで疲れ果てていましたね(笑)。ですが勝利した文系チームの、1000点も取ったという達成感は凄そうでした!

東海オンエアの活動に今後も注目!

今回も驚かせるような企画で、視聴者を魅了してくれましたね!今後も予想できないようなことを企画してくれるのを期待しましょう!今後の活躍からも目が離せません!最後まで読んでいただきありがとうございました!

サムネイルは以下より:
https://www.youtube.com/watch?v=QVmzbyPRs3g

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!