【テイクアウト】松屋の「ビーフ牛プレめし」は想像以上のビーフ感で満足度の高い1杯でした!

ドンブリではなく平たいお皿に盛り付けられ、箸ではなくスプーンで食べることを想定された、新しい牛めしのスタイルです。牛めしを洋風に食べるというコンセプトのようですが、これはもしかしてハッシュドビ…いえ、余計なことを考えず、おいしいのかどうかしっかり確かめていきましょう!!

ワンプレートじゃない…!?


さっそくテイクアウトしてきました。器はお馴染みの牛めしと同じく、ご飯とビーフシチュー風の特製ソースが別の容器に収められています。持ち帰りの場合は流石にワンプレートとはいかないようですが、分かれた容器からは新商品を美味しくいただくための配慮が感じられました。

それではいよいよ、ビーフ牛プレめしをいただきます!

牛バラ肉も入った本格派!

それでは、ビーフ牛プレめしをいただきます!

うん…おお、お肉と特製ソースの相性がバッチリだ!


牛スライス肉は相変わらず柔らかく、赤ワイン風味の特製ソースとよく絡み合っていました。相性はバツグンです。思わず口に運んだ瞬間に「あ〜コレコレ!」と言ってしまうような満足感でした。そして食べ始めてから気づいたのですが、牛スライス肉だけでなく「牛バラ肉」も入っているようです。


おお、本格的なビーフシチューだ…と感動しながらひとくち。よく煮込まれた牛バラ肉はホロホロで、口の中から瞬く間に消えてしまいました。牛とビーフ、どちらの文字も取り入れた商品名に偽りのないこだわりです。

ただし「味は濃いめだな」と感じました。

ソースが想像よりやや少なめであるため、味が濃すぎて最後まで食べきれないわけではありません。バランスは取れていると感じました。しかし味は思いのほか濃いめであり、ソースが少なく感じる、という点は人によって賛否が分かれるかもしれません。購入を検討している方は、頭の片隅に入れておいてください!


まさかの半熟卵…!

今回注文したのは「ビーフ牛プレめしエッグソーセージ彩り生野菜セット」です。メインのビーフ牛プレめしの他に生野菜サラダ、そしてエッグソーセージが付いてきました。


どうしてエッグソーセージなんだ…と思いましたが、あなどることなかれ。思いのほか相性が良いんです。とくに半熟の目玉焼きにおいては、味付けが濃いめのビーフ牛プレめしと一緒に食べると口当たりをまろやかに変化させてくれました。エッグソーセージと生野菜のセットはぜひともオススメしたいオプションです!


空腹の時には大盛がオススメ♪

ビーフ牛プレめしは、注文の段階で並盛と大盛が選べます。濃い味付けにより食が進むため、並盛だとやや少ないように感じました。お腹が空いている日には大盛という選択肢があることを覚えておいてください!



松屋の「ビーフ牛プレめし」は、松屋に新しい風を吹かせるような新商品でした。本格的なビーフシチュー風のソースは1度食べてみる価値アリです。単品注文でワンコインランチにするもよし、エッグソーセージをつけてちょっと豪華なランチにするもよし。ぜひともテイクアウトしてみてくださいね!

お店:松屋
商品名:ビーフ牛プレめしエッグソーセージ彩り生野菜セット
価格:並盛690円(税込)/大盛840円(税込)
公式サイト:ビーフ牛プレめしエッグソーセージ彩り生野菜セット│松屋

■毎日更新「カジュアルフード」

コンビニ・ファストフードなどカジュアルに楽しめる美味しい情報を毎日更新中!こちらのページにまとめているので、ぜひご覧ください♪

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!