フィッシャーズシルク、YouTube低評価非表示についての意見は? 「もう少しボタン」を新提案⁉︎

フィッシャーズのリーダー、シルクロードがYouTubeの低評価数非表示について率直な感想を述べました。多くのYouTuberが反応した今回の騒動、果たして人気YouTubeグループのリーダーはどう思ったのでしょうか。SNSの反応と共に解説します。

低評価ボタンとは?

まず低評価ボタンとはどういった機能なのでしょうか。低評価ボタン、またはバットボタンなどと呼ばれるこの機能は動画視聴者がその動画に対して、面白くないといった理由により、その動画を評価するためのボタンです。

反対に高評価ボタン(またはグッドボタン)も存在しており、こちらは動画が面白かった際に主に押される機能となります。この2つのボタンは動画再生数に加え、その動画を評価するうえで非常に重要な要素です。動画投稿者にとっては高評価を増やし、低評価を少なくすることが目標の1つといってもよいでしょう。

低評価ボタンのメリット、デメリットは?

投稿者にとって低評価ボタンのメリットは、動画の客観的な評価が数値として見れるという点です。視聴者がどういった動画を好むのかどうかを判断でき、今後の動画作成の参考なりますね。一方のデメリットはなんといっても動画投稿者側のメンタルに影響を与えてしまう点でしょう。

あらし目的やアンチにとってこの機能は格好の標的です。ろくに動画を視聴せず、ただ動画投稿者が嫌いというだけで低評価ボタンが押されてしまう場合があります。これによって投稿者は動画の良し悪しに関係なく、悪意を向けられているという気持ちになるのです。

また、投稿者のことをよく知らない人その動画を評価するとき「低評価数が多いからつまらない」といったいわれなき評価を受けてしまう恐れもあります。今回の非表示対応によってこうしたメリット、デメリットへどのような影響があるのかが注目されますね。

低評価数は気にしていない?

「YouTubeから低評価数が消える」拍手と共にこの結果を喜ぶシルクロード。全面的に今回の件については賛同の意思を示しています。シルクロードとしてはそもそもこの低評価、という機能について普段からあまり気にしていないようです。

フィッシャーズは過去の動画で5、6万数の低評価数を受け、周囲から「炎上しているのでは」と心配されたときも、低評価数が原因ではないと考え、気にないようにしていました。これらもひとえに自身の心を守るためです。

YouTuberとして活動経験が長いシルクロードはそうした良くないことについてよく心得ているようでした。しかしそうした考えであってもやはりついつい気にしてしまうこともあるようでそれが今後無くなるのであればそれは歓迎すべきことだと評価しています。

コメント欄が荒れることについて危惧

今回の件について喜ばしい一方で危惧することもあります。それはコメント欄が荒れることです。低評価数の表示が無くなることであらしやアンチといった悪意をもっと人々が別の手段によって動画に悪影響を与える恐れがあります。真っ先に考えられるのがコメント欄でしょう。

これまで気軽に低評価ボタンを押せるだけで済んだところ、今度はより具体的悪意をもったコメントによってその動画や投稿者へ攻撃する可能性があります。シルクロードは「ストレスの吐け口としてコメント欄を扱ってほしくない」と切実に訴えるのでした。

もう少しボタンを提案

「低評価ボタンという響きが良くなかったのでは」と分析するシルクロード。低評価ボタンではなく、「もう少しボタン」を提案しています。学校の通知票のように大変良くできました、良くできました、もう少し、といった評価される側がポジティブに評価を受け取れる意味合いの言い回しはどうでしょうか。

動画の品質向上、投稿者への正当な評価に繋げることができることでしょう。今回の低評価数非表示に代わりこうした投稿者、視聴者どちらもが気持ちよくYouTubeを楽しめる機能が増えることを望むのでした。

低評価ボタンが非表示になったらどうなる?

今回の結果によってYouTubeがどのように変化するのかは誰にも分かりません。しかしいつか未来で「昔は低評価ボタンというものがあった」「そんなのあったの?」という会話が視聴者間でされているようであれば今回の件は正解だったと言えるのではないでしょうか。

そんな未来を期待するシルクロード。「動画投稿者が活動しやすくて楽しい場所になる」そう願わずにはいられません。

ファンの反応は?

ファンの反応はどうだったのでしょうか。SNSを見てみましょう。

シルクロードの言葉に感銘を受けているようです。動画投稿者の皆さんへのエールとなると良いですね。

コメント欄が荒らされることについて危惧するファンもいますね。このようなことにならないことを望みます。

視聴者、クリエイターどちらもが楽しめる場にしましょう!

低評価数非表示によって1人でも多くの動画投稿者が気持ちよく活動できることを願うばかりですね。そして動画投稿者が気持ちよく活動できることで良い動画は生まれ、結果、視聴者をより楽しませてくれることでしょう。

シルクロードは今回の件も含め、引き続き1人のクリエイターとしてYouTubeと共に未来を考え続けると締めくくっています。今回の件によって今後彼らの投稿する動画にプラスに影響があることを望みたいですね。

サムネイルは以下より:
https://www.youtube.com/watch?v=qmEWvp7p0qU

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!