【モンハンライズ】ヌシの心は狩り心!? 獄泉郷に集まった3頭を討伐して10個の称号をゲットしよう

アオアシラ、リオレイア、ディアブロス、3頭のヌシを討伐するイベクエに挑戦

 

本日2021年12月10日(金)、Nintendo Switch向けソフト『モンスターハンターライズ』の最新イベントクエスト“称号・ヌシの心”の配信が始まった。

ターゲットはヌシ・アオアシラ、ヌシ・リオレイア、ヌシ・ディアブロスの3頭。10個の特別な称号が今回の報酬だ。

所狭しと駆け回る3頭のヌシだけど、単独で登場するやさしい設定。

個々の注意点と10個の称号について紹介していくぞ。

追いかけっこのないストレスフリーな獄泉郷

重大事変を経験した後の安心感

今回は3頭がターゲットのイベントクエストなので、いずれも体力が低くチャレンジしやすい。

最初に登場するヌシ・アオアシラは通常個体なので攻撃力も控えめ。

多くのハンターが悲鳴を上げたイベクエ“アオアシラ重大事変”の後だととくにかわいく感じられるレベルだ。

▲両手を振るいハンターを追い回す連続攻撃に注意。接近戦が強いられる剣士は背後に向かって回避しよう。

 

上空にハンターをかち上げ追い打ちをかけてくる連続引っかきアッパーは、1回目の攻撃を受けた後すばやく翔蟲で受け身を取ること。

対処が遅れると2回目を受け力尽きてしまう可能性もあるので十分気をつけたい。

▲ハンターとの距離があるときに行う岩飛ばしは攻撃範囲が広い。地面を掻き上げる予備動作を確認したら左右に避けよう。

 

2頭目のヌシ・リオレイアで注意したいのは、うねるように空を舞うサマーソルトと各種猛毒のスリップダメージだ。

設置型の猛毒をそこら中に撒き散らすので、どうしたって不意に接触してしまう。

解毒薬を必ず準備、マルチプレイの場合は漢方の粉塵で仲間をサポートするくらいの心構えも悪くない。

▲ハンターを追いかけながら迫るサマーソルトは猛毒のおまけ付き。尻尾を切断できればサマーソルトの範囲を狭め、猛毒の設置を防ぐこともできる。

 

2連続で行うサマーソルトは範囲が広いのはもちろん、1度目を向かって左に、2度目を右に尻尾を振るうため翻弄されてしまう。

また、怒り状態のときはさらなる攻撃で追い打ちをかけてくる。

回避が苦手だというハンターは無理せず落ち着くまで離れておくのも作戦の1つだ。

▲ヌシといってもリオレイア。ブレス中の頭部を横から狙えたり、疲れやすかったりするのはこれまでと同じ。最初は暴れ放題でもすぐに反撃のチャンスがくるので、経験が浅いハンターも安心してほしい。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!