東海オンエアの人気企画! 文系チームVS理系チーム対決が再び! 100片ものニンニクを食べる姿は爆笑必至!

いつも楽しい動画を投稿している東海オンエア。今回の動画はあの人気シリーズということもあり、現在注目を集めていることをみなさんはご存じですか? 文系チームと理系チームに分かれて、「ニンニクを多く食べたチームが勝ち」という勝負をするのですが、制限時間が30分のため、ゲテモノと化したレシピも登場します。

東海オンエアのおもしろさはもちろん、ニンニクを食べすぎるとどうなるのかも分かる動画に仕上がっているので、本記事とあわせてぜひお楽しみくださいね!

文系VS理系シリーズの歴史

想像だけでコーラを作ったり、泥水をろ過して飲んだり、香水を作ったりと、戦いの内容はバリエーション豊か!実験をしているような部分があり視聴者のワクワクを誘いますが、しばゆーの暴走や、文系チームの知識不足だったりもあるため、穏やかに事が進まない点がおもしろすぎると評価されています。

そして、東海オンエアのトーク力は地上波のバラエティー番組に匹敵するともいわれているので、ゲラゲラ笑いたいという欲求があるときにもよく見られているチャンネルといえるでしょう。

今回の動画の概要は?

「30分間でニンニクたくさん食べた方が勝ち対決!」というタイトルですが、動画内では「食べすぎたら…大変!大変!お腹を壊すのは…勘弁!勘弁!ニンニク何片食べれるの?対決!」という熱のこもったネーミングを発表しています。

生で食べても調理をして食べてもいいというルールですが、調理時間も制限時間に含まれているというのが難点です。おいしく食べたいけれど、時間がないという問題を克服することはできるのでしょうか。

今回の企画は無謀!?

適量であれば身体によいとされているニンニクですが、大量摂取となると話は別です。血圧の低下やめまい、吐き気などの症状を引き起こすこともあるといわれています。

適量は1日4片といわれおり、大量摂取の目安は10片からという認識が一般的のようです。しかし、東海オンエアが4片で満足するとは思えませんよね。日々特殊な訓練で鍛えている(?)東海オンエアが見せる奇跡の14分の概要、徹底解説いたします!

文系チームの様子は?


【文系チーム】調理開始! 

文系チームが作るのは、ニンニクポタージュ。煮込んだり、混ぜたり、ミキサーにかけるだけなので、簡単な調理工程で済むレシピです。料理上手なゆめまるがいるということもあり、不安要素なく作業ができていたように感じます。

ただ、全力でふざけたいとしみつやてつやがいるので笑い要素もしっかりとありましたよ。としみつはアツアツの鍋にしずんだスプーンを素手でとる姿も見せてくれたのですが、最近の彼は人間離れをしているように感じます。特殊な訓練の成果なのでしょうか。てつやも驚いていましたよ。

【文系チーム】実食! 

「なにこれぇ~」「まじぃ~」という悲鳴もあったため心配もしましたが、とてもおいしい仕上がりになったようですね。ゆめまるの秘儀、ニンニクの高速皮むきが功を制したのでしょう。皮むき時間の短縮ができたため、火がきちんと通ったおいしい一品が完成したようですね。

そのため、3人そろってパクパク完食です。使用したニンニクは101片。筆者の10年分のニンニクの量ともいえる、信じられない数を彼らは30分で完食したようです…。

胃の中で大勢の人がダンスをしているようなパワーを感じるとも言っていましたが、いったいそのパワーがどれほどのものなのか、大半の人間は体感できることがないのではないかと感じています。

理系チームの様子は?


【理系チーム】調理開始! 

いつもは冷静に現実的に戦いに臨む理系チーム。しかし、今回のレシピ考案者はしばゆーとのことなので雲行きが怪しいと感じるのは筆者だけでしょうか。

ニンニクフラペチーノやニンニク炒飯(米のかわりにニンニク使用)、ニンニクの揚げ物など、食べられなくはないけれど、絶対においしくなさそうと予想ができるメニューでいっぱいです。

ニンニクの皮むきに時間がとられている理系チームですが、調理をしている間、しばゆーが生のニンニクを食べて数字を稼ぎます!

【理系チーム】実食! 

生ニンニクは痛みを伴うほどの刺激があるため、前菜としてテーブルに並んでいる「生ニンニク」「ニンニクフラペチーノ」は全く進んでいない様子。数々のゲテモノを食べてきたしばゆーが悶絶しているので、今回のメニューは本当につらいものなのではないでしょうか。

調理をりょうに任せた虫眼鏡が食べる係に戻り、ニンニクフラペチーノを口にしましたが、一瞬で胃が燃えるという表現をしています。虫眼鏡もしばゆーも戦意損失という表情でぐったりしていますが、炒飯を作り終えたりょうが戻ってきたので、あとはりょうに賭けるしかないでしょう。

しかし、2分しか残っていなかったため、結果は全く残せず。約50片ほどという結果になりました。50片でもすごい結果ですが、文系チームがすごすぎて冷静な判断ができない状況に陥ってしまいます。

文理対決のおすすめ動画はこちら

こちらが筆者おすすめの、文系チームVS理系チーム企画の動画です。バカンス気分も味わえるうえに笑い要素もあり、そしてハプニングも盛りだくさんの動画に仕上がっています。

今後の文理対決にも注目しよう! 

東海オンエアの動画はなにもかもがおもしろいのですが、文理対決の動画は再生回数が1000万回を超えることもある大人気の企画です。そのため、「東海オンエアの動画ならなにがおもしろいのかな?」と考えている人には、こちらのシリーズの視聴をおすすめします。

今後もおもしろい動画を届けてくれるであろう東海オンエアの情報を見逃すことがないように、ぜひチャンネル登録をしてみてはいかがでしょうか。最後までご覧いただき、ありがとうございました!

サムネイルは以下より:
https://www.youtube.com/watch?v=hgQ9bLsuLOw

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!