【モンスト】あの限定キャラと同じSSが付いちゃった! ケット・シー獣神化改の適正クエストをまとめてみた!

本日1月20日(木)のモンストニュースで、ケット・シー獣神化改(けっとしーじゅうしんかかい)が発表されました。

獣神化と比べて性能がどのように変化したのかについて、解禁日や適正クエストなどの情報とあわせてお伝えします。

▼モンスト最新情報まとめはこちら
『モンスト』攻略・速報・最新情報まとめ

ケット・シー獣神化改のステータス

22ケット・シーが獣神化・改!


23ケット・シー獣神化・改のステータス


撃種は反射、戦型は超バランス型。ラックスキルは「友情コンボクリティカル」です。

アビリティはアンチ重力バリア/カウンターキラー/友情ブースト、ゲージでアンチブロック/底力Mを所持。
コネクトスキルは超アンチダメージウォール/超SSターン短縮。発動条件は「戦型がスピード型のキャラが1体以上、または合計ラック100以上」となります。

ストライクショットは「HPを消費しパワーがアップ&ダメージウォール、重力バリア、ワープ、地雷を無効化する」という、弁財天(獣神化)などと同じタイプ。1段階目は12ターン、2段階目が20ターンで使用可能です。

友情コンボはメインが超絶ホーミング12、サブはマーキングボムとなります。

「亜人キラーM」から「カウンターキラー」に変化

ケット・シーはベースアビリティのキラー種別が変化。「カウンターキラー」になったことで、最後に攻撃してきた敵の種族に対して1.5倍の火力を発揮できるようになりました。
獣神化からキラーの倍率は下がったものの、対象が限定的だった「亜人キラーM」よりも発動の機会が増えたと言えるでしょう。

重力バリア、ブロック、ダメージウォールに対応可能

獣神化が持っていたダメージウォールとブロックのギミック対応力に加えて、重力バリアも対応可能となったケット・シー獣神化改。
3種類の頻出ギミックに対応できるようになったことで、活躍の幅が広がりました。

ストライクショットの回転率が高く、アタッカーとして活躍

コネクトスキルに「超SSターン短縮」を持ち、ふれた味方の数に応じて最大6ターンの短縮が可能です。
またSSを使うことでワープと地雷も無効化できるため、それらのギミックが出現するクエストでも一定の活躍が見込めます。

ケット・シー獣神化改の適正クエスト

ケット・シー獣神化改は、おもに「重力バリア」「ブロック」「ダメージウォール」のギミックが登場するクエストで活躍が見込めます。

禁忌の獄【4】
禁忌の獄【9】
禁忌の獄【19】
クシミタマ【爆絶】
デーヴァダッタ【超絶】
栄冠の闘技場5-4(ウェービア)

ケット・シー獣神化改の解禁日時

24ケット・シー獣神化・改は1月25日(火)12時より解禁



ケット・シーは1月25日(火) 12:00より、獣神化改が解禁されます。

今週のモンストニュースも盛りだくさん!

「呪術廻戦コラボ」が1/22(土)から再登場!
新ガチャキャラ「乙骨憂太」や、超究極クエストに「夏油傑」が新登場するなど、追加要素も盛りだくさん!

くわしくはこちらの「モンストニュースまとめ」をご覧ください。
【モンストニュース】1/20(木)まとめ

読まれています!

モンストの最新情報はこちら

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!