谷繁ベースボールチャンネルに阿部慎之助が登場! 名キャッチャー同士の夢の対談が実現!

谷繁ベースボールはプロ野球OBをはじめ、様々なゲストと対談することが多いチャンネル。今回のゲストは、現在ジャイアンツの一軍作戦兼ディフェンスコーチを務める阿部慎之助さん。名キャッチャー同士の対談ということもあり、注目が集まっています!

対談では、2人の初めての出会いや現役時代の苦悩が語られました。この記事では、対談の様子やSNSの反応などをご紹介します!

現役時代のあれこれを語り合いました!

大物2人の対談で注目されるのは、現役当時の思い出。2人がはじめて出会った時の爆笑エピソードを披露!谷繁さんの代名詞である「ささやき戦術」に対抗した阿部さんの戦略など、今だからこそ語られる現役時代の話は必見です!

谷繁元信と阿部慎之助による夢の対談

谷繁さんは、小学校2年生から野球をはじめたそうです。原辰徳さんに憧れプロ野球界入りを果たし、現役時代には2500試合出場達成など数々の功績を修めます。

その後も選手と監督を兼任し、中日ドラゴンズを支えました。選手から監督を専任。引退後も野球解説や評論家として今なお日本のプロ野球界を支え続けています。

阿部さんのお父さんは、実業団野球チームで活躍していました。さらに「ミスタータイガース」の掛布さんと同期という影響もあり、阿部さんは幼い頃からタイガースファンで左打ちだったそうです。ジャイアンツ一筋の阿部さんも数々の功績を修め、現役時代からプロ野球界を牽引していた1人と言っても過言ではないでしょう。

現役を退いた今、それぞれの立場で思うこととは?

阿部さんが現役引退して3年になるそうです。最後に共演したのは、阿部さんが引退したときのスポーツニュース番組以来なんだとか。今回の対談は、谷繁さんが「ラフに思い出話に浸る時間」とのこと。募る思い出話は笑いあり、教訓ありのバラエティに富んだ対談となりました。

爆笑の2人の出会い

2人が出会ったのは、1999年で阿部さんが大学3年生の時だそうです。アマチュア選手がプロのキャンプ地「宜野湾」に派遣されたときのこと。

このキャンプから同年のドラフト指名が決まるようで、アマチュア選手に脅威を感じていた谷繁さんは「守るところないよ」と阿部さんに牽制したんだとか!

阿部さんもこの時のことを鮮明に覚えていたようで、谷繁さんに部屋に呼ばれてキャッチャーミットを貰ったといいます。阿部さんはプロからミットを貰った喜びを感じる暇もなく、谷繁さんから「お前ファーストミット作っとけ」と決してキャッチャーのポジションは譲らない意思を感じとったそうです。

現役時代の辛い苦悩とは?

阿部さんはドラフト1位の逆指名でジャイアンツに入団。ジャイアンツというビッグチームに入団したことで、とてつもないプレッシャーがかかってくると谷繁さんは推測します。

小さいミスでも命取りのようなプレッシャーを感じる状況に阿部さんは、「マスコミの力は凄い」と1年目にして痛感したそうです。

ジャイアンツでのプレッシャーが響き、サインの出し方や返球でイップスになったんだとか。谷繁さんにもアドバイスを求めたといいます。辛い経験も誰しもができることではなかったと財産になっているようで、指導者の立場の今では選手たちの微妙な変化を強く感じとれるようになったそうです。

駆け引きが行われていた?現役時代の裏話

谷繁さんの阿部さんへの印象は「打つことに関しては到底叶わない」と思っていたそうです。阿部さんが調子が良いときに「どうやって集中力を欠いてやるか」ささやき戦術を実行していったといいます。谷繁さんがささやいてくる時は「絶対に打たれたくない時なんだ」と阿部さんは駆け引きをしていたそうです。

谷繁さんの作戦は毎打席のように何か仕組まれていて、阿部さんは受けた作戦をそのままお返しをしたことがあるんだとか。阿部さんが抑えられた配球を谷繁さんの打席で全く同じ配球にしたところ、「おい!何やってんだよ」と現役時代も野球を心から楽しんでいたようです。

SNSの反応は?

動画のコメントでは「名捕手呼んだら神回になるの確定!」「貴重な対談、野球ファンとしてめちゃくちゃおもしろいです!」といったコメントが寄せられました。

今なおジャイアンツのキャッチャーといえば「阿部慎之助」と言われるレベルのレジェンドの登場にファンの方の興奮が伝わってきました!

谷繁さんと阿部さんの対談に喜びの声が多くありました。

現役時代を知るファンにとっては、今回の対談がたまらない動画となったようです!

レジェンド同士の夢の共演!

現役を退いてなお語り継がれる名キャッチャーの2人。メディアでの共演はおろか2人の現役時代の思い出が明かされることはなかったのではないでしょうか?現役時代の思い出やいまだから語れる裏話まで、とても濃い内容でした。

今回の対談は#1のようで、1回だけでこの充実感を味わえるのはファンにとっても嬉しい対談になりましたね!次回以降の対談にも注目が集まりそうです!

サムネイルは以下より:
https://www.youtube.com/watch?v=oaG5rA3be5c

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!