【モンハンライズ】歴代看板モンスター2頭が大物に!! 百竜夜行を完遂してオリジンシリーズの重ね着を作ろう

大物のリオレウスとジンオウガが集う百竜夜行を攻略せよ

 

本日2022年1月28日(金)、Nintendo Switch向けソフト『モンスターハンターライズ』の最新イベントクエスト“代表的百竜夜行”の配信が始まった。

過去に看板モンスターとして登場したリオレウスとジンオウガの大物が集結。

特別報酬“原初の鉱石”を集めてオリジンシリーズの重ね着を作成できるというものだ。

本記事では大物2頭が迫る百竜夜行の手応えと重ね着に必要な素材の数などを合わせて紹介していく。

古き良き伝統を着こなそう

翡葉の砦に迫る2頭の大物を討て

今回の百竜夜行は“代表的”なモンスターが多数登場している。

大物枠の1頭目、リオレウスは初代やポータブル。2頭目のジンオウガは“3rd”のパッケージを飾ったモンスター。

さらに、“2nd”のティガレックスや“2ndG”のナルガクルガといった看板モンスターも押し寄せてくるのだからシリーズのファンにとっても特別な内容だ。

▲こちらが最初の群れ。難易度はとてもやさしく、イベクエ名からもカプコンらしい遊び心が伝わってくる。
▲こっちが2つ目の群れ。『ライズ』には不在の看板モンスターも多く、今作で無理なら『サンブレイク』でと期待が高まってしまう。

 

今回はエリアが1つとシンプル、せっかちなハンターもこれなら安心だ。

細かな戦略は不要、設備を使いながら適度に操竜をはさみ、反撃の狼煙でいっきに撃退していく。

多少ゴリ押し気味でも問題なく攻略できたぞ。

▲百竜夜行の醍醐味といえばこれ、破龍砲でまとめて大ダメージを与えてやろう。
▲操竜で大物リオレウスを追い回す。最近続いていた強化個体やヌシに精神を鍛えられた影響か、力尽きる恐怖からの開放感が半端ない。
▲気を抜きすぎた代償か、最終関門の耐久度が思っていた以上に危なかった。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!