ヒカル、芸人に激怒! 「さすがに大人気なかった」後日自身の発言を反省、一体何があったのか?

人気YouTuberのヒカルが先日あげた動画で、とある芸人と会食した際にYouTuberを下にみる発言があったことを話しました。ヒカルはそれに対して動画内で怒りを露わにし、それを見た視聴者からは「誰だ?」と芸人が誰かを特定しようとする騒ぎに。

一体どんな内容だったのでしょうか。ファンの反応と共にご紹介します!ぜひご覧ください!

ヒカルが激怒した理由は?

先日上がった動画でヒカルが後半、会食したある芸人に対して怒りを露わにしました。「YouTuberが嫌いなんかわからんけど、こっちを下に見てくるような発言があった」と説明。

相手の芸人からは「結局YouTuberなんて芸能人のマネごとの落ちこぼれ。芸能界で売れへんかった子がYouTubeやってる」などの言葉を言われたそうです。

動画内ではいつもより感情的に話すヒカル。相手の芸人を「あのアホ」と呼び、「お前俺に勝ってるとこ1つもないからな」「ちょっと芸能界で売れたくらいで調子乗んなよ」と動画を通して反論しました。「今まで出会ってきた中で結構ホンマに一番かもしれんな」とまえっさんも思わず苦い顔を浮かべます。

会食の場では知り合いの友人だったこともあり、ヒカルはその場では何も言わずに堪えたそうです。一方的に「YouTuber」を見下したような発言をされればどうしてもその場で言い返してやりたくなりそうですが大人な対応したヒカルはさすがです!

ネットで話題に、ヒカル緊急動画

今回のヒカルの激怒はかなり話題となり、ネットニュースでも連日取り上げられました。芸人の間でもヒカルの激怒をネタにし、「自分がその芸人です」と名乗りでる芸人も何人か出てきました。そういった状況からは視聴者からは詳しく動画に出してほしいという声が上がったそうで、ヒカルは急遽動画を撮ったそうです。

冒頭で謝罪

ヒカルは動画の冒頭で「本当に僕が未熟でした。大人気なかった」と謝罪。激怒した内容の動画をあげた理由としては「僕って怒ってる動画がめちゃくちゃバズるっていう習性があって、正直それに甘えていたというか」と話しました。

言わなくてもいいことを色んな人が見る場で言うっていうのは認識が甘かったし未熟だった」と言い、きちんと頭を下げるヒカル。

動画を盛り上げようとして。怒ったらバズるっていうのがわかってるから、いけるだけいったれと思った」「前はもっと過激だったからたまには過激な部分を見せないといけないと考えてたのもあった」と当時の心境を振り返りました。

過去の動画ではソロ動画やラファエルとのコラボ動画でもかなり尖った発言をしていたヒカル。そういった部分が視聴者からも人気があり、炎上することもしばしばありました。

しかし、時代と共に傾向も変化していき今では随分と丸くなったと本人も語っています。その分、たまには尖らないと視聴者が離れてしまうという考えになったのでしょうか。

相手の芸人とも和解

相手の芸人からも「これ以上騒ぎを大きくしないでくれ」という申し出があったこともあり、完全に和解したことも報告。和解したことによりこれ以上話すことはできないと語りました。

また、ヒカル自身も驚くほどニュースに取り上げられ、関係のない芸人までもが今回の騒動をネタとして話題にしてくれていることにも感謝の言葉を述べています。

YouTubeの世界は観られてなんぼの世界なので」「不名誉な形ではあるかもしれないけどアクセスがきた」と語ったヒカル。炎上しつつも今回のことは良い影響だったとYouTuberらしい発言をしました。


ファンの反応は?

ヒカルさんに対してや同業の仲間の人らにも悪口言われて怒るのは当たり前だと思います」「過去に頭にきた芸人さんのことを動画で話しちゃったのは悪いこととは感じません」「一生懸命頑張ってる職業のバカにされたらYouTuberじゃなくても腹立たない?」と怒ることは当たり前というコメントがたくさんありました。

怒っても良いけどそれを動画で取り上げるのはどうなの?」という意見もあると思いますが、それこそがYouTuberというか、ヒカルのスタイルなのだと思いました。結果的に炎上もしていますがヒカルだけではなく色々な芸人の動画へのアクセスにも繋がっているので結果オーライなのではないでしょうか。

炎上したり多くの人に説明を求められることがあれば時間を空けることなくすぐに動画を回すところがヒカルらしいですね!それのおかげで憶測の噂が広まることがなく炎上も早く落ち着くのだと思います。

今回のことをいち早くネタにし動画をあげた芸人たちが続々とバズっていますね!

やっぱり怒った動画がバズる

今回の騒動は本人の想像以上に盛り上がってしまったそうですが、ヒカルの言う「怒った動画はバズる」というのはあながち間違いではなかったことが証明されました。賛否両論はありますが、相手の名前を一切公開はしていないしテレビでは取り上げられないようなネタでアクセスをとるのもYouTubeの特徴の1つだと思います。今後もどんな動画が上げられるのか楽しみですね!

サムネイルは以下より:
https://www.youtube.com/watch?v=sb6STN4TUFE

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!