【遊戯王マスターデュエル】自爆デッキ流行! 裏をかいた恐るべきデッキも出現。みんなの反応まとめ

PlayStation4、PlayStation5、Nintendo Switch、XBOX ONE、XBOX SERIES X/S、Steam対応ソフト『遊戯王マスターデュエル』にて、2022年2月17日(木)より開催中の「エクシーズ フェスティバル」で、自爆デッキが流行っているようです。みんなの反応をまとめてみました。

あえて負けることで高速周回。しかし事態は思わぬ方向へ


2022年2月17日(木)16:30より、各種プラットフォームでプレイ可能なソフト『遊戯王マスターデュエル』にて、イベント「エクシーズ フェスティバル」が開催!

今回のイベントでは、勝敗に応じてもらえる「メダル」の入手数に応じて、「ジェム」などの報酬がもらえるシステムとなっています。ちなみに、勝利した場合はメダル100枚(レンタルデッキでは50枚)、そして敗北した場合はメダル50枚(レンタルデッキでは25枚)を入手可能です。

※2022年2月18日(金)追記:2月18日(金) 18:00に報酬内容の調整が実施されました。現在は自身のデッキで勝利するとメダル500枚、レンタルデッキで勝利するとメダル250枚をもらえます。

そしてこのシステムゆえに、各所でとあるデッキタイプが出現しています。一部プレイヤーの間で話題を醸し出しているそれは……

自爆デッキ

です。

1戦勝利するよりも、2戦敗北する方が早い」という理屈のもと、あえて自身のライフポイントを削るカードを大量に採用し、自ら敗北をもぎ取るというこのデッキが、一部プレイヤーの間で流行っています。

「イベント限定のミッション条件を満たすにも有用」というのも、このデッキが使われる理由を後押ししているのかもしれません。

ちなみによく採用されているのは、「サイバネティック・フュージョン・サポート」や「EM ポップアップ」「デステニー・デストロイ」「ラッキー・パンチ」など、ライフ半分をコストにしたり、大幅にライフを消費するカードたちです。

世の決闘者のみなさんの反応をまとめてみました。

※「わざと負ける」というゲームの根底を覆すプレイであるため、相手プレイヤーを不快にさせてしまう場合があります。また、運営の意図に沿っていないプレイである可能性も十分に考えられます。自分で使う場合は自己責任で!

【イベント開催日程】
2022年2月17日(木) 16:30 〜 2月24日(木) 13:59

あえて負けることへの是非

今回の事態発生により、「自爆デッキ」がTwitterではトレンド入り。

手早く回れることで「これはいい」とする声や、相手が突然自爆し始めて面白がるコメントのほか、効率を重要視しすぎるやり方に不満をこぼすツイートも。

中には「これが最速自爆デッキだ!」とデッキ編成を紹介する人もいるほか、なんと自爆デッキに偽装した大逆転クイズデッキまで現れている模様。

さらにゲームは複雑化し、相手のライフを回復し始めるデッキすらも出てきているようで……?

そんなみなさんの反応をまとめてみました。

【関連リンク】

公式サイト

・公式Twitter(@YuGiOh_MD_INFO)

(C)スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI (C)Konami Digital Entertainment

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!