検索ワードを賑わす「ヒカキン引退説」について、ヒカキンが言及! 真相はいかに?

チャンネル登録者数が1000万人を超え、再びアクセルを踏み込んだヒカキンさん。しかし、検索エンジンの候補ワードに「ヒカキン 引退」という文字があがっているようです。そんな検索ワードについて、ヒカキンさん本人からの説明が行われた動画が投稿されたことで、現在話題をあつめています。

本記事では、ヒカキンさんが行った動画の内容や関連する情報についてもまとめていきますので、ぜひ最後までご覧くださいね!

神妙な面持ちのサムネが不安を呼ぶ

プレミア公開となった今回の動画は、「ヒカキン引退説についてお話させていただきます。」です。動画が公開されるまでに寄せられたコメントは、引退を悲しむ声であふれていました

しかし同世代の男性に比べると、忙しく制限の多い生活を送っていることは事実。そのため、そんな生活に疲れ切ってしまったヒカキンさんを想像している視聴者も多いように感じました。

ドキドキの動画公開! 

公開された動画では、冒頭からヒカキンさんが「なにこれ?」と首をかしげています。そして画面には、「ヒカキン 引退」「ヒカキン 引退 理由」「ヒカキン 引退 いつ」などの検索ワードも映し出されていました。

結論から言うと、ヒカキンさん自身も寝耳に水だった、真っ赤なウソ!しかし、どうしてこのようなキーワードが検索ワードの上位にきていたのでしょうか? ヒカキンさんの動画とあわせながら、詳しく見ていきましょう。

エゴサで驚くヒカキン! 

眠る前にベッドで検索を行っていたと話すヒカキンさん。そしてその日はなぜか、検索窓の中に自分の名前を入力してしまったと話していました。すると、【引退】という文字が候補としてあがったそうなので、「いま見るのは我慢して明日撮影をしよう!」となったんだとか。

ちなみに補足ですが、検索ワードは検索回数が多い単語が候補・上位にくるのが一般的です。そのため、多くの人が引退というワードを検索していたと想像することができるんですよ。

知恵袋が原因? 

ちょっとした質問も気軽に行えるYahoo!知恵袋。その知恵袋内に、ヒカキンさんの引退に関する質問が多くあったと動画では伝えられています。

他にも、少し前に投稿されているはじめしゃちょーの引退説言及動画を見た視聴者が、ヒカキンさんはどうなんだろうと検索をしたという可能性もあるのではないでしょうか。

知恵袋の内容にほっこり

ニュースのコメント欄や知恵袋のコメント欄は、攻撃的で失礼なコメントが目立つ傾向にあります。しかし、今回紹介された知恵袋内の質問や回答はどれもがあたたかいものでした。

そんなあたたかい声に触れ、今までのふり返りを行ったヒカキンさんは、「16年間も続けてこれたのは、本当に皆さんのあたたかいコメントとかグッドボタンとか…、それなくしてこの長い期間YouTubeを続けることは絶対にできなかった」「いつもあたたかいファンのみなさん、本当にありがとうございます!」と締めくくりました。

YouTuberの引退とは? 

テレビなどで話す際、引退についてはよく話題になるとも話したヒカキンさん。しかし、自分の大先輩が引退をしたという体験がないため、どのような流れで何歳になったら引退をするのかということが、自分でもわからないと話していました。

他にも、「本当に歳を重ねていって、(50歳60歳になって)さすがに私は現役引退ですかね!というところまで、まだいっていない」「だから頑張ります!」と、現在の想いも視聴者に伝えていましたよ。


ヒカキンの活躍

世界ではなく日本人をターゲットにした動画を作っているヒカキンさん。耳が聞こえない人でも楽しめるようにと、テロップや映像の編集にも力を入れています。そして、ヒカキンさん本人が認めたものならば、利益がないように感じる企画にも快諾をするという、やさしい一面も評価されているんですよ。

少し前の話しになりますが、コロナが広がり始めた頃は、若い層への情報発信に力を入れていましたよね。そして、耐えるという苦痛や痛みにもしっかりと寄り添う、優しい姿が評価されていました。

地位や名誉や富、すべてを手に入れたヒカキンさんは、出来る物事の幅が増えています。しかし、その現状に天狗にはならずに、今もなお視聴者に楽しさと優しさを届け続けてくれているなんて、ありがたいと思いませんか? 

ヒカキンを応援しよう! 

聖人ともいわれ、仏のような地位も確立しつつあるヒカキンさん。「天職だ」「幸せだ」といつも感謝ばかりを伝えているので、無敵のヒーローのように感じることもありますよね。しかし、過去の動画で「食べることでメンタルを保つ」とも話しているので、きっと大変なことも多いのではないかと感じてます。

「YouTubeの世界からヒカキンさんがいなくなってしまったら悲しい」と感じる人は、ぜひこの機会にチャンネル登録やグッドボタンをポチっとしてあげてくださいね!その小さなひとつひとつの応援がヒカキンさんの活力となって、巡りめぐって多くの人を照らしてくれるはずですよ。

サムネイルは以下より:
https://www.youtube.com/watch?v=qskqb3JGgVE

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!