核戦争が始まり、大都市に核ミサイルが打ち込まれると何が起こるのか?生き残る方法は?



» Appleの地図アプリ「Maps」上のウクライナ領土に変更が加えられる




大都市に核弾頭が落ちるとどうなるのか?」というシュミレーションを、ドキュメンタリー作家のNeil Halloran氏が研究情報部門と共同で作成し、公開しています。



*Category:テクノロジー Technology|*Source:Neil Halloran ,国民保護ポータルサイト

400万人の都市に800キロトン級の核ミサイルが落ちると何が起こるのか?

今回のシュミレーションは「800キロトン級の核弾頭が、400万人の大都市に落ちる」という想定です。800キロトンは現代の核兵器の中でも比較的大型で、広島に投下された原爆の約100倍の威力です。


衝撃半径を最大化するため、核弾頭が爆発する高さは500メートルとされています。


核弾頭が爆発すると、太陽と同等の熱量を持つ火球が、半径800メートルまで広がります。


爆心地から半径2キロ以内はほぼ消滅し、その中の98%の人口、約12万人の死者が発生します。


半径11キロ以内では、爆発の熱による致命的な火傷や瓦礫の負傷により、人口の50%、50万人の死者が発生します。


11キロ以上の範囲では、もし核弾頭が地表で爆発した場合、危険な放射性物質により、10万人の死者が発生します。


しかし、他の要因や長期間での死者などを考えると、その数は計測不能なほどに膨らむでしょう。


核弾頭が近くに落ちた場合の対処方法は、内閣官房の「国民保護ポータルサイト」に掲載されています。




詳細な情報は以下より。


» 弾道ミサイル落下時の行動(国民保護ポータルサイト)

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!