ヒカキンとセイキンが『祖父のジジキンが亡くなりました』と視聴者に報告。ふり返る思い出はジジキンの愛情であふれていた!

ヒカキンさんとセイキンさんのおじいちゃんといえば、ジジキンさん。口数が多いおじいちゃんではありませんが、サングラスをしていてもあたたかさが伝わる春の太陽のような人でしたね。そんなジジキンさんが2022年3月に亡くなっていたという報告動画を投稿したことで、先日多くの視聴者が悲しみに包まれました。

しかし、ヒカキンさんとセイキンさんが楽しかった思い出を幸せそうに振り返ったことで、視聴者とともにジジキンさんのご冥福をお祈りできる時間が訪れたんですよ。本記事でも、動画の内容をまとめながら、楽しかった時間についてのふり返りを行いたいと思います。ぜひ最後までご覧くださいね。

無敵のヒーロージジキン! 

ヒカキンさんとセイキンさんを、いつも大きな木のように見守り育てたジジキンさん。働き盛りの時期は眠らずに過ごしていた日々もあったそうですが、弱音や不満は一切口にしなかったとも伝えています。

今回の動画内でも「なんでもうまいって言うんですよ。絶対に!」「そう考えると偉いよね!って思う」とふり返った場面がありましたが、全てにおいて感謝ができるような素晴らしい人物であったことも分かります。

その思い出をふり返るきっかけになった動画は下記です。しぼりだされるような言葉の一つ一つから重みや優しさがしっかりと伝わってくるので、見ているだけでほっこりしてしまいますよね。

互いの笑顔が心からの幸せ

常日頃からジジキンさんのことが大好きだったおふたりは、いつも愛情を素直に伝えていました。200万円のおせちを家族にごちそうする動画でふり返ってみると、キャビアをジジキンさんの口に入れるシーンがとくにほっこり…。

嬉しそうに接するヒカキンさんの表情や仕草、そのやり取りを盛り上げるセイキンさんの言葉。大きすぎる愛情に包まれて、ちょっぴり恥ずかしそうにしているジジキンさんがとてもかわいらしく見えます

愛して育てた孫たちがこんなにも立派に育ち、それでもなお自分を愛してくれるなんて。ジジキンさんはきっと、素敵で嬉しくてたまらない時間を過ごせていたのではないでしょうか。

今回の動画について

「すごく明るくて元気なじいちゃんだったので、もしじいちゃんが生きていたら、暗すぎず明るく思い出でも言ってくれっていうかなと思った」という想いがつまった今回の動画。あえて普通の服で、普段通りの動画のように伝えることにしたとも説明しました。

今まで話したことがなかったようなジジキンさんとの思い出をふり返る動画にしたいと伝えたあとに届けられたジジキンさんのエピソードは、どれもがあたたかくて優しいものばかり。さっそく動画とあわせて見ていきましょう!

偉大なジジキンが大好きすぎる! 

「本当にたくましかった」という一声が、ジジキンさんへの印象のようです。「勝てないよね」「あのパワフルさは、なかなか探してもいない」とおふたりがふり返るように、体力面も精神面もとにかく素晴らしい人物でした。

ふり返りながら「あぁ…悲しい…」とヒカキンさんは泣いてしまいましたが、ジジキンさんの素晴らしさはしっかりとおふたりが受け継いでいるように筆者は感じます。そして、ジジキンさんもそれを喜んでいるように感じるので、自信を持って前を向いてほしいと 勝手ではありますが心から願わせてください。

復活を繰り返すジジキン? 

ヒカキンさんが小学生の頃、脳梗塞になったジジキンさん。そこから20年くらい元気に生きてくれたことが嬉しかったと話していました。他にも、お風呂で1回溺れかけたことがあったそうで、その際は救急車で搬送もされていたようです。

このように何度も復活を繰り返したジジキンさんは、去年末危篤になってからも3か月近く強く生きていたとのこと。医師のいう余命を軽々と乗り越える姿で、かわいい孫たちに何かを伝えたかったのかもしれません。「なんでも可能にできるんだよ」という力強い声が聞こえてきそうですよね。

まっすぐな愛情を孫たちへ! 

マウントレーニアのエスプレッソコーヒーとセブンのドリア。ヒカキンさんが「おいしい」と伝えたことで、ジジキンさんが毎日買ってくれていた商品です。

歩いていけないところにあったセブンイレブンの商品を、毎日買って渡すという行為。どれほど孫が可愛かったのか伝わる思い出だと感じませんか?きっとヒカキンさんたちも嬉しい表情を毎日していたのでしょう。愛情が循環する関係に、胸が熱くなりますね。

周囲などお構いなしのジジキン! 

愛情深いジジキンさんは、おふたりに愛情を伝えるためには変わり者にもなっていたようです。ヒカキンさんが高校生の頃の大きな大会では、誰よりも存在感のある応援をしていたと伝えています。

ヒカキンさんの本名が大きく書かれた大きな旗を、力いっぱい激しく振っていたとのこと。インパクトの強すぎる大きな旗と大きな声で応援をするジジキンさんを見て「めっちゃ恥ずかしかったけどうれしかった」とふり返っていました。

そんなまっすぐで深い愛情を注がれた経験があるおふたりだから、チャレンジ精神の強いとても優しい人物に育ったのかもしれませんね。


ご冥福をお祈り申し上げます

危篤になってからも長い間強さを見せてくれたジジキンさん。今やっと自由になって、ヒカキンさんやセイキンさん、ママキンさんやチビキンくんたちに会いに行っているのかもしれません。

ジジキンさんが愛して育てたヒカキンさんやセイキンさんが、多くの人に愛されて幸せに過ごせていることをジジキンさんに見せられるように、私たちも引き続き愛情いっぱいに応援していきましょう!

ご家族の悲しみが少しでもはやく癒えますように。そして、ジジキンさんがあたたかな場所で穏やかな時間を過ごせていますように。心から哀悼の意を表します。

サムネイルは以下より:
https://www.youtube.com/watch?v=v1UiR5nrxmM

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!