【ポケモンGO】ヌイコグマの色違いはどのくらいの出現率だった? 4月のコミュニティ・デイを実際に3時間プレイしてみた!

4月23日の14時から17時まで『ポケモンGO(Pokémon GO)』で開催されたコミュニティ・デイを実際に3時間フルでプレイした様子を紹介します!

久しぶりの3時間開催のコミュニティ・デイ! 気になる色違い出現率は?

4月23日の14時から17時まで4月のコミュニティ・デイが開催され、ヌイコグマが大量発生しました。

大量発生の対象ポケモンをコミュニティ・デイスタートのタイミングで新規実装という、今までのコミュニティ・デイとは趣向が異なっている&キテルグマへの進化に必要なアメの数が400個とかなり大変という2点から、ガッツリ時間を取って“ポケ活”に臨んだトレーナーさんも多いのではないでしょうか。

そして、今回のコミュニティ・デイは久しぶりの3時間限定での開催。近頃のスタンダードとなっていた6時間開催と比較するとかなり短くなってしまったので、色違いや対象ポケモンの出現数がどう変化したのかも気になりますよね。

というわけで、今回の記事では実際にヌイコグマのコミュニティ・デイを3時間フルプレイした様子と結果を紹介します。

▼コミュニティ・デイがスタートすると早速ヌイコグマが近くに出現。


▼やはり新実装のポケモンが大量発生するというのはかなりの違和感ですね(いい意味で)。


▼少し歩くと大量のヌイコグマが出現。6時間→3時間開催になった分出現数がかなり増えるかなと予想していましたが、アメ2倍やXP3倍のボーナスがある分、出現数自体はあまり変わっていない印象でした。


▼20分ほどプレイすると色違いのヌイコグマが! 実装日に色違いがゲット出来てしまうというのは、コミュニティ・デイとはいえやはり嬉しいですね!


参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!