【遊戯王マスターデュエル】VFD禁止でない規制は無意味? 弁天制限に疑問も。みんなの反応まとめ

PlayStation4、PlayStation5、Nintendo Switch、XBOX ONE、XBOX SERIES X/S、Steam、スマートフォン対応ソフト『遊戯王マスターデュエル』にて、リミットレギュレーションの変更が告知。みんなの反応をまとめてみました。

なんでコイツは野放しなの?



2022年1月19日(水)より家庭用ゲーム機、1月27日(木)にはスマートフォンで配信を開始した『遊戯王マスターデュエル』。

2022年5月9日(月)より、新たなリミットレギュレーション(禁止制限)が適用されることが告知されました。

これに対する皆さんの反応をまとめてみました。

【適用日時】
2022年5月9日(月)

■新たな制限改訂の対象となるカード

【新たに制限となるカード】

  • サーバー・エンジェルー弁天ー
  • 黄金郷のコンキスタドール

【新たに準制限となるカード】

  • D.D.ダイナマイト
  • 雪花の光
  • フュージョン・デステニー
  • 幻影騎士団ティアースケイル
  • 鉄獣戦線 フラクトール
  • 電脳堺悟ー老々
  • LLーコバルト・スパロー
  • プランキッズ・ロック
  • 魔救の分析者

【制限解除されるカード】

  • レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン

制限対象が話題に

今回の発表により、Twitterでは「弁天制限」「ドライトロン」「VFD禁止」「ロンゴミアント」「コンキスタドール」「フラクトール」などがトレンド入り。

対象になっているカードやその関連デッキはもちろん、「なぜコイツが規制を逃れているんだ」という意味合いなのか、禁止になっていない「VFD禁止」というワードまで入っています。

皆さんの反応をまとめてみました。

【関連リンク】

公式サイト

・公式Twitter(@YuGiOh_MD_INFO)

(C)スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI (C)Konami Digital Entertainment

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!