【遊戯王マスターデュエル】コイントス切断に対策! 敗北扱いになる改修が実施。みんなの反応まとめ

PlayStation4、PlayStation5、Nintendo Switch、XBOX ONE、XBOX SERIES X/S、Steam、スマートフォン対応ソフト『遊戯王マスターデュエル』にて、「コイントス切断」に関する修正が公開されました。

コイントスで切断すると敗北扱いに


2022年1月19日(水)より家庭用ゲーム機、1月27日(木)にはスマートフォンで配信を開始した『遊戯王マスターデュエル』。

本日2022年4月27日(水)に、ゲーム内のお知らせで「コイントス切断」に関するアップデートが告知されました。

「コイントス切断」とは、デュエル開始前に先攻後攻を決めるためおこなわれる「コイントス」を途中で切断する行為。

これまで切断すると勝敗記録がつかない設定になっていましたが、今回の機能改修によりコイントス切断をした方が敗北になるようになりました。

これに対する皆さんの反応をまとめてみました。

【適用日時】
2022年4月27日(水)

マナー的に問題

今回のアップデートにより、「コイントス切断」がTwitterでトレンド入り。

「先攻が取れないから切る」といった行為は、マナー違反という観点でかねてより問題になっていました。今回の改修により数が減ることが期待できそうですね。

皆さんの反応をまとめてみました!

【関連リンク】

公式サイト

・公式Twitter(@YuGiOh_MD_INFO)

(C)スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI (C)Konami Digital Entertainment

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!