再生数が伸びる秘策をヒカキン先生が徹底解説! 有料級の超辛口YouTuber講座はヒカキンのプロ意識が伝わるものだった⁉︎

誰もが手軽に始められる動画投稿といえばYouTubeですよね。そのため、現在は多くの動画であふれているのも特徴のひとつ。そしていつも何気なく見ているYouTubeですが、プロの目から見ると、直すべきポイントでいっぱいなんだそうですよ。プロが教えるポイントさえ押さえれば見やすい動画制作ができるということなのです…!

本記事では、YouTubeのパイオニアであり真のプロでもあるヒカキンさんが行った、有料級のYouTuber教室の動画についてまとめていきます。ぜひ最後までご覧くださいね。

YouTuber講座? 

調べてみると実際に、動画の撮影や編集技術を学ぶ場所が数多く存在しているようです。テレビなどであれば、それぞれのプロが力を合わせてひとつのものを作り上げますが、YouTuberはすべての仕事を自分ひとりで行います。そのため、広く深い知識、そして技術が必要となるといえるでしょう。

近年はYouTuberに限らず、ネットを通して映像で情報を届ける機会も増えている傾向にあるので、その技術を学びたいと考える人が急激に増えているのが特徴なのです。

ヒカキン先生の登場! 

そして今回動き出したのは、誰もが知るYouTuberヒカキンさん。わかりやすく見やすい動画を撮影し、編集する技術なら、右に出る者はいない人物であるといえるでしょう。

今回の動画は、いつものように楽しめる内容のものであることはもちろんですが、YouTubeを学びたい人にとってもためになる情報が多いので、みなさん必見ですよ!

YouTuber講座スタート! 

昔の自分や昔のセイキンさん、そして昔のはじめしゃちょーの動画に対して、超辛口のダメ出しを行います。そして改善点なども伝えているので、視聴者はプロの技術をしっかりと学ぶことができますよ。

ためになるのに、所々に笑いの要素も盛り込まれた今回の動画。はたして、ダイヤの原石だったともいえる昔のヒカキンさんたちは、日本のトップになったヒカキンさんにどのように評価されるのでしょうか。さっそく見ていきましょう!

1限目:ピルクル動画

HikakinTVの10年前の動画「世界一おいしい飲み物『ピルクル』」をもとに講義開始!

オープニングのビートボックスに多くの視聴者は引き込まれていましたが、ヒカキン先生によれば長すぎるとのこと。毎回流れるものならば、4秒くらいがちょうどいいと話します。長すぎてしまうと、それだけで飛ばされてしまうこともあるんだとか。

他にも、声のトーンや自分の世界に閉じこもらないことなどを指摘。わかりやすい声や表情、自分の満足ではなく視聴者に伝わりやすい表現がなによりも大切だと説明しました。

2限目:三ツ矢サイダーレビュー

HikakinTVの10年前の動画「三ツ矢サイダー 青りんご!」をもとに講義開始!

編集のバグや声の小ささを指摘するヒカキン先生。細かい編集の違和感も次々とみつけて、容赦なく指摘していきます。他にも、締めのあいさつの大切さを説明していましたよ。

しかし、一人二役の別撮りの合成凝ったエンディングの編集には「結構好き」「がんばっている」と評価しています。できることに全力で取り組む姿勢は、この頃から続いているものなのでしょう。

3限目:激辛ペヤング動画

HikakinTVの9年前の動画「激辛ペヤング カレー味!」をもとに講義開始!これに関しては、スベっている自分へのツッコミが多かったように感じます。他にも、手振れや口の中を見せないなどのマナーも指摘。

また「食べ物を扱うのにちょっと色がね…(暗い)」「フリッカーが出てる」「マネしないでくださいと入れないと」など、細かい指摘も飛び出します。さすがプロですよね!

セイキンのレビュー動画

SeikinTVの10年前の動画「SEIKIN、商品紹介はじめます。」をもとにした特別講義も開始!

「弟さんよりいいんじゃない!」と伝えながらも、「わかりづらい」「訳のわからない編集をしない」と指摘します。ただ、指摘をしながら大笑いをするヒカキンさんをみていると、昔のセイキンさんのことも大好きなことが伝わりますよね。

「10年前にこの音質はいい」といくつか高い評価ももらえた昔のセイキンさん。会社員として稼いだお金で素晴らしい機材をそろえていたとのこと。こだわり抜くスタイルは、昔から変わらないものなのでしょう。

はじめんのレビュー動画

はじめしゃちょーの10年前の動画「ミルキーチョコハッピーローラ味」をもとにしての特別講義も開始。

モノマネをしたり、BGMを入れたり、この頃から手の込んだ企画・編集を行っていたはじめしゃちょー。しかし、包丁ではなくハサミを使う場面で「包丁で切ろうね」と衛生面を指摘。

そして当時のはじめしゃちょーが小嶋陽菜さんの話しをすると「こじはるさんと10年後にコラボしてるからな」と伝える場面も。成長し続けた先にある奇跡を具現化してみせるなんて、みなさんすごいですよね。

大人向けヒカキンTVを見逃すな! 

最近、大人が見ても楽しい動画作りにも挑戦しているヒカキンさん。そんなヒカキンさんの「大人向けヒカキンTV」は笑えるものなのに、ためにもなる動画ともいえるでしょう。いつもふざけているように見える動画が多いHikakinTVですが、その動画の中にもたくさんの知識と技術がつめ込まれていると知って、感動してしまいましたよね。

努力を重ねて勝ち取ったともいえる、今のヒカキンさんの素晴らしい立場。苦労した経験も経てそこにいる者だからこそ、多くの人の心に届けられるものもあるのでしょう。そんな今のヒカキンさんが作る「大人向けのヒカキンTV」にも、今後注目していきましょう!

サムネイルは以下より:

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!