槙原寛己の「ミスターパーフェクト槙原」で白井球審の判断を解説! 佐々木選手の態度への見解とは⁉︎

4月24日に行われたオリックスvsロッテ戦。2回のオリックスの打撃で問題が起きました。投手は日本プロ野球で最も注目を集める佐々木朗希選手。佐々木選手が投げたボールが際どいコースに入り、佐々木選手は気に食わないような態度を見せたようです。

これに白井球審が激昂、佐々木選手とあわや乱闘になるかといった雰囲気に多くの野球評論家が意見を出しています。佐々木選手と同じく偉業を打ち立てた槙原さんの解説が注目を集めました!この記事では槙原さんの解説の様子やSNSの反応をご紹介します!

佐々木選手への注目は並ではない!

完全試合達成から3週連続で世間を賑わす佐々木選手。佐々木選手が登板するたびに何かが起きるのは、それだけ注目度の高さが伺えると槙原さんはいいます。プロ野球界が賑わっている中で、これだけ騒がれていることについて解説していくとのこと。

日本プロ野球への希望

まずは初回から振り返っていきます。注目が集まる佐々木選手の第一球、福田選手はライト前のヒット!福田選手の「真っ直ぐ一本を狙って打った」というコメントに対して、実際に打ったフォークでも狙って打てないとのこと。それを初球で打つ福田選手を見てプロってやっぱり大したものだなと印象を受けたようです。

また2週に渡って完全試合という言葉が佐々木選手に付き纏っていました。「打たれたことで気持ちがかるくなったのでは? 」と完全試合を期待する気持ちと佐々木選手への労りから来る安心があったとのこと。

立て続けに打たれる場面も、メンタルの崩れは感じなかったんだとか。コースを読まれて打たれている印象だったようで、オリックス打線に軍配が上がったようです。

両投手とも厳しい判定をされていた

2回のオリックスが攻撃の時にことが起こりました。佐々木選手の態度に怒りを表した球審と一触即発寸前に! この問題は賛否両論あり、佐々木選手の態度が悪い意見と球審の態度が悪い意見に分かれているところ。この問題に槙原さんは「実は伏線があった」といいます。

1回オリックス守備で山崎投手にも厳しい判定をしていたんだとか。槙原さんも試合を見ていてストライクだと思った球もボールになっていたそうです。球審のコースが厳しいと両投手とも感じていて、疑念が溜まっていったのでは推測。

佐々木選手の思っていた判定と違ったというリアクションに、球審の琴線に触れたかもしれないといいます。

球審の態度もキツかった

判定を聞いてからの佐々木選手が後ろを振り返っていたことから、不満を持ったつもりはないように見えたと槙原さんはいいます。人は目を見れば怒っているかどうかがわかるといい、佐々木選手は球審が何か感じていることを察して再度向き直ったようです。

どうしていいかわからずに顔を見ていたことで、球審が詰め寄ったことで起きたとのこと。球審もナメられてはいけないこともあるが、今回の球審の態度はキツいものがあると槙原さんはいいます。

球審には諭して欲しかった

投手の立場も球審の立場も加味した上で、「ロッテ守備の終わりに球審が佐々木選手を思って諭して欲しかった」といいます。今回の件で解説されたり憶測が飛び交って、いろんな意見があるのはいいけど、球審は冷静な対応をして欲しかったようです。

佐々木選手への期待も高く、今後はメジャーで活躍するのも全然あり得る選手。そんな選手が今回で教訓にしてくれればいいなという意見でした。メジャーでは、日本よりさらに厳しく判定されるので佐々木選手だけでなく、監督やコーチ陣にも教訓になる機会であればと願っている様子。

投手の最後の抵抗

今回のように不満がある場合、槙原さんは後ろを向けいてしまうんだとか。後ろを向いて表情も見せずに深呼吸をするなどして、球審に察せられないようにしてストレスを発散するのが良いといいます。

SNSの反応は?

動画のコメントでは「”後ろ向いちゃえばいいんだよ” 野球に限らず人生経験が豊富な槇原さんだからできる意見だと思います」「槙原さんはいろんな価値観とのバランスを上手くとって話してくれるので聞いてて楽しいなと思ってます」といったコメントが寄せられました。

同じ経験を持つ槙原さんだからこそ、解説内容にも納得できる方が多くいるようです!

槙原さんの解説で納得される方も多くいるようです。

同じような経験から来る槙原さんの言葉が多くの方に響いているようです。

佐々木選手への期待大!

今回の騒動は槙原さんの中では佐々木選手にとって良い教訓になったとのこと。2試合連続完全試合を目前にした選手であれば、世界で戦うことも視野に入っています。そんな選手が判定への不満が態度に出てしまうと、ここまでの騒動になってしまう。

WBCやメジャーで同じようなことが起きると最悪退場になりかねないといいます。なので今回のことを教訓にして、技術で上回れるようになっていければと佐々木選手への期待の高さが伺えました。

サムネイルは以下より:

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!