上原浩治の雑談魂、斎藤雅樹と対談! 巨人三本柱との対談ついに完結!

読売ジャイアンツやメジャーリーグで数々の功績を修めた上原浩治さんのYouTubeチャンネル「上原浩治の雑談魂」これまでもOB・現役選手に限らず数多くの名だたる人物が登場してきました。そんな雑談魂に斎藤雅樹さんが登場し話題を呼んでいます!

「巨人三本柱」としてチームを引っ張った桑田真澄さんと槙原寛己さんとの対談はしており、待望の登場。この記事では斎藤さんが巨人の大エースと呼ばれるまでを追った対談模様やSNSの反応をご紹介します!

斎藤さんとの対談に上原さん緊張気味!?

これまでも多くの方々と対談をしてきた上原さん。「巨人三本柱」で注目を集めていた世代の方の中では、斎藤さんが一番緊張するといいます。ジャイアンツ入団当初から上原さんは緊張していたようで、今回の対談もまりえさんにバトンタッチする勢いだったんだとか。

まりえさんと斎藤さんは初対面ではあるようですが、斎藤さんが一方的に知っているようです。まりえさんがテレビ番組に出ているところを見ていたと告白すると、出ていたその番組での発言はまりえさん自身自由奔放だったから恥ずかしいと赤面していました。

念願の三本柱シリーズ完結!

ファン待望となった巨人三本柱シリーズの完結にもなる斎藤雅樹さんとの対談。雑談魂以外の野球系YouTubeチャンネルには登場されているとのこと。斎藤さんの様子を知っている上原さんは「他のところよりも砕けてください」と斎藤さんとの距離を縮めて、斎藤さんがやりやすい雰囲気に。

これまでにも桑田真澄さんや槙原寛己さん、さらには村田真一さんが登場しました。それぞれの目線で当時のジャイアンツや三本柱と呼ばれていたことについてを語っています。最後のピースとして斎藤さんとの対談が叶いました。

実はこれまでにも斎藤さんとは撮影する機会があったものの、お互いの都合が合わず断念。そういったこともあり、ファンはもちろん雑談魂一同にとっても念願の撮影となったようです。

斎藤さんは第一印象は怖かった?

上原さんはテレビの中で活躍していた人たちが目の前でピッチングをしていることにまず緊張していたんだとか。上原さんから見た三本柱の印象は、「槙原さんと桑田さんは砕けてもよさそうな雰囲気はあったけど、斎藤さんは笑顔がないから怖かった」と当時を振り返りました。

そんなつもりはないといいつつ、斎藤さんも「スゴイピッチャーが入ってくるという噂に敵対心を持っていたかも」と語ります。村田さんの指示「ベース盤に向かって投げろ」があったとは言え、プロ一年目にして20勝を上げたことを讃える斎藤さん。素直な意見に照れる上原さんが可愛らしいですね!

当時を思い返しても、斎藤さんよりも下のピッチャー層が薄い中で上原さんが来たことは頼もしく感じていたようです。

ドラフト1位指名に本人もびっくり

ジャイアンツにドラフト1位で入団した斎藤さんですが、ご自身でも驚きを隠せなかったといいます。のちに女房役となる村田さんも驚いたんだとか。最初は打たれに打たれて悩んでいたそうです。高校卒業してから入団した斎藤さんは「大学に入ったつもりで、4年間のうちに結果が出なければやめよう」と思っていたといいます。

そうした覚悟もあり、2年目には開幕1軍入りを果たしました。

斎藤さんは実は二刀流だった!?

1軍入りを果たした後に周防コーチが戻ってきて、「ショートにしてみたら」という提案もあってピッチングとバッティングを両方やっていたんだとか!今でいう二刀流をやっていたという斎藤さん。ただ本人はこの体制が嫌で仕方なかったといいます。

体力もなくヘトヘトな状態で嫌々やっていたところ、コーチからも「やりたくないのか?」と激怒されてやめたい気持ちを伝えたとのこと。その時の多摩川練習場に来た藤田さんに、「腕を下げてごらん」という指導から大エースに至ったようです。

SNSの反応は?

動画のコメントでは「斎籐さんは投げ終えた後の笑顔が格好良かったんだよなぁ、仕事をやり遂げて充実した感じが本当に好感持てた」「斎藤さんのお話が楽しすぎる!時間があっという間に過ぎてしまった。」といったコメントが寄せられました。

現役当時を知るファンにはたまらない対談となったようです。プレイ当時から人柄の良さを感じる風格は今も色褪せることはないようで、多くの方から好評の対談となりました!

現役時代を知るプロ野球ファンにはたまらない対談となりました。

第1回目にして、全5回の斎藤さんとの対談に期待される方が多くいるようです。

初回にして濃密な対談

斎藤雅樹さんとの対談は全5回になるようですが、第1回目にして濃密な内容となりました!斎藤さんの物腰柔らかな印象が当時からあったようですが、上原さんから見た斎藤さんはストイックで怖かったイメージがあるんだとか。今でも緊張感が拭えないようでした。

若手時代の斎藤さんは意外にも二刀流だったり、サイドスローに転向する話など初回にして話題に事欠かないところばかり! 次回以降の対談模様にも期待してしまいますね!

サムネイルは以下より:

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!