川上憲伸のYouTubeチャンネルで谷繁元信とのコラボ企画が始動! ゲストには岩瀬仁紀が登場!

元プロ野球選手(中日ドラゴンズ、アトランタ・ブレーブス)で現在、野球解説者である川上憲伸さんが5月2日に自身のYouTube公式チャンネル「川上憲伸カットボールチャンネル」を更新しました。「伝説降臨 ピッチャー岩瀬仁紀誕生の瞬間 知られざるまんちゃん真の姿 谷繁&憲伸神回連続コラボ始動」とのタイトルで公開され多くの反響を集めています。動画の内容は盟友・岩瀬仁紀さんが登場する回となっており、YouTubeの急上昇入りも果たしていますよ。

そこで今回は注目を集めている川上憲伸さんの動画の紹介とその動画を見た視聴者の反応について紹介します。ぜひ最後までご覧下さいね!

川上憲伸のプロフィールを簡単に紹介

川上さんは1997年ドラフト1位で中日入り。1年目で新人王、2002年にノーヒットノーラン達成しています。2004年には最多勝(17勝)でリーグ優勝に貢献し、沢村賞とMVPを受賞。2006年にも最多勝(17勝)でリーグ優勝に貢献。

2009年にはMLBアトランタ・ブレーブスに入団し、先発ローテーションを担います。2012年に中日に復帰し、2015年末に退団するまで日米通算125勝を挙げていますよ。

盟友・岩瀬仁紀が登場!

川上さんの「まんちゃんです」との呼び声から始まった川上憲伸カットボールチャンネルと谷繁ベースボールチャンネルのコラボ企画。川上さんと谷繁さんのドラゴンズの中で一番助けていただいたという岩瀬さんがゲストで登場します。

川上さんと岩瀬さんは一番一緒にいる時間が長かったとのことで、野球の話はほとんどせず、遠征先の買い物や飲み屋に一緒に行っていたようです。2004年のキャンプ時は同部屋で1ヶ月一緒でしたが、全然苦にならなかったと語っています。

ピッチャー岩瀬仁紀誕生の瞬間!

20年に渡る現役生活で、通算1002試合登板&407セーブ(NPB歴代1位)最優秀中継ぎ投手3回(1999年、2000年、2003年)最多セーブ5回(2005年、2006年、2009年、2010年、2012年)と現役時代に輝かしい実績を上げられた岩瀬さん。

実は、愛知県立西尾東高校ではピッチャーであったものの、愛知大学は3年の秋までは野手であったとのこと。NTT東海時に、野手をやめますといって、そこからピッチャーとして1999年に中日に入団したとのことです。

2004年のキャンプ前日のミーティングで抑えに転向したとのことで、そこでやり遂げなあかんと思ったと語っています。

岩瀬投手の難敵だった選手

続きの動画は「大暴露 史上最多セーブ 岩瀬仁紀がもっとも恐れた伝説のバッターとは『その人はカモでした』谷繁岩瀬憲伸の神対談」というタイトルで公開され、こちらも多くの反響を集めYouTubeの急上昇入りも果たしていますよ。

動画の中では、岩瀬さんの難敵だった選手について語られており、仁志選手(巨人・横浜)、ペタジーニ(ヤクルト・巨人・ソフトバンク)、福井選手(巨人・広島)、吉村選手(横浜・ソフトバンク)、相川選手(横浜・ヤクルト・巨人)、矢野選手(中日・阪神)、石原選手(広島)が苦手だったと言います。

谷繁ベースボールチャンネルでもコラボ動画が!

「岩瀬仁紀 中日ドラゴンズのレジェンドが揃い踏み 当時の裏話やエピソードを3人で語り尽くす 」や「岩瀬仁紀がこのままじゃやばいと感じた谷繁の配球とは?今だからこそ話せる現役時代の努力と苦労」とのタイトルで、岩瀬さんと川上さんとの対談動画が谷繁ベースボールチャンネルでも公開されています。

気になる視聴者の反応は?

この動画を受け視聴者の反応はどうだったのでしょうか。コメント欄から抜粋して紹介していきますね。

「野手の最多出場と投手の最多登板が一つの画角に収まってるの凄いな」
「今までプロ野球OBチャンネルとかには出てたけど、こういうカジュアルな感じで出てくれるのは初めてだから嬉しい」
「この弱々しいおじさんがマウンドでは死神だの守護神だの言われて最強のドラゴンズを作り上げた立役者って事実が凄い」
「少年時代の憧れの竜戦士がスマホで当時の話聞けるなんていつも思うけどこんな贅沢なことあっていいんか」

など多くの反響が寄せられており、岩瀬さんに対する川上さんのいじりが上手、谷繁さんがいつもより更に楽しそうといったコメントが多い印象です。

今後も期待!

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。川上さんは学生時代の岩瀬選手はバッターのイメージしかなかったと語っており、岩瀬さんがプロにきた時は投手だったので驚いたと言っています。そこから大記録を立てることになるとはすごいですね。また川上さんと岩瀬さんが仲の良さが伝わってきました。

ぜひ川上憲伸さんのYouTubeチャンネルの登録、その他SNSのフォローをよろしくおねがいします。川上憲伸さんのこれからの活動もますます目が離せません。みなさんで一緒に、応援していきましょう!

サムネイルは以下より:

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!