【モンスト】コナンコラボの影でしれっと“ぶっ壊れクラスのキャラ”が5体も登場してた件

3:モンストクローバー(獣神化・改)

モンストクローバー獣神化改ステータス


▼副友情コンボはこちら

モンストクローバー獣神化改副友情コンボ


3体目は「モンストクローバー」

注目ポイント

【良い点1:強力なキラーと優秀な耐性を所持】
獣神化では「魔王キラーL」と「魔王耐性」を持っていたモンストクローバー。
獣神化改の実装で、それぞれ「神王封じL」と「魔王耐性M」にグレードアップしたうえ、「神耐性M」も追加されました。

「覇者の塔」の22階や27階といったボスの種族が『魔王』および『神』のクエストで、アタッカー兼ディフェンダーとして優秀な力を発揮します。

【良い点2:地雷の対応力が付き、活躍の幅が広がった】
もともと持っていた「重力バリア」と「減速壁」のギミック対応力に加えて、「マインスイーパーM」がベースアビリティに付きました。
これにより、禁忌の獄【27】などの高難易度系も適正に。
今まで手持ちが少なくて苦戦していたユーザーにとって、有用なキャラになったと言えます。

【良い点3:超SSターンアクセルでSSの回転率が高め】
残りHPが80%を切ると、自身のストライクショットを2ターン短縮できる「超SSターンアクセル」が発動。

1回のクエストで「自強化&弱点効果アップSS」を何度も使えることから、総ダメージ量の増加が見込めます。
継続ターン数も長いため後続の火力アップにも貢献可能です。

【気を付けたい点】
キラー対象ではない相手にはわりと平凡な火力しか出せません。
『魔王』や『神』が出ないクエストへ連れていくときは「超強防御ダウンブラスト」や「弱点効果アップSS」の能力を駆使し、サポーターとして立ち回ることがオススメです。

▼下記の評価記事にて、他にも強力なポイントなどをご紹介しているのでぜひご覧ください。

サムネ


モンストクローバー獣神化・改の評価・適正、SS倍率をモンスト攻略班が徹底解説! ユーザーの評価&反応も!

4:テキーラ(獣神化・改)

モンストテキーラ獣神化改ステータス


▼副友情コンボはこちら

モンストテキーラ獣神化改副友情コンボ


4体目は「テキーラ」

注目ポイント

【良い点1:希少な「渾身」のアビリティ】
テキーラ(獣神化・改)は、自身の攻撃力が3倍にアップするかわり、スピードが0.25倍になるという「渾身」を所持。
これを持つのは包青天エルマ・ルー&コニィ・ルーα以来の3体目で、恒常キャラとしては初です。

殴り火力を出しつつ配置もしやすいことから、テキーラの友情コンボと相性が良いと言えるでしょう。

【良い点2:友情ブーストELと弱点キラーが乗る強力な友情コンボ】
上方向へ強力なレーザーを放つ「ツインワンウェイレーザー EL」が、友情ブーストELの効果で3倍のダメージを出せるうえ、弱点ヒット時にはさらに1.5倍の火力に。

進化や神化の頃、ステージの下に配置することで砲台として大暴れしていた頃のテキーラが復活したという印象を持ちます。

また友情ブーストELと弱点キラーのいずれも「コネクトスキル」なので、もしアビリティロックを受けたとしても無効化されない点は嬉しいところです。

【気を付けたい点】
獣神化ではゲージに「アンチ重力バリア」が付いており、引っかけることで配置に使えましたが、コネクトスキルへ移ったことで利用できなくなりました。

渾身で速度調整ができるとはいえ、配置の難易度はアップしています。
初心者向けというよりは、イザナミのクエストでテキナポ最強時代からテキーラを使いこなしているような、玄人向けのキャラと言えるかもしれません。

▼下記の評価記事にて、他にも強力なポイントなどをご紹介しているのでぜひご覧ください。

サムネ


テキーラ獣神化・改の評価・適正、SS倍率をモンスト攻略班が徹底解説! ユーザーの評価&反応も!

5:紫陽花(獣神化)

モンスト紫陽花獣神化ステータス


▼副友情コンボはこちら

モンスト紫陽花獣神化副友情コンボ


5体目は「紫陽花」

注目ポイント

【良い点1:希少な「状態異常レジスト」のアビリティを所持】
今まで限定キャラしか持っていなかった「状態異常レジスト」を、恒常キャラとして初めて所持した紫陽花。

使いどころとしては、今までも適正だった「禁忌の獄【4】」に登場する「アビリティロック」を回避する際に役立ちます。
これまではロックされるとキラーが無効化されてしまいましたが、火力を維持しやすくなったことから今まで以上にアタッカーとして活躍できるようになりました。

【良い点2:「亜人キラーM」が追加】
進化が持っていた「幻竜封じEL」を受け継ぎつつ、獣神化で「亜人キラーM」も所持。

前述の「禁忌の獄【4】」で雑魚だけではなくボスもキラー対象になり、適正度が大きくアップしたと言えます。

【気を付けたい点】
ストライクショットで複数のギミックを無効化できるとはいえ、近年は「減速壁」や「転送壁」などオールアンチSSでカバーしきれないギミックが増えており、最近のクエストで活躍しにくいのは惜しいところ。

今の時点では「禁忌の獄【4】専用機」という印象が強いので、これから紫陽花の能力を活かせる適正クエストが増えてくれることに期待したいですね。

▼下記の評価記事にて、他にも強力なポイントなどをご紹介しているのでぜひご覧ください。

サムネ


紫陽花の評価・適正、SS倍率をモンスト攻略班が徹底解説! ユーザーの評価&反応も!

まとめ

ということで、以上5体のキャラをご紹介させてもらいました。
コナンコラボキャラもかなり強力でしたが、その期間中に登場した5体のキャラも素晴らしい性能でしたよ!

「持ってるけど、コナンコラボに夢中で気がつかなかった!」なんて人は、ぜひ使ってみてはいかがでしょうか?

この無料10連ガチャを知ってた? 逃すと大後悔必至!【ウェルカムクエストリリース記念★6確定ガチャ】

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!