ゆたぼんが極楽とんぼの番組に出演! 不登校についてや最高月収など赤裸々に告白

ゆたぼんといえば、現在チャンネル登録者数15万人という中学生のYouTuberさんです。不登校というワードもよく使われ、その事についてはネットでもたびたび話が上がっていますよね。

そんなゆたぼんさんが、今回Abemaに出演されたとのことでSNSで話題となっています。出演番組は、あの人気お笑い芸人さん司会の人気企画。いったいどのようなお話をされているのか、ファンの反応なども併せて詳しくご紹介します。

中学生YouTuberゆたぼんとは?

中学生YouTuberのゆたぼんのチャンネルは、「少年革命家」と名付けられたもの。動画ではたびたび「不登校」という事にも触れられていて、昨年の12月には全国47都道府県の不登校児らとの交流を目的とした「ゆたぼんスタディ号プロジェクト」を発表されています。

移動用のトラック購入や、改装費用などのためにクラウドファンディングをスタートし話題となりました。このプロジェクトは、募集終了まで残り5日時点で、目標金額の60%ほどしか到達しておらず、ゆたぼんさんは交流のあるYouTuberらに対して支援を求める生配信も行っていました。

その後1月29日に380万という目標を無事達成。この目標金額達成に貢献したのは、マッサージのcmでもお馴染みの「りらくる」の創業者で、YouTubeも開設されている竹之内教博社長でした。竹之内社長はその際に「ゆたぼんの夢100万円の寄付で叶えてみた」とツイートを残されています。

Abema TVで極楽とんぼと共演

今月9日、ゆたぼんさんは、極楽とんぼのお2人が主催のABEMA「迷えるとんぼちゃん」に出演されました。この番組は「極楽とんぼのタイムリミット」で人気企画だった、「加藤浩次のお悩み相談室」がパワーアップしたもの。主に芸能人とのコラボからなる、お悩み相談バラエティです。

不登校を表に出し活動しているゆたぼんさん。今回番組では、そんなゆたぼんさんに聞きたいことを、街の人にアンケート調査しました。その中には「学校に行かなくて困ったことは?」と言った内容も。これに対してはない即答するゆたぼんさん。

さらに「どんな大人になりたいですか?」や、「月収はいくらですか?」など、なかなか聞くことができない赤裸々な内容も話されています。

月収とその使い道は?

ゆたぼんさんは番組の中で「月収は多いと100万円」と告白。出演者の方々も驚きが隠せない様子ですね。しかし現在は少し減ってしまっているとも話されていて「ここはノーコメントで」と誤魔化すシーンも見られました。

お金の使い道を聞かれたゆたぼんさんは、100万円を稼いでいた頃は、無駄遣いばかりしていたと語られています。YouTubeでの収益が全部がゆたぼんさんの自由なお金というわけではないとのこと。しかし、「10万円をポンッと使ったり」という中学生らしからぬ豪遊ぶりに、会場はどよめきます。

加藤からのお叱りも

ゆたぼんさんはその収入から9~10歳ぐらいの頃には好物の寿司をいつも食べていたとか。母親が作ってくれたご飯に手をつけず、自分だけ寿司を食べた時期があったと話します。

お父さんによると、半年ほどそんな生活を送っていたそうです。ゆたぼんさんは、怒られながらも「俺のお金やから」と言い返してお寿司を食べていたとはなします。

この話に極楽とんぼの加藤さんは「何調子乗るなこの野郎!バカ野郎!お母さんが料理作ってくれたんだろ。なんで横で寿司食ってんだ」と叱るシーンも。これにゆたぼんさんは、母の気持ちを思うと俺が悪かった、寿司を食べすぎた、と反省したそう。現在では謝罪して、母親のご飯を食べているそうですよ。

ファンの反応は?

今回のゆたぼんさんのAbema出演を受けて、視聴者からはたくさんのコメントが寄せられています。一部ではありますが、ご紹介させていただきますね。

・極楽とんぼの2人が一緒にテレビ出演だけで珍しくい!しかもゆたぼんとのコラボは凄いです。

・はやく日本一周するのが見たい

・この貴重な経験を活かして、ゆたぼん頑張れ!

・テレビ出演おめでとうございます!ゆたぼんさんの顔がドンドンひろがっていくといいですね

・自分だけの力でテレビ出演ができた訳じゃなく家族や周りのスタッフさんや、マネージャーさん達の支えがあって決まったと思うので、どんなときも「感謝」の気持ちを忘れずに頑張ってください!

これからもゆたぼんから目が離せない!

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。今回はゆたぼんさんのAbema出演についてご紹介しましたが、子育て中の身としてはある意味なかなかずっしりくるものがありました。

不登校YouTuberとしてさまざまなことが噂されるゆたぼんさん、これからはどのような活躍を見せてくれるのでしょうか?その活動からまだまだ目が離せませんね。皆さんで一緒に、応援していきましょう!

サムネイルは以下より:

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!