かまいたち、まだまだお金が欲しい⁉︎ 「100億はいきたい」現状に満足しない2人の本音とは?

お天気キャスター人気ランキングでは1位を獲得し、「ZIP!」のお天気キャスターを過去最長である5年間担当した貴島明日香さん。そんな貴島明日香さんとかまいたちのお2人がYouTubeでコラボ!貴島明日香さんのYouTubeで行われている恒例企画、「スナックあすか」に登場したかまいたちは、後編では、YouTubeについてやかまいたちの5年後について語っています。一体どんな内容になってるのでしょうか? ファンの反応とともにご紹介します!ぜひご覧ください。

かまいたちの5年後は?

芸人としての確実な実力があり各方面から引っ張りだこのかまいたち。有名雑誌の裏表紙を飾るなどその活躍の幅はどんどん広がっています。そんなかまいたちは自分達の5年後についてどう考えているのでしょうか?

不安と隣り合わせ

5年後どうなりたいかという問いには「お金持ちになりたい」と答えた2人。既に活躍して稼げているイメージですがそれでもまだ足りないそうで、濱家さんは貯金が100億はいきたいと話し笑いを誘いました。

しかし、2人とも冗談ではなく貯金額を増やしたいという目標はあるそうです。お金があれば派手に生活してしまいそうですが、意外と現実的な一面もあることが分かりました。

その理由としては常に不安と隣り合わせだからだと語りました。今のように売れるまでは良い時と悪い時の差が激しかったらしく、仕事が増えそうだなと思っても結局増えなかったこともあったと話しました。そういった経験から売れた今でも不安は消えないそうです。


貴島明日香の5年後は?

さらにお金持ちになっていたいと答えたかまいたちは貴島さんの5年後について質問することに。5年後は31歳になる貴島さん。結婚はしたいと話しますが、明確な目標などはないそうです。金銭的にも満足していると話し、これ以上は望まないと話した貴島さんにかまいたちの2人も驚きの声をあげます。

お金が欲しいというかまいたちの熱い思いにいまいち共感できない貴島さん。濱家さんは「とにかくお金が欲しいねん、何に使うとかじゃないねんけど」と話しました。


スパチャに感謝したくない

貴島さんにスパチャはしているか質問した山内さん。スパチャとはYouTubeの生配信の機能のひとつで「スーパーチャット」の略です。これは配信を見ている人が配信者にお金を渡すことができる機能で投げ銭とも言います。

このスパチャを貴島さんはしているそうですがスパチャしてくれた人の名前を読み上げて感謝の言葉を言うことを話すと、山内さんはスパチャしてくれた人に「ありがとう」と言うのが嫌だと話しました。そういった理由からかまいたちの生配信ではスパチャ機能をオフにしているそうです。山内さんらしい理由ですね!


YouTubeのこれからをどう考えている?

YouTuberがどんどん増える中で、ここ数年で芸能人の多くもまたYouTubeを始めるようになりました。もはやテレビと同じくらいの影響力と規模を持つYouTubeについてかまいたちの2人はどう思っているのでしょうか?


ピークは過ぎた

今では芸能人がYouTubeをしているのは当たり前で、テレビや劇場でしか見れなかった芸人のお笑いも無料でYouTubeで観ることができるようになったりしています。

一方で濱家さんは「収入厳しいくらいYouTuberは今ほんま大変」と話しました。本業がYouTuberの人にとったら、芸能人などの参入によって視聴者を惹きつけ続ける動画を作り続けるのは厳しくなったはずです。

また、YouTuberの急激な増加により広告収入自体も下がっているとかまいたちの2人は話しました。YouTube一本で活動している人には中々厳しい現状ですね。

また今の流行を作っていると言っても過言ではないTikTokに対し、かまいたちの2人は理解出来ない部分もあると話しながらも流行に乗るためにチェックしていると話しています。流行に遅れず日々のネタ作りの参考にしているのは素晴らしいですね!

ファンの反応は?

「フリートークでかまいたちの2人の貴重な話がたくさん聞けたので笑いながら楽しく拝見しました」「かまいたちさんがより明日香ちゃんの魅力も引き出してくれた感じして嬉しすぎるコラボ、最高でした」「芸能人が濁らし気味な金のネタもサラっと喋ってて逆に好感持てる」などのコメントが寄せられていました。

他にも「かまいたちって面白くて充分売れてるのにTiktokとかの流行りの面白さを追求しようとしてるの好感持てるなぁ」「TikTokとかやってほしい〜って思ってたけど、自分たちがちゃんと面白いって思うものをやり続ける。でも流行の発信だから知ろうとしてるっていうスタンスが本当に素敵すぎて」などのコメントも!

分からなくてもTikTokをチェックするかまいたちはさすがですね。

現実的だからこそお金に執着するかまいたち

お金持ちになりたいという思いがお互い強いかまいたちのお2人。その背景には面白いと言われながらも中々テレビに出れなかった長い期間の苦労や葛藤があるからこそだということが分かりました。また、理解できなくてもTikTokを見て流行を学ぶ姿もさすがですね。そういった努力と経験を積み重ねた安定感のある2人のこれからが楽しみです!

サムネイルは以下より:

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!