【モンハンサンブレイク】ナルガ棍からの開放!! 弱点属性を意識した古きよき狩猟ライフを取り戻せ【深津庵の狩りログ:02】

各属性の操虫棍を作り始めたら狩猟欲がいっきに増してきた

 

『モンスターハンターライズ』において、少なくとも操虫棍に関しては“ナルガ棍”こと闇鎌棍【夜凪】が最高であり1択という風潮があった。

無属性でかつ会心率が高く、狩猟対象に応じて武器を切り換える手間のない点は便利だけどなんだか退屈。

そんな狩猟ライフをもどかしく感じていた深津は、誰がなんと言おうと『サンブレイク』ではかえてやると決めていたら……世界が自分に味方してくれたみたい。

そこで2回目の狩りログでは各属性の操虫棍を作るにあたって、深津なりに抑えておきたい2つのポイントを紹介していく。

これはナルガ棍からの開放宣言、なのだ!!

スロ2以上の百竜装飾品枠がほしい

選択肢の幅が広がったサンブレイク

『ライズ』当時は界隈を見渡してもナルガ棍が一強で、操虫棍は黙ってそれを担いでいろという風潮すらあった。

とても退屈な状況だけど実際のところ他を圧倒するだけの性能だ。

弱点属性に合わせるよりも効率がとてもいい。

そんなジレンマを『サンブレイク』が吹き飛ばしてくれた。

物理はもちろん各種属性ダメージ値の高い武器が増加。

伸びしろの少ないナルガ棍は影を潜めていく。

つ・ま・り

▲深津の望んだ旧来の狩猟スタイルが帰ってきたのだ、よし!
▲世間の評価はともかく、深津にとって現段階のナルガ棍はいまいち。ただし、8月に追加されるナルガクルガ希少種の素材で化ける可能性は十分あるよね。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!