【モンハンサンブレイク】城塞高地のレア環境生物・ガーゴルダはイケメンだけどちょっと怖い【深津庵の狩りログ:03】

山頂に舞い降りる城塞高地のレア環境生物に会ってきた

 

大社跡のハクメンコンモウや寒冷群島のウミウシボウズなど、『モンスターハンターライズ』の世界には5体のレア環境生物が生息している。

こうした生態系は『サンブレイク』にも引き継がれ、第1回目の狩りログでは密林のローゼルフィンを探す旅へ。

そして今回、もう1匹のレア環境生物・ガーゴルダに会うため、城塞高地の探索に挑戦してきたのだけど……。

深津のトラウマが邪魔をする恐怖の生態観察リポートの始まりだ。

エリア4の山頂付近にある建造物へ

サブキャンプを開放しよう

城塞高地のレア環境生物に会いたい、そんな話が出たのは『サンブレイク』が発売された翌日のこと。

全体マップの上部が怪しいと感じ、前日に開放したばかりのサブキャンプに移動。

そこから時計回りでのんびり探していくことにした。

▲サブキャンプの位置は赤丸のところ。エリア5から北東つながる道沿いに進んだ先にある洞窟が入り口だ。
▲突き当りには先人の遺物がある。ちなみに、回収後はここに紅ヒトダマドリが3匹現れるので必要なときはいただきにこよう。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!