【FGO】剣式のNP関連が強化! デメリットはどう変化? 叔父貴のB強化も。強化クエスト公開

『Fate/Grand Order(FGO)』にて、本日2022年8月3日(水)より、「サーヴァント強化クエスト 第15弾~7th Anniversary~特別編」の一環として2騎のサーヴァントに強化クエストが追加されました。

剣式とフェルグスが強化


本日2022年8月3日(水)より、「サーヴァント強化クエスト 第15弾~7th Anniversary~特別編」の一環として、星5セイバー「両儀式」と星3セイバー「フェルグス・マック・ロイ」が強化される特別なクエスト「サーヴァント強化クエスト」が、カルデアゲートに恒常的に追加されました。

クエストクリア報酬として、対象サーヴァントの強化がおこなわれるだけでなく、聖晶石2個も獲得可能です。

【追加日時】
2022年8月3日(水) 18:00~

■星5セイバー「両儀式」


第3スキル「陰陽魚 A」が強化。

自身のNP増加が追加され、HP回復とNP減少自身から味方単体に変化しました。

もともとNP減少のデメリットが大きかった本スキルですが、最初にNPが増える効果により宝具を使いやすくなりました。また、回復対象を自身以外に選べるようになっただけでなく、NP減少のデメリットを押し付ける運用ができるようになったため、大きく使い勝手が変わる性能になっています。

デメリットでNPが減少した後に、自力でNPを供給できるようなサポーターと組み合わせると良いかもしれませんね。

■星3セイバー「フェルグス・マック・ロイ」


第2スキル「反骨の相 B」が、新スキル「勇士の矜持」へと変化。

自身のBusterカード性能アップ(3T)Busterカードのクリティカル威力アップ(3T)が追加、さらに攻撃強化成功率ダウンのデメリットが削除されました。

宝具がBusterであることに加えBusterのコマンドカードが3枚と多いため、この強化で大きな火力アップが期待できます。

また、防御力アップはそのままに攻撃強化成功率ダウンのデメリットが削除されたため、スキルを使う順番を気にしなくても良くなりました。

もともと回避スキルを持っており、複数ターンにわたって高火力で責める戦い方が得意なフェルグスに適した強化と言えるでしょう。

【開放条件】
強化対象のサーヴァントを所持し、最終再臨させている必要があります。
※対象サーヴァントを所持していない場合、クエストは出現しません。
※クエストに開催期限はありません。

Twitterで『FGO』最新情報をチェック!

『FGO』攻略班のTwitterアカウントができました。ぜひフォローしてください!


20180725_fgo

(C)TYPE-MOON / FGO PROJECT

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!