ヒカキンがYouTuberを集めて鬼ごっこ! 逃げきったYouTuberにはヒカキンが自腹で賞金100万円!

ヒカキンがYouTuberを集めて鬼ごっこをした動画が今、話題になっています。集まったYouTuberが豪華すぎるとの声も。逃げ切ったYouTuber全員にヒカキンから賞金として100万円が渡されるとのこと。逃げ切ったYouTuberがいるのでしょうか、気になりますよね。

そこで今回は、ヒカキンがYouTuberを集めて鬼ごっこをした動画の内容とその動画を見たフォロワーの反応について紹介します。

ヒカキンがYouTuberを集めて鬼ごっこ! 

ヒカキンが人気のYouTuberを集めて鬼ごっこをした動画が今、話題になっています。集められたYouTuberが豪華なことに加えて、富士急ハイランドを貸し切って鬼ごっこをするというスケールのでかさ!さすがヒカキン、やることが違いますよね。

鬼はヒカキンだけではなく、ヒカキンのマスクをかぶったオニキンもいます。マスクをかぶったオニキン、少し怖いですよね。突然出会った挑戦者は戸惑うのではないでしょうか。

集められたのは人気YouTuberたち! 

ヒカキンに集められたのは人気YouTuberたち。ヒカキンと同じくチャンネル登録者数1000万人超えのはじめしゃちょー。そして鬼ごっこと言えば欠かせないYouTuber、フィッシャーズ!フィッシャーズからはシルクロードとンダホが参加しています。

そして新世代YouTuberと言われている、フォーエイトやくれいじーまぐねっとも参加。他にもスカイピースや中町綾さんなど人気YouTuber総勢18組が集められました。豪華な面々に驚いたフォロワーも多いのではないでしょうか。

逃げ切った挑戦者の賞金はヒカキンが自腹で用意! 

逃げ切った挑戦者には1人100万円の賞金が用意されています。しかも、逃げ切った人が2人いたとしてもそれぞれに100万円が用意されているとのこと。その賞金は、なんとヒカキンが自腹!ヒカキンも真剣に挑戦者を捕まえないと破産ですね。ヒカキンにとっても真剣勝負なのが分かります。

ヒカキンの姿を面白く写真に撮った人は50万円プレゼント! 

いよいよ鬼ごっこがスタート!挑戦者は散り散りになって逃げます。鬼はヒカキンを入れて最初は4体。鬼側も大変そうですね。そして、ヒカキンから1つ目の指令が!ヒカキンの姿を1番面白く写真で撮れた人は50万円をプレゼントのこと。この指令に挑戦者たちはヒカキンを撮ることに。

ヒカキンが近づいたのに撮影し続ける挑戦者たち。挑戦者たちの攻めの姿勢も見ていて面白いですよね。

ミッションやシークレットゲストも続々と登場! 

鬼ごっこだけではなく、ミッションもあるヒカキンの鬼ごっこ。挑戦者たちはヒカキンからのミッションに挑戦していきます。また鬼側のシークレットゲストもあり、挑戦者たちを困らせることに。どんどん増えていく鬼に緒戦者たちも確実に捕まっていきます。

鬼も増えていく中、ドローンも増えていくことに。ドローンは挑戦者たちを見つけると後を付けて監視します。ドローンを止めるためには網を確保しなければいけません。挑戦者たちは網を確保したものの、自由に動き回るドローンに苦戦している様子。

しかし、増える予定の3体をチームワークを駆使して見事捕まえます。挑戦者たちの仲も、次第に深まってきている様子ですね。

セイキン率いるハイスペックオニキン集団が登場! 

ドローンを取られたヒカキンは更に鬼側のシークレットゲストを増やすことに!セイキン率いる運動ができるオニキンを送り込みます。ハイスペックオニキン登場に、挑戦者たちは困った様子。やる気満々のセイキンは登場早々に、ばんばんざいのるなを確保。さすがお兄ちゃん、頼りになりますね。

ハイスペックオニキンの餌食になったのは、フィッシャーズのンダホ。やはりハイスペックオニキンは走るのが速そうです。このハイスペックオニキンに勝てる挑戦者は果たしているのでしょうか。

気になるフォロワーの反応は? 

ヒカキンが本気の鬼ごっこをした動画を見た、フォロワーの反応はどうだったのでしょうか。

豪華な舞台と挑戦者に感動するフォロワーが多くいました。テレビのような撮影に感動しているフォロワーも多くいたようです。こんな大がかりのことをできるヒカキンは凄いですよね!

プレミアム公開で28万人視聴、プレミアム公開直後に200万回再生にお祝いするフォロワーの声も多くありました。これは凄い数字ですよね。この動画をたくさんの人が楽しみにしていたことが分かります。

YouTuberとの本気鬼ごっこは大成功だったヒカキン!

ヒカキンの自腹で今回臨んだ本気鬼ごっこ。プレミアム公開28万人視聴とプレミアム公開後に200万回再生という凄い数字を出すことができ、大成功だったようですね。フォロワーからは大がかりなセットや豪華メンバーに、まるでテレビのようだと言う声も。こんな豪華な企画をできるのはヒカキンしかいませんよね。

またフォロワーからは次回作を望む声も。ヒカキンは大変かもしれませんが、好評なら次回作も期待したいですね。その日がくることを楽しみに待ちましょう。以上、最後まで閲覧ありがとうございました。

サムネイルは以下より:

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!