【PS5】プレステ5値上げが話題に。本格的なユーザー離れの始まりか。みんなの反応まとめ

日本におけるPlayStation5の価格が、2022年9月15日(木)より、5,500円の値上げとなることが発表。これに対するみんなの反応をまとめてみました。

ディスクドライブ付きは6万以上に


Sonyが送るゲームハード「PlayStation5」が、5,500円の値上げとなることが発表されました。

これにより、Blu-rayディスクドライブを搭載したPS5(Ultra HD Blu-rayディスクドライブ搭載版)は60,478円(税込)、ディスクドライブがなくダウンロードソフトのみをプレイ可能なPS5 デジタル・エディションは49,478円(税込)に価格改定。

なお価格の改定は、日本においては2022年9月15日(水)より実施。以降は希望小売価格が上記の価格に変更されます。

今回の発表について、皆さんの反応をまとめてみました。

【日本での新価格】
PS5(Ultra HD Blu-rayディスクドライブ搭載版):60,478円(税込)
PS5 デジタル・エディション: 49,478円(税込)

【日本での適用日時】
2022年9月15日(水)

本質的に危険なのは国内ユーザーが無関心になっていること

今回の発表により、Twitterでは「PS5値上げ」「プレステ5」「値上げ前」がトレンド入り。

転売屋による買い占めで、ユーザーに行き渡っていない現状に加え、今回の値上げ。これにより、すでに買えない人々の心がPS5から離れている現状が起きており、ハードそのものの今後を憂う声が多く見られています。

ただ、転売によるハードの売り上げではソフトが全く売れなくなってしまうため、メーカーがそれを容認しているとは考えにくいはず。供給が少ないという声もありますが、今回の値上げはメーカーも苦肉の策と言ったところでしょうか。そんな中で、転売が起きてしまう世の中自体に、悲しみを感じる意見もありました。

ちなみに日本と欧州各国、中国では価格改定が行われますが、現状米国では価格は据え置きのまま。こちらについてコメントする方もいるようです。

皆さんの反応をまとめてみました。

関連リンク

公式による告知

(C)2022 Sony Interactive Entertainment Inc. All Rights Reserved.

AD
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
AD

人気キーワードから探す
カテゴリーから探す
ゲームのジャンルから探す