骨伝導を超えるか? オープンイヤー型のノイキャン機能搭載ヘッドセット「Oleap Pilot」が通話やビデオ会議におすすめ!

テクノロジーとガジェット記事のバナー画像
Technology, Gadget


最長約10時間のバッテリー駆動が可能、環境ノイズキャンセル機能を備えたヘッドセットが「Oleap Pilot(オーリープ・パイロット)」。骨伝導ではなく、耳の中に入れるインイヤーでもない〝オープンイヤー型〟を採用している点がユニークです。


この製品(プロジェクト)は11月の6日まで「キックスターター」でクラウドファンディングを行なっており、日本からも支援(購入)が可能となっているのでその詳細をチェックしてみましょう。


» Oleap Pilot|Kickstarter

動画(英語):AirPods VS Oleap Pilot


※この記事は海外のテック情報とクラウドファンディング・プロジェクトを紹介するものです。プロジェクトの成功やリターンの提供を補償するものではありません。製品やサービスの利用に関わる規制、法律、マナーなどは国や地域により異なるため、各自の状況にあわせてご確認ください。

オープンイヤー・ヘッドセット「Oleap Pilot」の特徴

通話やビデオ会議の際に声を拾う口もとのマイク(写真左)x1とノイズキャンセリングに使用するマイク(写真右)x2を搭載し、騒音がある環境で使用しても比較的クリアな音声を相手に届けられます。


例えば料理をしている時、街中、オフィス、うるさいエアコンの近くなど……といった場所で環境ノイズキャンセリング機能が役立ちます。また、完全に耳をふさがないオープンイヤー仕様なので、呼びかけられた際などにうっかり相手を無視してしまう心配がありません。


ハードウェアとアルゴリズムのチューニングにより耳から少し離れた場所にありつつも、クリアな音とパンチの効いた低音を実現。


首のうしそにあるバンドのおかげでほどよいフィット感があり、ジムで軽い運動をしながら使用することも可能。口元のマイクは可動式なので、使わないときはじゃまにならない場所に移動させられます。


高級ワイヤレスイヤホンと同等サイズの16mmダイナミックドライバーを搭載。


iPhone、Androidスマホのみならず、MacやWindowsとも接続できます(Bluetooth 5.0を使用)。


公称バッテリー駆動時間は通話で10時間、リスニングのみで16時間となっています。


オフィスやジムに電車内からキッチンまで、幅広く活躍してくれそう。


ほどよく外音が聞こえてノイズを抑えた通話ができるヘッドセットとなっているようなので、気になった方は下記のプロジェクトページをチェックしてみてください。


» 詳細&購入(支援)はこちらから:Oleap Pilot|Kickstarter

▽ 次は比較動画をチェック ▽


参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!