ソロキャン飯の最適解!? 缶に入った“もつ鍋”食べてみた♪ 温めるだけですぐ食べられる! #Makuake

鍋料理が恋しくなる季節。自宅で美味しいもつ鍋が食べた~い! とはいえ、もつの下処理はかなり面倒。ひとり鍋となるとなおさらハードルが高い! 食べたくてもなかなか食べられないメニューですよね。

そんな方にぜひともおすすめしたい、とても便利な商品を見つけました。手軽に食べられなかったもつ鍋が、これからはたくさん食卓にのぼりそう♪

冬はこれを常備しておけ! 缶に入った1人用の牛もつ鍋


応援購入サービス「Makuake(マクアケ)」で販売されている「MOTSUNABE CAN」。本格鍋のお取り寄せ専門店「TAKUNABE」で人気のスープをベースに、国産牛すじと国産牛もつ(直腸・盲腸)、鹿児島県産ごぼうを使用した、1人前の牛もつ鍋缶です。ひとり鍋に丁度いい量だから食材が無駄にならず、ゴミも洗い物も少ない。常温で持ち歩けるので、アウトドア飯にもぴったり♪こういう商品を待ってた! 

電子レンジ調理も可能

味のラインナップは、しょうゆ味、カレー味、チリトマト味の3種類。今回筆者はカレー味とチリトマト味を試してみました。



作り方はとっても簡単。もつ鍋缶を耐熱皿にあけ、切った野菜を入れて温めるだけ! 筆者はキャベツとニラを用意しました。


ラップをして、電子レンジ600Wで1~2分、野菜がしんなりするまで加熱すればできあがり♪もちろん鍋でも作れますよ。



※美味しくてもスープは飲み干さないでください

早速カレー味からいただきます。しょうゆや味噌味ではない変わり種もつ鍋って初めて食べましたが、かなりアリ! イメージしていた濃いカレー味ではなく、和風だしがきいた上品な味わいで、もつの美味しさを引き立てています。牛すじはほろほろと崩れるような柔らかさ。もつはぷりっぷりで、脂に甘みがあって口の中でとろける! どちらも臭みが全くないのがすごい。


チリトマト味はスパイシーな後味がクセになる一品! こちらも濃すぎず、素材の味を活かしたあっさり味のスープです。


〆まで楽しめるのがMOTSUNABE CANのいいところ♪カレー味にはご飯を入れてカレーリゾット風に。味わい深いスープを吸ったご飯は絶品!


チリトマト味にはパスタを入れて粉チーズをトッピング。一気にイタリアンテイストに♪


スープが美味しすぎて、〆に残しておきたいのにどんどん飲んでしまうという罠(笑)グッとこらえて、ぜひ最後の〆まで楽しんでください。プロジェクト終了日は2022年11月8日です!

製品名:MOTSUNABE CAN
プロジェクトページ:アウトドア、キャンプ飯に◎本格鍋専門店がつくる、1人用「もつ鍋」の新感覚缶詰!

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!

人気キーワードから探す
カテゴリーから探す
ゲームのジャンルから探す